ソーシャルメディアポリシー

宇都宮大学ソーシャルメディアポリシーの策定にあたって

宇都宮大学(以下「本学」という。)は、本学の役員、教職員及び学生(以下「構成員」という。)が、個人の責任において、ソーシャルメディアによる情報発信、コミュニケーション活動を行うことを最大限尊重すべきであると考える。また、本学構成員が積極的にステークホルダーに対する情報発信、コミュニケーションをはかることは本学の知名度向上、ブランド力向上に多大な貢献をもたらすものである。加えて、本学の公的な情報発信においても、ソーシャルメディアにおける情報の拡散性や即時性を活かした情報発信には多大なメリットがある。
一方、ソーシャルメディアにより発信した情報は、不特定多数の利用者がアクセス・閲覧できること、一度発信した情報は完全に削除できないこと、一人ひとりの情報発信がソーシャルメディアによる拡散により少なからぬ影響を持つ可能性があることなどから、ソーシャルメディアの特性や利用者が負うべき責任を正しく理解し、本学構成員として責任ある行動をとることが求められる。
これらを背景に、全学として積極的かつ適切なソーシャルメディアの利用を図るため、宇都宮大学ソーシャルメディアポリシーを定めるものである。

平成28年7月13日情報戦略企画会議

宇都宮大学ソーシャルメディアポリシー

宇都宮大学(以下「本学」という。)では、ソーシャルメディアによる適切かつ責任のある情報発信を進めるため、本学役員、教職員及び学生(以下「構成員」という。)が遵守すべきルールとして「宇都宮大学ソーシャルメディアポリシー」 を定めました。

第1ソーシャルメディアの定義
本ポリシーにおいてソーシャルメディアとは、インターネット上で利用者自身が情報を発信し、コンテンツを形成していくメディアと定義します。
第2本ポリシーの適用範囲
本ポリシーは、構成員が公私を問わずソーシャルメディア上で情報を発信する場合に適用します。
第3基本原則

構成員がソーシャルメディアを利用して情報発信をする場合(職務等としての利用のみならず、私的アカウントによる個人の立場での利用、及び学生団体等のアカウントによる情報発信を含む。)は、次に掲げる基本原則を遵守します。

  • 本学構成員としての自覚と責任を持つこと。
  • 法令及び本学の諸規程を遵守すること。
  • 次の情報を発信しないこと。
    • 法令等に違反している、又は違反するおそれがある情報
    • 公序良俗に反する情報
    • 本学の機密情報や職務上知り得た情報
    • 他者を誹謗中傷する情報
    • 人種・思想・信条等の差別、又は差別を助長させる情報
    • 虚偽や事実と異なる情報
    • 他者の知的所有権を侵害するおそれがある情報
第4ポリシーの変更・見直しについて
本学では必要に応じて、本ポリシーを予告なく改訂することがあります。改訂する場合は、本学ホームページでお知らせします。
補足:利用者の皆様へのご案内
ソーシャルメディアで発信する情報は、公式アカウントからの発信であっても、ソーシャルメディアの特性上必ずしも本学の公式見解・発表を表すものではありませんのでご了承ください。公式発表・見解については本学公式Webサイト
https://www.utsunomiya-u.ac.jp/)におけるトピックス、お知らせをご覧ください。

平成28年8月29日宇都宮大学

ソーシャルメディアポリシーに関する窓口のご案内

お問い合わせ先

〒321−8505 宇都宮市峰町350 国立大学法人 宇都宮大学

広報・地域連携室 TEL028-649-5201 月曜日~金曜日(ただし,祝日・年末年始を除く。)