宇都宮大学の目的・理念と
方針・教育目標について

宇都宮大学の目的

宇都宮大学は、学術の中心として広く知識を授けるとともに深く学芸を教授研究して、知的、道徳的及び応用的能力を展開させ、真理と正義を愛する人格を育成して、人類の福祉と文化の向上に貢献することを目的としています。

宇都宮大学の理念と方針

宇都宮大学は、人類の福祉の向上と世界の平和に貢献することを理念とし、広く社会に開かれた大学として、質の高い特色ある教育と研究を実践するため、次の基本的な方針を定めています。

  • 幅広く深い教養と実践的な専門性を身につけ、未来を切り拓く人材を育成します。
  • 持続可能な社会の形成を促す研究を中心に、高水準で特色のある研究を推進します。
  • 地域社会のみならず広く国際社会に学び貢献する活動を積極的に展開します。

この理念と方針を基に、次の「教育目標」を掲げています。

宇都宮大学の教育目標

  • 基盤教育を出発点として、現代社会に必要な汎用的能力(宇大スタンダード)を育成します。
  • 専門教育を通じて、実践的で専門的な知識と技能を涵養します。
  • それらのふたつを有機的に結びつけた4年一貫教育により、幅広い教養と行動的知性を備え、未来の社会を拓き支える人材を育成します。

宇大スタンダード
【論理的思考力】 筋道を立てて論理的に物事を考える力
【情報活用力】 情報及び情報手段を主体的に選択し、活用する力
【表 現 力】 感情や思考などを伝達可能な形式に表し、効果的・印象的なものとして伝える力
【学 修 力】 一人称で物事を捉え自ら行動し、進んで新しい知識・能力を身に付けようとする力。変化に対応し、自らを変えようとする力
【協 働 力】 チームの中で協力しながら自分の役割や責任を果たす力。多様な人々との繋がりや協働を生み出す力
【課題解決力】 多面的な視点から現状を分析し、目的や課題を明らかにする力。課題解決に向けた計画を立案し、自律的に取組む力



学部・学科等、各研究科等の目的

教育プログラムシラバス(学生の皆さんへの約束)のプログラムの概要ページを参照