世界をつなぐ力を求めて

学部の教育・研究方針

国際学部では、学びの視点として「国際」「学際」「比較」の3つを重視しています。「学際」とは、一つのテーマに対して、複数の学問分野を関連づけながら学ぶ研究のあり方です。また、多文化共生のための体系的なカリキュラムを、専門性を重視して編成しています。1~2年次にコア科目、基礎科目、グローバル実践力基礎演習を学び、2年次から専門外国語とグローバル専門科目(アジア太平洋文化社会、欧米文化社会、日本文化社会、比較文化社会、言語・コミュニケーション、国際協力、国際共生の計7科目群)が始まります。3年次に専門演習・実験実習科目と卒業研究準備演習が開講され、4年次に卒業研究を行います。卒業に必要な125単位のうち10単位を卒業研究関連の単位と定めていて、自らが定めた研究テーマに対して、より深い専門的な学びができる仕組みとなっています。

教育や活動の特色

国際学部で学んだことを発展させていくための取り組み

1.国際キャリア教育プログラム
国際キャリア教育プログラムは国際分野の第一線で活躍する方々を講師に招き、国際的な仕事の意義を学ぶことを目的とするプログラムです。仕事の模擬体験や演習を通じて国際社会の問題を学び、国際分野におけるキャリアにいかにつなげていくかについて考えます。
2.外国語臨地演習
外国語臨地演習は海外で行われる短期留学プログラムです。特に英語と中国語では、サザンクロス大学(オーストラリア)/国立台湾師範大学(台湾)における語学研修やホームステイのほか、文化や社会に触れ、体験できる企画が用意されています。
3.HANDSプロジェクト
「地域プロジェクト演習」(3年次・必修)は、地方自治体、民間企業などと連携し、学部を横断した学生チームが栃木県内の地域デザインを実践。コミュニケーション力、調査・分析力、プレゼンテーション力、そしてチームで動く協働力を養成します。

学科紹介

国際学部には下記の学科があります。

  • コミュニティデザイン学科

    国際学科