教育理念・目標

イメージ

教育学部は、教員養成を目的とする「学校教育教員養成課程」と、教員免許取得を卒業要件とせず、自己設計による柔軟な履修を通して自己開発を目指す「総合人間形成課程」の2つの課程で構成されています。
これにより、学校教員をはじめ、社会のあらゆる場面で活躍できる人材の育成に力を注いでいます。教育という観点からの学びを通して、より広い社会的ニーズに対応できるようにしています。


アドミッション・ポリシーはこちらをご覧下さい。→アドミッション・ポリシー

学校教育教員養成課程

イメージ

教育学部は、学校教育教員養成課程1課程で構成されており、学校教育現場において教員として活躍する人の養成を目的とする学部です。主として小学校、中学校及び特別支援学校をターゲットとして、確かな授業力と協働力・人間力のある教員を養成します。

[学校教育・特別支援教育系]
小学校教員としての資質・能力を獲得するとともに、教科の枠を超えて学校における教育活動の基盤となる教育学・教育心理学および、障害のある児童生徒の発達と教育について専門的に学修し研究します。

[教科文系]
小学校教員としての資質・能力を獲得するとともに、特に,中学校の国語、社会、英語の各教科の指導力を修得するため、教科指導の基盤となる学問・技能をさらに深く学修し研究します。

[教科理系]
小学校教員としての資質・能力を獲得するとともに、特に,中学校の数学、理科、技術の各教科の指導力を修得するため、教科指導の基盤となる学問・技能をさらに深く学修し研究します。

[教科実技系]
小学校教員としての資質・能力を獲得するとともに、特に、中学校の音楽、美術、保健体育、家庭の各教科の指導力を修得するため、教科指導の基盤となる学問・技能をさらに深く学修し研究します。

総合人間形成課程(募集停止)

イメージ

教育学部の幅広い授業科目を活かして、カリキュラムを自己設計し、 柔軟な履修を通して自己開発を目指します。柔軟な履修を支える課程の必修コア科目「自己開発科目」を設定し、カリキュラム設計、基礎力養成、実践力養成の面から、学生の学びの質保証を行っています。