教育理念・目標

イメージ

90年の歴史を持つ宇都宮大学農学部は「実学と先端」の学風を持つ、歴史と実績のある学部です。持続的生物生産、環境修復と保全、生命科学および自然と人間・社会の共生をめざす社会システムのあり方などを研究しています。


アドミッション・ポリシーはこちらをご覧下さい。→アドミッション・ポリシー

生物資源科学科

seibutsusigen.jpg

 食料等の人の生活資材を生産する生物資源の機能解明と開発を通じて、生物資源の持続的生産と、地域から地球に至る環境の保全を図るための基本的・応用的な教育研究をおこないます。生物資源の合理的な生産と利用に関する理論と実践力を身につけグローバルな視点をもち、農業や関連産業に貢献できるスペシャリストでありながらジェネラルな素養を持つ人材を養成します。

応用生命化学科

イメージ

  "物質の流れ"という観点から生命・食品・環境の3分野を総合的に深く学ぶことを通して、諸問題の解決に積極的に取り組むことのできる人材を育成します。

農業環境工学科

イメージ

農業環境工学科では,農村環境の創造・管理・評価,持続可能な食料生産の確保,再生可能エネルギーやバイオマス資源の利用などに関する学識を身につけ,社会の幅広い分野で活躍できる人材の育成を目指します。
農業環境工学は,農村環境の計画や環境基盤の設計,食料生産システムの運用に関するソフト・ハードの学問分野からなり,学生の環境問題への関心とともに数物系を基礎とした専門分野を意欲的に学習する姿勢を重視します。また,当学科の専門教育プログラムはJABEEの認定を受けており,学生には「技術士補」の資格取得を勧めています。

農業経済学科

イメージ

農業経済学科では,国内外の食料・農業・農村について社会科学の視点から教育・研究を行っています。社会科学の理論,分析手法の習得とともに,演習や実習を通して「自ら学び,自ら思考する」能力の向上を図り,実社会に貢献できる人材を養成します。
農業経済学は,生産から消費までのすべての過程を研究対象とするため,幅広い知識を身に付ける意欲が必要です。また,社会科学の理論,分析手法を理解するためには,国語,外国語などのリテラシーはもとより,理数系の能力も重要です。

森林科学科

イメージ

森林科学科では,人間社会の持続的発展のための森林資源の利活用を探求することを通して森林に関わる実践的専門家を育成しています。
森林科学科の特色は,森林の育成,管理から生産物の加工利用までの一連の流れを基軸とし,森林の持つ木材生産機能と環境保全機能を総合的に学習する点にあります。本学科の授業科目は,自然科学系から社会科学系までの幅広い分野から構成されていますが,特に演習林を主体とした実践的野外実習が重視されており,森林に関わる専門分野の基礎から応用にいたる科目と,実習科目が有機的に組み合わされたカリキュラムとなっています。