コミュニティデザイン学プログラム学位名称
(修士)
学術

コミュニティの今に寄り添い、「実践知」を探求します。

コミュニティデザイン学の高度な専門知識・技術をコアとし、農業経済学・教育学との学際領域を学修することによって変化し続ける地域の多様なテーマに柔軟に対応し、学術性を重視しつつ、豊かなコミュニティをデザインする様々な分野のリーダーとして、地域の現場の実践知を分析し、その知見を地域の現場に還元して展開する能力を修得することを目的としています。

コミュニティデザイン学プログラム画像

教育における
3つのポリシー

  1. ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

    • 地域の社会システム、資源、課題等を高度かつ学際的に理解する能力を修得
    • 急速な社会の変容や多様化、複雑化する地域課題に学際的な視点から向き合い、地域社会をより豊かにし、持続可能にするために求められるコミュニティデザインを実現する能力を修得
    • コミュニティにおける様々なテーマに対して、適切な分析アプローチを、深い理解とともに、適用する能力を修得
    • コミュニティの多様な主体による現場の実践知を学術的に分析し、現場に還す能力を修得
  2. カリキュラム・ポリシー(学修・教育目標を達成するための教育体系)

    • コミュニティをデザインするために必要不可欠な、学術理論を学際的な視点から高度に理解するための科目を配置
    • コミュニティにおける多様な実践を学際的な視点から問い直し、その知見を現場に還して展開するための科目を配置
    • コミュニティを対象とした応用研究分野における学説や、学術研究の方法論に関する科目を配置
    • 専門科目を通じて修得された能力を高度な次元で統合し、多様化するコミュニティにおけるテーマに向き合い、現実的な問題解決の方法と理論について実践知の考察を通して修得する特別演習・コースワークを配置
  3. アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

    • コミュニティデザイン学を学修するために必要な政策科学、まちづくり、生活文化などの基礎学力を有する人
    • コミュニティの現場に目を向け、現場の実践から学び、新しい課題の解決に挑戦する意欲を持つ人
    • コミュニティデザイン学を通じて地域社会に貢献することに強い関心と意欲を持つ人

課題解決に必要な「社会デザイン」を養成する
本プログラムの教育研究について

主に、栃木県をフィールドとして社会デザインの教育研究(ソフトウェア)を行います。

育成する人材像

コミュニティデザイン学の高度な知識・技術を修得して、コミュニティをデザインする能力を有し、持続可能な豊かな地域社会の創生に貢献できる人材

養成する能力

想定している出口

公務員(行政職)、地域貢献型企業、地域密着型企業、社会福祉関連法人、JA、食品開発加工業、シンクタンク、コンサルタント、NPO法人、大学院博士後期課程進学など

プログラム専門科目

基盤科目
授業科目の名称 配当年次 単位数
政策形成と協働 1後
コミュニティ政策論 1前
住環境・まちづくり論 1前
自然共生デザイン論 1前
福祉経営論 1前
社会システムデザイン科目
授業科目の名称 配当年次 単位数
政策分析とガバナンス 1後
まちをつくる経済評価の技法 1後
経済政策論 1後
福祉会話分析 2前
地域スポーツ行政論 2後
地域社会教育論 1後
地域住民の意識・行動の調査法 1後
都市と地域の社会学 1前
地域資源マネジメント科目
授業科目の名称 配当年次 単位数
生活文化デザイン論 1前
地域活動の心理学 2前
デザインと地域 2前
合奏による参加型デザイン 1後
地域食生活論 2前
農業・農村の組織マネジメント 1後
観光地理学研究 1後
特別演習、特別研究、実践プロジェクト
授業科目の名称 配当年次 単位数
コミュニティデザイン学特別演習 1~2通
コミュニティデザイン学特別研究 1~2通
コミュニティデザイン学実践プロジェクト 1~2通

教員紹介

教授大森 玲子
教員画像
教育研究分野
食生活学
研究内容
地域住民の食と健康に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 15.陸の豊かさも守ろう
教授梶原 良成
教員画像
教育研究分野
デザイン(建築、空間メディア)
研究内容
地域資源を基にしたデザインによる課題解決
持続可能な開発目標(SDGs)
4.質の高い教育をみんなに 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 10.人や国の不平等をなくそう 11.住み続けられるまちづくりを
教授黒後 洋
教員画像
教育研究分野
スポーツ行政
研究内容
地域スポーツ政策及びスポーツ指導者に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに
教授陣内 雄次
教員画像
教育研究分野
住環境・まちづくり論
研究内容
生活環境を維持向上する住まいとまちづくりのあり方に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
4.質の高い教育をみんなに 11.住み続けられるまちづくりを
教授髙橋 俊守
教員画像
教育研究分野
地域生態学
研究内容
自然と人間とのかかわりと共生デザインに関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
11.住み続けられるまちづくりを 13.気候変動に具体的な対策を 14.海の豊かさを守ろう 15.陸の豊かさも守ろう
教授塚本 純
教員画像
教育研究分野
経済政策論
研究内容
経済政策の実物経済に与える影響の研究
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 8.働きがいも経済成長も
教授中島 宗晧
教員画像
教育研究分野
文化マネジメント
研究内容
文化価値の戦略的活用とまちづくりの高度化
持続可能な開発目標(SDGs)
4.質の高い教育をみんなに 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
教授中村 祐司
教員画像
教育研究分野
地方自治・行政学
研究内容
政策形成における多様な協働のあり方を実証的に研究
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 5.ジェンダー平等を実現しよう 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 10.人や国の不平等をなくそう 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任
教授原田 淳
教員画像
教育研究分野
農村マネジメント
研究内容
農業経営及び農村における組織問題
持続可能な開発目標(SDGs)
9.産業と技術革新の基盤をつくろう 12.つくる責任つかう責任
准教授石井 大一朗
教員画像
教育研究分野
コミュニティ政策
研究内容
コミュニティのアセスメントとサービス資源開発
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任 17.パートナーシップで目標を達成しよう
准教授石川 由美子
教員画像
教育研究分野
臨床発達心理学
研究内容
地域での生涯学習活動を通して共に生きあう人と人との関係の育ちとその支援に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 11.住み続けられるまちづくりを
准教授阪田 和哉
教員画像
教育研究分野
プロジェクト評価
研究内容
公共プロジェクトの経済評価、政策・事業評価
持続可能な開発目標(SDGs)
11.住み続けられるまちづくりを
准教授白石 智子
教員画像
教育研究分野
心理学
研究内容
地域住民のメンタルヘルスに関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう
准教授髙島 章悟
教員画像
教育研究分野
器楽(管・弦・打)・指揮・合奏
研究内容
合奏を主体とした、参加型地域連携
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう 10.人や国の不平等をなくそう 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任 16.平和と公正をすべての人に 17.パートナーシップで目標を達成しよう
准教授中川 敦
教員画像
教育研究分野
福祉会話分析
研究内容
高齢者福祉の現場における社会的相互行為に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を
准教授三田 妃路佳
教員画像
教育研究分野
政治過程・政策過程
研究内容
政治過程・政策過程と民主主義に関する研究
准教授若園 雄志郎
教員画像
教育研究分野
社会教育学
研究内容
地域における教育力の形成に関する実践的研究
持続可能な開発目標(SDGs)
4.質の高い教育をみんなに 10.人や国の不平等をなくそう
講師鈴木 富之
教員画像
教育研究分野
観光地理学
研究内容
観光地域の形成と変容に関する人文地理学的研究
持続可能な開発目標(SDGs)
8.働きがいも経済成長も 11.住み続けられるまちづくりを