分子農学プログラム学位名称
(修士)
分子農学

先端生命科学の「知」を活用し「農」の未来に貢献します。

生物種を超えて共通する遺伝情報の解析技術と、その発現機構を農林水産分野で活用することにより新しい価値を創造できる人材を育成するため、分子レベルの知識を農林水産分野に活かすための高度な専門的知識・技術を融合的に修得することを目的としています。

分子農学プログラム画像

教育における
3つのポリシー

  1. ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

    • グローバルな視野を持ち、21世紀の生命・食糧・環境問題を解決し、産業の発展に貢献するために必要な高度な分子農学に関する知識・技術を修得
    • 遺伝情報及び、その発現機構を解析するために必要な最先端の解析技術を修得
    • 遺伝情報の解析技術と、その発現制御機構を理解し有用な分子を農林水産分野で活用することにより新しい価値を創造できる能力を修得
    • 分子農学に関する多様な場面で実践できる高度なコミュニケーション能力を修得
  2. カリキュラム・ポリシー(学修・教育目標を達成するための教育体系)

    • 分子農学と光工学の分野横断的な創造的実践力を養成するために、境界・学際領域科目を配置
    • 分子農学に関する高度な専門知識を身に付けるための科目を配置
    • 分子農学に関する先端解析技術を修得するためにアクティブ・ラーニング型科目を配置
    • 留学生の受入の促進及びグローバル化に対応するためにプログラム科目を英語で対応
  3. アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

    • 分子農学を学修するために必要な分子生物学、遺伝学、生理学などの基礎学力を有する人
    • 生命現象を分子レベルで理解するとともに、農学や生命科学の諸課題と分子解析技術について強い関心を持ち、農林水産分野で活用することに挑戦する意欲を持つ人
    • 分子農学を通じて地域社会に貢献することに強い関心と意欲を持つ人

課題解決に必要な「イノベーション」を養成する
本プログラムの教育研究について

分子農学を基盤に、世界に広がるバイオサイエンスの教育 研究を行います。

育成する人材像

分子農学に関する高度な知識・技術を修得して、遺伝情報の解析技術とその発現機構に基づく分子レベルの知見を応用し実践する能力を有し、持続可能な豊かな地域社会の創生に貢献できる人材

養成する能力

想定している出口

国家公務員、地方公務員、高校教員、製造業の研究職、農業・食品関連サービス業、卸・小売業、生殖補助医療胚培養士、大学院博士後期課程進学など

プログラム専門科目

プログラム専門科目
授業科目の名称 配当年次 単位数
植物分子保護学 1・2後
植物分子遺伝育種学 1・2後
分子植物生理学 1・2前
分子進化生態学 1・2後
動物分子生理学 1・2前
動物生殖遺伝学 1・2後
分子農学特別演習 1~2通
分子農学特別研究 1~2通

教員紹介

教授飯郷 雅之
教員画像
教育研究分野
分子生理学
研究内容
ホルモン、神経伝達物質の生合成と作用機序、光ゲノム生命化学
持続可能な開発目標(SDGs)
2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉を 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 14.海の豊かさを守ろう 15.陸の豊かさも守ろう
教授福井 えみ子
教員画像
教育研究分野
動物育種繁殖学
研究内容
家畜の経済形質に関連する遺伝子解析
持続可能な開発目標(SDGs)
2.飢餓をゼロに 12.つくる責任つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を 15.陸の豊かさも守ろう
教授松田 勝
教員画像
教育研究分野
分子遺伝学
研究内容
魚類における性差構築の分子機構解明と野生集団の遺伝的多様性
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 6.安全な水とトイレを世界中に 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 15.陸の豊かさも守ろう
教授松本 浩道
教員画像
教育研究分野
動物育種繁殖学
研究内容
哺乳動物の初期胚発生、子宮の機能および胚と子宮の相互作用の解析
持続可能な開発目標(SDGs)
2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 15.陸の豊かさも守ろう 17.パートナーシップで目標を達成しよう
准教授大西 孝幸
教員画像
教育研究分野
植物育種学
研究内容
作物の遺伝育種学研究
持続可能な開発目標(SDGs)
1.貧困をなくそう 2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉を 10.人や国の不平等をなくそう 12.つくる責任つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を 15.陸の豊かさも守ろう 17.パートナーシップで目標を達成しよう
准教授岡本 昌憲
教員画像
教育研究分野
植物化学遺伝学
研究内容
環境ストレス応答に関わるシグナル分子の作用機構解明と応用研究
持続可能な開発目標(SDGs)
2.飢餓をゼロに 13.気候変動に具体的な対策を
准教授柏木 孝幸
教員画像
教育研究分野
作物栽培学
研究内容
作物の農業形質を制御する遺伝的要因と環境要因に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
2.飢餓をゼロに 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 12.つくる責任つかう責任 15.陸の豊かさも守ろう
准教授児玉 豊
教員画像
教育研究分野
植物細胞生物学
研究内容
植物細胞における環境応答の分子機構および分子制御に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
2.飢餓をゼロに 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 15.陸の豊かさも守ろう
准教授鈴木 智大
教員画像
教育研究分野
生物分子情報学
研究内容
天然物の単離・構造決定、次世代シーケンサーを用いたゲノムおよびトランスクリプトーム解析
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 15.陸の豊かさも守ろう
准教授髙橋 美智子
教員画像
教育研究分野
植物栄養学
研究内容
植物の栄養ストレス耐性機構および生殖成長期における金属元素の役割の解明
持続可能な開発目標(SDGs)
2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉を 15.陸の豊かさも守ろう
准教授西川 尚志
教員画像
教育研究分野
植物病理学
研究内容
植物ウイルスの病原性の分子機構に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
2.飢餓をゼロに 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 15.陸の豊かさも守ろう
准教授野村 崇人
教員画像
教育研究分野
植物生理化学
研究内容
植物ホルモンによる植物の生長制御に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
2.飢餓をゼロに 13.気候変動に具体的な対策を 15.陸の豊かさも守ろう
准教授宮川 一志
教員画像
教育研究分野
環境生理学
研究内容
節足動物の環境応答の分子機構とその進化に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
6.安全な水とトイレを世界中に 13.気候変動に具体的な対策を 15.陸の豊かさも守ろう
講師黒倉 健
教員画像
教育研究分野
園芸学
研究内容
園芸作物の生理・生態に関する分子生理学的解析
持続可能な開発目標(SDGs)
2.飢餓をゼロに 12.つくる責任つかう責任
助教煉谷 裕太朗
教員画像
教育研究分野
植物病理学
研究内容
植物とウイルスの相互作用に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
2.飢餓をゼロに 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 15.陸の豊かさも守ろう