光工学プログラム学位名称
(修士)
光工学

先端光工学を駆使して生命と生活を守り、産業を支えます。

光の高度な知識と技術を修得し、光自身が生み出す物理的な現象を理解、制御することにより、次世代のイノベーションに貢献でき、及び光の発する工学的な側面から応用分野の基盤技術を身に付けることや、光を中心とする創造的実践力及び技術力の修得を目的としています。

光工学プログラム画像

教育における
3つのポリシー

  1. ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

    • グローバルな視野を持ち、21世紀の光工学の諸問題を解決し、産業の発展に貢献するために必要な高度な光工学に関する知識・技術を修得
    • 最先端光工学の基盤となる基礎知識・基礎技術を身に付け、それを工学的に応用できる実践的能力を修得
    • 企業等に就職して光学技術の創造・発展に大きく貢献する実践的な技術者・研究者となる能力を修得及び博士後期課程へ進学して最先端光工学の発展を担う人材となる能力を修得
    • 光工学に関する多様な場面で実践できる高度なコミュニケーション能力を修得
  2. カリキュラム・ポリシー(学修・教育目標を達成するための教育体系)

    • 光工学と分子農学の分野横断的な創造的実践力を養成するために、境界・学際領域科目を配置
    • 光工学に関する基本的な専門知識を修得するために光学に関する基礎必修科目を配置(「基礎光学」、「光学基盤技術」など)
    • 光工学に関する高度な専門知識を身に付けるための科目を配置
    • 留学生の受入の促進及びグローバル化に対応するためにプログラム科目を英語で対応
  3. アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

    • 光工学を学修するために必要な数学、物理学や光学に関する基礎学力を有する人
    • 光工学を基盤として、境界領域への関心も高く、創造的・独創的な課題に挑戦する意欲を持つ人
    • 光工学を通じて地域社会に貢献することに強い関心と意欲を持つ人

課題解決に必要な「イノベーション」を養成する
本プログラムの教育研究について

光工学を基盤に、世界に広がるオプトサイエンスの教育研究を行います。

育成する人材像

光学に関する高度な知識・技術を修得して、実践的な技術者・研究者としての能力を有し、広く世界の光学技術の創造・発展をリードして、持続可能な豊かな地域社会の創生に貢献できる人材

養成する能力

想定している出口

光学・精密機器、医療機器、精密加工、半導体関係、電気電子機器関連、自動車及び車載機器、光通信、画像情報関係、大学院博士後期課程進学など

プログラム専門科目

プログラム専門科目
授業科目の名称 配当年次 単位数
Scientific Writing 2前
波動光学 1・2前
光計測 1・2後
光導波路デバイス 1・2後
情報光学 1・2後
レーザープラズマ工学 1・2前
光学設計 1後
数理光物理学 1・2前
感性情報処理 1・2前
先端フォトニクス 1・2前
オプトメカトロニクス 1・2前
光学システム科学 1・2後
可視化情報工学 1・2後
画像工学 1後
ディスプレイ工学 1・2後
パワーレーザー工学 1・2前
光工学特別演習 1~2通
光工学特別研究 1~2通

教員紹介

教授大谷 幸利
教員画像
教育研究分野
偏光工学、光計測、オプトメカトロニクス
研究内容
偏光や分光イメージング、オプトメカトロニクスに関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 15.陸の豊かさも守ろう
教授佐藤 美恵
教員画像
教育研究分野
感性情報学
研究内容
映像コンテンツとの自然なインタラクションに関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
教授杉原 興浩
教員画像
教育研究分野
光通信工学、ポリマーフォトニクス
研究内容
光ファイバー/光導波路を用いた情報通信、光と物質の相互作用
持続可能な開発目標(SDGs)
4.質の高い教育をみんなに 8.働きがいも経済成長も 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任 17.パートナーシップで目標を達成しよう
教授早崎 芳夫
教員画像
教育研究分野
情報フォトニクス、レーザー加工、計算イメージング
研究内容
光と情報の融合による加工・計測・表示・撮像
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 6.安全な水とトイレを世界中に 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 8.働きがいも経済成長も 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 12.つくる責任つかう責任 14.海の豊かさを守ろう 17.パートナーシップで目標を達成しよう
教授山本 裕紹
教員画像
教育研究分野
情報フォトニクス
研究内容
3次元ディスプレイとその応用に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 6.安全な水とトイレを世界中に 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を 14.海の豊かさを守ろう
教授湯上 登
教員画像
教育研究分野
プラズマ理工学
研究内容
レーザー生成プラズマからのテラヘルツ電磁波放射
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 17.パートナーシップで目標を達成しよう
准教授篠田 一馬
教員画像
教育研究分野
知覚情報処理
研究内容
画像の撮影および処理に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
准教授玉田 洋介
教員画像
教育研究分野
生物光学、バイオイメージング
研究内容
光学と生物学の融合による光計測と光細胞操作に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 15.陸の豊かさも守ろう 17.パートナーシップで目標を達成しよう
准教授二宮 尚
教員画像
教育研究分野
可視化情報学
研究内容
熱流体の三次元画像計測技術の開発及び応用
持続可能な開発目標(SDGs)
4.質の高い教育をみんなに 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 11.住み続けられるまちづくりを 13.気候変動に具体的な対策を 14.海の豊かさを守ろう 15.陸の豊かさも守ろう 17.パートナーシップで目標を達成しよう
准教授茨田 大輔
教員画像
教育研究分野
光力学、数理光物理学
研究内容
光伝播解析と光記録・光計測への応用、光と物質の相互作用
持続可能な開発目標(SDGs)
4.質の高い教育をみんなに 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
准教授藤村 隆史
教員画像
教育研究分野
応用光工学、ナノフォトニクス
研究内容
ホログラフィックメモリー、プラズモニック金属ナノ構造に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
助教大塚 崇光
教員画像
教育研究分野
プラズマ理工学
研究内容
レーザー航跡場電子加速とその応用
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 17.パートナーシップで目標を達成しよう
助教長谷川 智士
教員画像
教育研究分野
光プロセシング、光情報処理、光計測
研究内容
高強度超短パルスレーザーによる物質加工
持続可能な開発目標(SDGs)
8.働きがいも経済成長も 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
助教NATHAN ADRIAN HAGEN
教員画像
教育研究分野
応用光学
研究内容
光学設計、分光学、計算センシング
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに