グローバル・エリアスタディーズプログラム学位名称
(修士)
国際学

グローバル時代における社会の理想像を探求します。

国際開発や国際協力等に関する高度な専門知識・技術を身に付けて、グローバルな諸問題を理解し解決する能力や、世界各地の政治・社会の多様性等に関する高度な教養、及びグローバルな実務に対応可能な企画・提案能力とコミュニケーション能力を修得することを目的としています。

グローバル・エリアスタディーズプログラム画像

教育における
3つのポリシー

  1. ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

    • 国際開発や国際協力等に関する高度な専門知識・技術を身に付けて、グローバルな諸問題を理解し解決する能力を修得
    • 世界各地の政治・社会の多様性等に関する高度な教養を身に付けて、課題に対する学際的な思考能力を修得
    • 日本及び世界各国の諸問題・諸課題に対して、グローバルな観点から問題解決を実践するために具体的な情報収集、調査・分析する能力を修得
    • グローバルな実務に対応可能な企画・提案能力とコミュニケーション能力を修得
  2. カリキュラム・ポリシー(学修・教育目標を達成するための教育体系)

    • 地域の多様性を理解するためのエリアスタディーズ科目群と、国家間・国家-社会・国家と非国家主体関係を普遍的な視座から理解するためのグローバル・スタディーズ科目群を配置
    • 社会開発や国際的な政治・経済現象など、多様性に富んだグローバルな空間で発生する諸問題に取り組むため、2科目群を有機的に連携させる
    • グローバルな諸問題の調査及びその解決のための実務能力の養成のために、フィールド調査に従事する臨地研究科目を配置
  3. アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

    • 国際学を学修するために必要な国際協力論、政治学、経済学、地域研究等の基礎学力を有する人
    • グローバルな諸問題に関心を持ち、学際的な幅広い教養と問題解決に必要とされる高度な実践力を身に付けて、新しい課題の解決に挑戦する意欲のある人
    • グローバル・エリアスタディを通じて地域社会に貢献することに強い関心と意欲のある人

課題解決に必要な「社会デザイン」を養成する
本プログラムの教育研究について

主に、海外をフィールドとして社会デザインの教育研究(ソフトウェア)を行います。

育成する人材像

日本及び世界各地で発生している諸問題を理解・解決するための高度な知識・技術を修得して、グローバルな観点から社会をデザインする能力を有し、持続可能な豊かな地域社会の創生に貢献できる人材

養成する能力

想定している出口

グローバル化や国際化に対応する部門を持つ政府機関・自治体・公益団体・教育機関・民間企業・市民組織、大学院博士後期課程進学など

プログラム専門科目

基盤科目
授業科目の名称 配当年次 単位数
貧困問題と国際協力Ⅰ 1前
防災と国際協力Ⅰ 1後
環境問題とガバナンスⅠ 1後
情報ネットワークと技術Ⅰ 1後
人間の安全保障と国連Ⅰ 1前
国際人権保障と平和構築Ⅰ 1後
Globalization and Project Management Ⅰ 1後
グローバル教育と開発教育Ⅰ 1後
国際NPO起業とその実践Ⅰ 1前
グローバル・スタディーズ科目
授業科目の名称 配当年次 単位数
貧困問題と国際協力Ⅱ 1前
防災と国際協力Ⅱ 1後
環境問題とガバナンスⅡ 1後
情報ネットワークと技術Ⅱ 1後
人間の安全保障と国連Ⅱ 1前
国際人権保障と平和構築Ⅱ 1後
Globalization and Project Management Ⅱ 1後
グローバル教育と開発教育Ⅱ 1後
国際NPO起業とその実践Ⅱ 1前
エリア・スタディーズ科目
授業科目の名称 配当年次 単位数
タイの開発と地域社会Ⅰ 1後
タイの開発と地域社会Ⅱ 1後
東アジアの国際政治と歴史Ⅰ 1前
東アジアの国際政治と歴史Ⅱ 1前
東アジアの歴史と文化Ⅰ 1前
東アジアの歴史と文化Ⅱ 1前
日本の自然と地域生活Ⅰ 1前
日本の自然と地域生活Ⅱ 1前
アメリカの経済と金融Ⅰ 1後
アメリカの経済と金融Ⅱ 1後
ラテンアメリカの経済と社会Ⅰ 1後
ラテンアメリカの経済と社会Ⅰ 1後
中東地域の政治と社会Ⅰ 1後
中東地域の政治と社会Ⅱ 1後
東アフリカの社会開発と文化Ⅰ 1前
東アフリカの社会開発と文化Ⅱ 1前
特別臨地研究Ⅰ 1・2前・後
特別臨地研究Ⅱ 1・2前・後
特別演習、特別研究、実践プロジェクト
授業科目の名称 配当年次 単位数
グローバル・エリアスタディーズ特別演習 1~2通 4
グローバル・エリアスタディーズ特別研究 1~2通 6
グローバル・エリアスタディーズ実践プロジェクト 1~2通 6

教員紹介

教授磯谷 玲
教員画像
教育研究分野
経済学/アメリカ経済論
研究内容
アメリカにおける経済および金融市場・制度に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
8.働きがいも経済成長も
教授MALEE KAWMANOTHAM
教員画像
教育研究分野
社会学
研究内容
タイの開発と地域社会に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
1.貧困をなくそう 3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう 8.働きがいも経済成長も 10.人や国の不平等をなくそう 11.住み続けられるまちづくりを 16.平和と公正をすべての人に 17.パートナーシップで目標を達成しよう
教授重田 康博
教員画像
教育研究分野
国際協力、市民社会
研究内容
国際協力における貧困問題に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
1.貧困をなくそう 2.飢餓をゼロに 4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう 6.安全な水とトイレを世界中に 8.働きがいも経済成長も 10.人や国の不平等をなくそう 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を 16.平和と公正をすべての人に 17.パートナーシップで目標を達成しよう
教授倪 永茂
教員画像
教育研究分野
情報ネットワーク
研究内容
グローバル社会における情報機器・情報ネットワークの基礎と応用
持続可能な開発目標(SDGs)
9.産業と技術革新の基盤をつくろう 12.つくる責任つかう責任
教授松金 公正
教員画像
教育研究分野
史学、東洋史、台湾植民地史
研究内容
中国、台湾における宗教と社会に関する研究
教授湯本 浩之
教員画像
教育研究分野
グローバル教育論
研究内容
地球的課題に取り組む教育活動に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
1.貧困をなくそう 2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう 6.安全な水とトイレを世界中に 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 8.働きがいも経済成長も 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 10.人や国の不平等をなくそう 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を 14.海の豊かさを守ろう 15.陸の豊かさも守ろう 16.平和と公正をすべての人に 17.パートナーシップで目標を達成しよう
准教授栗原 俊輔
教員画像
教育研究分野
国際協力、ガバナンス、市民社会
研究内容
国際開発におけるガバナンスの研究
持続可能な開発目標(SDGs)
1.貧困をなくそう 2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう 6.安全な水とトイレを世界中に 8.働きがいも経済成長も 10.人や国の不平等をなくそう 12.つくる責任つかう責任 16.平和と公正をすべての人に 17.パートナーシップで目標を達成しよう
准教授古村 学
教員画像
教育研究分野
村落社会学
研究内容
日本の村落社会におけるフィールド・ワークに基づく研究
持続可能な開発目標(SDGs)
11.住み続けられるまちづくりを 14.海の豊かさを守ろう 15.陸の豊かさも守ろう 17.パートナーシップで目標を達成しよう
准教授阪本 公美子
教員画像
教育研究分野
アフリカ地域研究
研究内容
東アフリカにおける社会開発と文化に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
1.貧困をなくそう 2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう 8.働きがいも経済成長も 10.人や国の不平等をなくそう 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任 15.陸の豊かさも守ろう 17.パートナーシップで目標を達成しよう
准教授清水 奈名子
教員画像
教育研究分野
国際関係論・国際機構論
研究内容
国際連合における安全保障に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 5.ジェンダー平等を実現しよう 16.平和と公正をすべての人に 17.パートナーシップで目標を達成しよう
准教授SUEYOSHI ANA
教員画像
教育研究分野
応用経済学(含む歴史)
研究内容
ラテンアメリカにおける政治経済に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
4.質の高い教育をみんなに 8.働きがいも経済成長も 10.人や国の不平等をなくそう 16.平和と公正をすべての人に
准教授髙橋 若菜
教員画像
教育研究分野
環境問題とガバナンス
研究内容
環境政策が地域・国家間で相違する要因を、政治学的視点から解明する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
1.貧困をなくそう 2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう 6.安全な水とトイレを世界中に 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 8.働きがいも経済成長も 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 10.人や国の不平等をなくそう 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を 14.海の豊かさを守ろう 15.陸の豊かさも守ろう 16.平和と公正をすべての人に 17.パートナーシップで目標を達成しよう
准教授松尾 昌樹
教員画像
教育研究分野
中東地域研究
研究内容
中東地域を対象とする政治経済研究
持続可能な開発目標(SDGs)
1.貧困をなくそう 3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう 6.安全な水とトイレを世界中に 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 8.働きがいも経済成長も 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 10.人や国の不平等をなくそう 16.平和と公正をすべての人に 17.パートナーシップで目標を達成しよう
准教授松村 史紀
教員画像
教育研究分野
東アジアの国際政治
研究内容
現代中国をめぐる国際政治史に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
10.人や国の不平等をなくそう 16.平和と公正をすべての人に
助教飯塚 明子
教員画像
教育研究分野
防災と国際協力
研究内容
防災分野における国際協力に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
1.貧困をなくそう 4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう 6.安全な水とトイレを世界中に 10.人や国の不平等をなくそう 11.住み続けられるまちづくりを 13.気候変動に具体的な対策を 14.海の豊かさを守ろう 15.陸の豊かさも守ろう 16.平和と公正をすべての人に 17.パートナーシップで目標を達成しよう
助教藤井 広重
教員画像
教育研究分野
国際人権論
研究内容
平和構築における国際的な刑事裁判所の機能に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
1.貧困をなくそう 2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう 8.働きがいも経済成長も 10.人や国の不平等をなくそう 16.平和と公正をすべての人に 17.パートナーシップで目標を達成しよう