農業・農村経済学プログラム学位名称
(修士)
農学

食料・農業・農村を軸に、持続可能な社会を考えます。

農業経済学をコアとし、コミュニティデザイン学との学際領域を学修することによって、健康で豊かな国民生活や社会の持続的発展に資する新しい農業・農村のリーダーとして、変化し続ける食料・農業・農村を多面的・総合的にとらえ直すとともに、現場における豊かな知恵・実践や都市との連携・協働関係を高度に分析したうえで、新しくデザインするための高度な専門的知識・技術の修得を目的としています。

農業・農村経済学プログラム画像

教育における
3つのポリシー

  1. ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

    • 食料・農業・農村に関する制度・政策等の在り方を解明するのに必要不可欠な学術理論を高度かつ学際的に理解する能力を修得
    • 多様化する食料・農業・農村の諸問題に学際的な視点から向き合い、健康で豊かな国民生活や持続可能な社会に寄与する新しい食料・農業・農村の発展に貢献する能力を修得
    • 食料・農業・農村に関する様々なテーマに対して、適切な分析アプローチを、深い理解とともに、適用する能力を修得
    • 食料・農業・農村の多様な主体による現場の実践知を学術的に分析し、地域の現場に還す能力を修得
  2. カリキュラム・ポリシー(学修・教育目標を達成するための教育体系)

    • 「農」と「食」に関する国内外の諸問題を多面的・総合的に捉え直すとともに、新しい食料・農業・農村をデザインするために必要不可欠な学術理論を高度に理解するための科目を配置
    • 食料・農業・農村の現場における豊かな知恵や実践を学際的な視点から問い直し、その知見を現場に還して展開するための科目を配置
    • 食料・農業・農村を対象とした応用研究分野における学説や、学術研究の方法論に関する科目を配置
    • 専門科目を通じて修得された能力を高度な次元で統合し、多様化する地域社会におけるテーマに向き合い、現実的な問題解決の方法と理論について実践知の考察を通して修得する特別演習・コースワークを配置
  3. アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

    • 農業・農村経済学を学修するために必要な社会科学(経済学、社会学、歴史学など)の基礎学力を有する人
    • 高度な論理的思考能力と現実社会の中から積極的に学ぼうとする姿勢を持って、食料・農業・農村に関する新しい課題の解決に挑戦する意欲を持つ人
    • 農業・農村経済学を通じて地域社会に貢献することに強い関心と意欲を持つ人

課題解決に必要な「社会デザイン」を養成する
本プログラムの教育研究について

主に、栃木県をフィールドとして社会デザインの教育研究(ソフトウェア)を行います。

育成する人材像

農業・農村経済学の高度な知識・技術を修得して、食料・農業・農村に関する社会システムをデザインする能力を有し、持続可能な豊かな地域社会の創生に貢献できる人材

養成する能力

想定している出口

公務員(農林水産省及び地方公共団体)、農業生産者、農業関連団体、JA、農業関連産業、食品関連産業、金融機関、大学院博士後期課程進学など

プログラム専門科目

基盤科目
授業科目の名称 配当年次 単位数
農業・農村経済学 1前
農政学 1前
農業生産組織論 1前
農業・農村史 1後
農村社会学 1後
アグリビジネス論 2前
農村地理学 1前
応用科目
授業科目の名称 配当年次 単位数
マーケティング論 1後
ソーシャルビジネス論 1後
統計分析論 1後
環境経済学 2前
フードシステム学 1後
特別演習、特別研究、実践プロジェクト
授業科目の名称 配当年次 単位数
農業・農村経済学特別演習 1~2通
農業・農村経済学特別研究 1~2通
農業・農村経済学実践プロジェクト 1~2通

教員紹介

教授秋山 満
教員画像
教育研究分野
農業政策学
研究内容
農業政策、農業構造問題
持続可能な開発目標(SDGs)
4.質の高い教育をみんなに
教授安藤 益夫
教員画像
教育研究分野
地域社会学
研究内容
農村活性化に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
1.貧困をなくそう 2.飢餓をゼロに 5.ジェンダー平等を実現しよう 8.働きがいも経済成長も 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 10.人や国の不平等をなくそう 11.住み続けられるまちづくりを 13.気候変動に具体的な対策を 16.平和と公正をすべての人に
教授大栗 行昭
教員画像
教育研究分野
農業史
研究内容
日本地主制史、農地政策史
持続可能な開発目標(SDGs)
1.貧困をなくそう 10.人や国の不平等をなくそう 16.平和と公正をすべての人に
教授齋藤 潔
教員画像
教育研究分野
農業経営学
研究内容
アグリビジネスと農業教育、欧米諸国の農業発達史
持続可能な開発目標(SDGs)
4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう 8.働きがいも経済成長も 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 11.住み続けられるまちづくりを 16.平和と公正をすべての人に 17.パートナーシップで目標を達成しよう
教授松村 啓子
教員画像
教育研究分野
農業地理学・農村地理学
研究内容
農業地理学、農業地域システム
持続可能な開発目標(SDGs)
2.飢餓をゼロに 4.質の高い教育をみんなに 12.つくる責任つかう責任 15.陸の豊かさも守ろう
准教授加藤 弘二
教員画像
教育研究分野
環境経済学
研究内容
環境経済学、農業の多面的機能の評価
持続可能な開発目標(SDGs)
7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 13.気候変動に具体的な対策を 14.海の豊かさを守ろう 15.陸の豊かさも守ろう
准教授児玉 剛史
教員画像
教育研究分野
食料経済学
研究内容
食料経済学、食料経済の実証分析
持続可能な開発目標(SDGs)
4.質の高い教育をみんなに
准教授神代 英昭
教員画像
教育研究分野
農業政策学
研究内容
農業市場論、農産物の生産・加工・流通に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
2.飢餓をゼロに 8.働きがいも経済成長も 10.人や国の不平等をなくそう 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任
准教授西山 未真
教員画像
教育研究分野
農業経営学
研究内容
地域資源管理論、ローカルフードシステム論
持続可能な開発目標(SDGs)
4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう 17.パートナーシップで目標を達成しよう
講師閻 美芳
教員画像
教育研究分野
地域社会学
研究内容
地域生活環境に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
1.貧困をなくそう 2.飢餓をゼロに 11.住み続けられるまちづくりを 15.陸の豊かさも守ろう