農業土木学プログラム学位名称
(修士)
農学

最先端の土木技術で社会イノベーションに貢献します。

農業土木学をコアとし、建築学・土木工学との学際領域を学修することによって、建築物から国土基盤に至る幅広い視野から、農業基盤・農村基盤を包括的にデザインすることができ、地域の発展を支える専門職業人として、良好な農業農村基盤を整備するための実践活動を実行するための高度な専門的知識・技術の修得を目的としています。

農業土木学プログラム画像

教育における
3つのポリシー

  1. ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

    • 地球環境の変化に適応した良好な農業農村基盤の整備に関わる高度な工学的能力を修得
    • 先端的な専門知識をもとに、地域の社会及び自然環境の変化を考慮して、農業農村基盤に関わる実務的問題をローカルかつグローバルな視点で分析・解決し、地域をデザインする能力を修得
    • 社会のニーズや自然環境の変化をとらえ、農業土木学の新技術を創造する能力を修得
    • 国際社会でも通用する技術展開能力、コミュニケーション能力、キャリア開発能力を修得
  2. カリキュラム・ポリシー(学修・教育目標を達成するための教育体系)

    • 建築学・土木工学・農業土木学を基礎として、ローカルかつグローバルな視野で地域デザインを工学的に捉え実践するための境界・学際領域科目を配置
    • 農業土木学分野における先端知識の修得及び新技術の創造のための専門科目を配置
    • 実務的問題への対応力及びキャリア開発能力を育成するために、国内外でのインターンシップ・実習・調査などを単位化
  3. アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

    • 農業土木学を学修するために必要な土、水、農村環境に関する基礎学力を有する人
    • 地球環境・地域社会の変化と農業農村基盤との関わりを学び、ローカルからグローバルに至る多様な視点で新たな創造へ挑戦する意欲のある人
    • 農業土木学を通じて地域社会に貢献することに強い関心と意欲のある人

課題解決に必要な「社会デザイン」を養成する
本プログラムの教育研究について

主に、栃木県をフィールドとして社会デザインの教育研究(ハードウェア)を行います。

育成する人材像

農業土木の高度な知識・技術を修得して、良好な農業農村基盤をデザインする能力を有し、持続可能な豊かな地域社会の創生に貢献できる人材

養成する能力

想定している出口

国家公務員・地方公務員(技術職)、農業土木・土木コンサルタント、環境コンサルタント、建設会社、建設材料メーカー、公益企業(鉄道、電力)、大学院博士後期課程進学など

プログラム専門科目

プログラム専門科目
授業科目の名称 配当年次 単位数
環境数理A 1前
環境数理B 1前
土壌環境物理学A 1前
土壌環境物理学B 1前
農地保全学 1後
農業水利学 1後
応用田園生態工学A 1後
応用田園生態工学B 1後
地域マネジメントA 1前
地域マネジメントB 1前
農業農村開発と技術協力 1前
農業土木学特別演習 1~2通 4
農業土木学特別研究 1~2通 6

教員紹介

教授松井 宏之
教員画像
教育研究分野
水利環境工学
研究内容
流域における農業水利・水循環および水環境保全
持続可能な開発目標(SDGs)
9.産業と技術革新の基盤をつくろう 13.気候変動に具体的な対策を 15.陸の豊かさも守ろう
准教授飯山 一平
教員画像
教育研究分野
土壌・生物環境物理学
研究内容
土壌中および土壌を介した熱・物質の輸送・保持に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
15.陸の豊かさも守ろう
准教授大澤 和敏
教員画像
教育研究分野
農地環境保全学
研究内容
農地保全、流域水・物質動態に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
9.産業と技術革新の基盤をつくろう 10.人や国の不平等をなくそう 13.気候変動に具体的な対策を 14.海の豊かさを守ろう 15.陸の豊かさも守ろう
准教授田村 孝浩
教員画像
教育研究分野
農村計画学
研究内容
農作業安全・農作業軽労化・土地改良事業に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
8.働きがいも経済成長も 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 11.住み続けられるまちづくりを 15.陸の豊かさも守ろう
准教授福村 一成
教員画像
教育研究分野
国際農業環境学
研究内容
途上国の農業農村開発や灌漑、水管理に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
1.貧困をなくそう 2.飢餓をゼロに 5.ジェンダー平等を実現しよう
准教授守山 拓弥
教員画像
教育研究分野
農村生態工学
研究内容
二次的自然の保全や利活用に関する研究