農芸化学プログラム学位名称
(修士)
農学

微生物と食の専門性を活用し持続可能な開発に貢献します。

生命化学に関する高度な専門知識を備え、製造業などにおける機能性物質開発や生命化学関連の問題解決に貢献できる人材を育成するために、農学としての応用微生物学と工学としての化学工学の異分野融合による教育研究の相乗効果を狙いつつ、それに加えて生物利用に関する微生物学、食品化学、生理学、生物有機化学などの高度な専門的知識や技術の修得を目的としています。

農芸化学プログラム画像

教育における
3つのポリシー

  1. ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

    • 21世紀の農芸化学に関する諸問題を解決し、持続可能な豊かな地域社会の創生に貢献するために、生命化学や農学の高度な知識と技術を修得
    • 生物資源に広く関連した化合物の構造と反応性や、生物との関わりを中心とした機能性に関する知識や実験手法・技術を修得
    • 生命化学に加え化学工学的な視座を持った分野横断的な創造的実践力をもって応用開発に取り組むことのできる能力を修得
    • 農芸化学に関する多様な場面で実践できる高度なコミュニケーション能力を修得
  2. カリキュラム・ポリシー(学修・教育目標を達成するための教育体系)

    • バイオサイエンス(生命化学)に関する高度な専門知識を身に付けるための科目を配置
    • 生命化学と化学工学の分野横断的な創造的実践力を養成するために、境界・学際領域科目を配置
    • 生命化学の創造的実践に必要な実験手法・技術を身に付けるための科目を配置
  3. アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

    • 農芸化学を学修するために必要となる、化合物や生理活性物質の特性や機能性に関する化学的・生化学的な基礎学力を有する人
    • 広く食品、医薬品、化粧品などの産業や公共機関等において、機能性物質開発や環境問題の解決に挑戦する意欲を持つ人
    • 生命化学を通じて地域社会に貢献することに強い関心と意欲を持つ人

課題解決に必要な「イノベーション」を養成する
本プログラムの教育研究について

栃木県のものづくり、食料・農業・環境を基盤としながら、イノベーションの教育研究を行います。

育成する人材像

生命化学に関する高度な知識・技術を修得して、マクロとミクロの視点から取り組む実践的な能力を有し、持続可能な豊かな地域社会の創生に貢献できる人材

養成する能力

想定している出口

食品関連企業、製薬関連企業、公務員、大学院博士後期課程進学など

プログラム専門科目

プログラム専門科目
授業科目の名称 配当年次 単位数
フロンティア農芸化学 1前
生理活性物質化学 1前
栄養生理化学 2前
植物機能化学 1後
科学技術と私たちの暮らし 1前
農芸化学特別演習 1~2通
農芸化学特別研究 1~2通

教員紹介

教授東 徳洋
教員画像
教育研究分野
食品生化学
研究内容
乳中の機能蛋白質・ペプチドに関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
教授蕪山 由己人
教員画像
教育研究分野
生物化学
研究内容
生物由来機能性成分の高度利用に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 12.つくる責任つかう責任
教授橋本 啓
教員画像
教育研究分野
食品化学
研究内容
調理・加工が食品の機能性に及ぼす影響に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
12.つくる責任つかう責任
教授羽生 直人
教員画像
教育研究分野
生物高分子材料学
研究内容
生物高分子の機能開発とその利用
持続可能な開発目標(SDGs)
12.つくる責任つかう責任 15.陸の豊かさも守ろう
教授前田 勇
教員画像
教育研究分野
応用微生物学
研究内容
微生物の諸機能の解析とそれらの応用研究
持続可能な開発目標(SDGs)
15.陸の豊かさも守ろう
教授山田 洋一
教員画像
教育研究分野
有機化学
研究内容
有機化合物一般の構造解析及び新規合成法の研究
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 6.安全な水とトイレを世界中に 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 13.気候変動に具体的な対策を 17.パートナーシップで目標を達成しよう
教授横田 信三
教員画像
教育研究分野
森林化学
研究内容
樹病に関するプロテオミクス・メタボロミクス、木質系バイオマスの利用開発
持続可能な開発目標(SDGs)
4.質の高い教育をみんなに 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 12.つくる責任つかう責任 15.陸の豊かさも守ろう
教授吉澤 史昭
教員画像
教育研究分野
栄養制御学
研究内容
栄養素による体タンパク質合成制御の機構解析
持続可能な開発目標(SDGs)
2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに
准教授石栗 太
教員画像
教育研究分野
木材材料学
研究内容
造林木の成長と材質、熱帯樹木の成長と材質、広葉樹あて材の組織構造と化学成分
持続可能な開発目標(SDGs)
8.働きがいも経済成長も 11.住み続けられるまちづくりを
准教授金野 尚武
教員画像
教育研究分野
高分子材料化学
研究内容
バイオマスの高度利用に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
9.産業と技術革新の基盤をつくろう 13.気候変動に具体的な対策を 15.陸の豊かさも守ろう
准教授謝 肖男
教員画像
教育研究分野
天然物化学
研究内容
生理活性物質の単離・構造解析および質量分析に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
1.貧困をなくそう 2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉を 15.陸の豊かさも守ろう
准教授二瓶 賢一
教員画像
教育研究分野
天然物有機化学
研究内容
天然有機化合物の構造決定、化学合成と機能性評価
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
准教授水重 貴文
教員画像
教育研究分野
生物機能化学
研究内容
機能性食品成分の生理作用に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
講師佐藤 祐介
教員画像
教育研究分野
栄養制御学
研究内容
筋肉のサイズとタイプの調節に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉を
講師山田 潔
教員画像
教育研究分野
食品免疫学
研究内容
免疫系の機能を制御する食品成分に関する研究
持続可能な開発目標(SDGs)
3.すべての人に健康と福祉を 9.産業と技術革新の基盤をつくろう