研究者総覧

キーワード検索

基本情報

篠田 一馬(シノダ カズマ)

役 職 准教授
学 位 博士(工学)
性 別 男性
生 年 1983年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス
(※を@にして送信してください)
shinoda※is.utsunomiya-u.ac.jp
研究室サイト http://www.is.utsunomiya-u.ac.jp/shinodalab/

所属組織

工学部 基盤工学科 情報電子オプティクスコース

研究推進機構 オプティクス教育研究センター

地域創生科学研究科・博士後期課程 先端融合科学専攻 オプティクスバイオデザインプログラム

地域創生科学研究科・博士前期課程 工農総合科学専攻 光工学プログラム

学歴

2005年3月 新潟大学工学部電気電子工学科 卒業
2007年3月 新潟大学大学院自然科学研究科修士課程 修了
2011年6月 東京工業大学大学院総合理工学研究科博士課程 修了

本学以外の主な職歴

ソニー株式会社 エンジニア
日本学術振興会 特別研究員
南カリフォルニア大学 客員研究員
埼玉医科大学保健医療学部 特任研究員

教育活動

専門分野

情報学・知覚情報処理

主な授業科目

基盤:情報電子オプティクス基礎実験,データ構造とアルゴリズム
学部:プログラミング演習Ⅱ,人工知能とコンピュータビジョン
大学院:分光画像処理特論

研究活動

専門分野

情報工学,知覚情報処理,分光画像,偏光画像,圧縮センシング

学術論文

[1] Kazuma Shinoda and Yasuo Ohtera, "Alignment-free filter array: Snapshot multispectral polarization imaging based on a Voronoi-like random photonic crystal filter," Opt. Express 28(26), 38867-38882, 2020.
[2] Yasuo Ohtera, Nao Ikeda, Tomohisa Takaya, Kazuma Shinoda, "Direct estimation of NIR reflection spectra utilizing snapshot-type spectrometer with photonic crystal multi-spectral filter array," Applied Optics, 59(17), 5216-5225, 2020.
[3] Kazuma Shinoda, Naotake Konno, Tomohiro Suzuki, "Non-destructive analysis of the moisture content in shiitake mushrooms (Lentinula edodes) using near-infrared imaging at 1450 nm," Mycoscience, Vol. 61, No. 5, pp. 235-239, 2020.
[4] Hideki Komagata, Erika Kakinuma, Masahiro Ishikawa, Kazuma Shinoda, Naoki Kobayashi, "Semi-Automatic Calibration Method for a Bed-Monitoring System Using Infrared Image Depth Sensors," Sensors, 19(20), 4581, pp. 1-20, 2019.
[5] Masahiro Ishikawa, Chisato Okamoto, Kazuma Shinoda, Hideki Komagata, Chika Iwamoto, Kenoki Ohuchida, Makoto Hashizume, Akinobu Shimizu, and Naoki Kobayashi, "Detection of pancreatic tumor cell nuclei via hyperspectral analysis of pathological slides based on stain spectra," Biomedical Optics Express, 10(9), pp. 4568-4588, Sep. 2019.
[6] Maru Kawase, Kazuma Shinoda, and Madoka Hasegawa, "Demosaicking Using a Spatial Reference Image for an Anti-Aliasing Multispectral Filter Array," IEEE Transactions on Image Processing, 2019.
[7] Yasuo Ohtera, Kazuma Shinoda, "NIR spectrum estimation utilizing photonic crystal distributed passband-type multiple filter array," Applied Optics, 58(12), pp. 3166-3173, 2019.
[8] Kazuma Shinoda, Yasuo Ohtera, Madoka Hasegawa, "Snapshot multispectral polarization imaging using a photonic crystal filter array," Optics Express, 26(12), 15948-15961, 2018.
[9] Kazuma Shinoda, Maru Kawase, Madoka Hasegawa, Masahiro Ishikawa, Hideki Komagata, Naoki Kobayashi, "Joint optimization of multispectral filter arrays and demosaicking for pathological images," IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing, 2018.
[10] Hideki Komagata, Takaya Ichimura, Yasuka Ohnuki, Masahiro Ishikawa, Kazuma Shinoda, Naoki Kobayashi, Atsushi Sasaki, "Feature analysis of cell nuclear chromatin distribution in support of cervical cytology," Journal of Medical Imaging, vol. 4, no. 4, 047501, Oct. 2017.
[11] Kazuma Shinoda, Yudai Yanagi, Yoshio Hayasaki, Madoka Hasegawa, "Multispectral filter array design without training images," Optical Review, vol. 24, no. 4, pp. 554-571, Jul. 2017.
[12] Kazuma Shinoda, Taisuke Hamasaki, Maru Kawase, Madoka Hasegawa, and Shigeo Kato, "Demosaicking for multispectral images based on vectorial total variation," Optical Review, vol. 23, no. 4, pp. 559-570, Jul. 2016.
[13] 柳悠大, 篠田一馬, 長谷川まどか, 加藤茂夫, 石川雅浩, 駒形英樹, 小林直樹, "観測波長とフィルタ配置を考慮したマルチスペクトルフィルタアレイの最適化手法," 電子情報通信学会論文誌, Vol. J99-D, No. 8, Aug. 2016.
[14] Hideki Komagata, Masahiro Ishikawa, Naoki Kobayashi, Kazuma Shinoda, Masahiro Yamaguchi, Tokiya Abe, Akinori Hashiguchi, Michiie Sakamoto, "Feature analyses of trabecular pattern of hepatocellular carcinoma using graph structure," IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing, vol. 3, no. 2, pp. 80-91, Dec. 2015.
[15] 金原翔太, 長谷川まどか, 篠田一馬, 加藤茂夫, 田中雄一, "情報源拡大を用いた乗算型二値算術符号の高速化に関する一検討," 画像電子学会誌, vol. 44, no. 3, pp. 464-473, Jul. 2015.
[16] Kazuma Shinoda, Aya Watanabe, Madoka Hasegawa, and Shigeo Kato, "Multispectral image reconstruction from watermarked RGB image", Optical Review, vol. 22, issue 3, pp. 469-476, Jun. 2015.
[17] Kazuma Shinoda, Naoki Kobayashi, Ayako Katoh, Hideki Komagata, Masahiro Ishikawa, Yuri Murakami, Masahiro Yamaguchi, Tokiya Abe, Akinori Hashiguchi, and Michiie Sakamoto, "An efficient wavelet-based ROI coding for multiple regions," IEICE Trans. on Fundamentals, Vol. E98-A, No. 4, pp. 1006-1020, Apr. 2015.
[18] Naoki Kobayashi, Kazuma Shinoda, Ayako Katoh, Hideki Komagata, Masahiro Yamaguchi, Tokiya Abe, Akinori Hashiguchi, and Michiie Sakamoto, "Effective Color Transform Method for Image Compression of H&E Stained Whole Slide Image Using Subset Pixels," IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing, Vol. 1, No, 2, pp. 37-47, Jun. 2014.
[19] Vu Le Ha, Kazuma Shinoda, Madoka Hasegawa, Yuichi Tanaka, and Shigeo Kato, "Modified High-Order Edge-Directed Interpolation for Distributed Video Coding Based on Selective Data Pruning," IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing, Vol. 1, No, 2, pp. 26-36, Jun. 2014.
[20] 山登一輝, 長谷川まどか, 篠田一馬, 加藤茂夫, 田中雄一, “類似領域情報の画像内埋め込みに基づく画像修復法," 電子情報通信学会論文誌D, Vol. J97-D, No. 4, pp. 857-867, 2013年4月.
[21] Junghyeun Hwang, Hisakazu Kikuchi, Shogo Muramatsu, Kazuma Shinoda, and Jaeho Shin, “Reversible Implementations of Irreversible Component Transforms and Their Comparisons in Image Compression," IEICE Trans. on Fundamentals, Vol. E95-A, No. 4, pp. 824-828, Apr. 2012.
[22] Kazuma Shinoda, Yuri Murakami, Masahiro Yamaguchi, and Nagaaki Ohyama, "Lossless and lossy coding for multispectral image based on sRGB standard and residual components," J. Electron. Imaging, Vol. 20, No. 2, pp. 023003-1 - 023003-12, Apr. 2011.
[23] 篠田一馬, 村上百合, 山口雅浩, 大山永昭, 小杉幸夫, “植生評価に適したハイパースペクトル画像符号化法," 電子情報通信学会誌, Vol. J94-D, No. 3, pp. 560-570, Mar. 2011.
[24] Kazuma Shinoda, Hisakazu Kikuchi, and Shogo Muramatsu, ”Lossless-by-Lossy Coding for Scalable Lossless Image Compression,”IEICE Trans. on Fundamentals, Vol. E91-A, No. 11, pp. 3356-3364, Nov. 2008.

特許・実用新案・意匠

[1] 駒形英樹,小林直樹,石川雅浩,篠田一馬,"危険報知装置及び危険報知方法、並びに危険報知装置の校正方法," 特願2016-206293,2016-10-20.
[2] 篠田一馬,大寺康夫, "フィルタ、画像撮影装置および画像撮影システム," 特願2016-175460, 2016-9-8.
[3] 篠田一馬,番沢和茂,長谷川まどか, " 画像データ処理装置及びプログラム," 特願2016-073754, 2016-3-31.
[4] 篠田一馬,小林直樹,加藤綾子,駒形英樹, "画像符号化装置、画像符号化方法、画像符号化プログラムおよび記録媒体," 特許5396559, 2013-10-25.
[5] 篠田一馬, "画像処理装置、及び画像処理方法," 特許5024178, 2012-6-29.

研究資金

[1] 科学研究費補助金 (2021年4月-2024年3月),基盤研究C・代表,テーマ:ランダムフォトニック結晶によるアライメントフリーな分光偏光同時撮像法の創出
[2] 村田学術振興財団研究助成(2020年10月-2021年9月),代表,テーマ:不完全な波状多層膜型フォトニック結晶による広帯域かつ高輝度な分光偏光同時撮影法の開発
[3] 電気通信普及財団研究調査助成(2020年4月-2021年3月),代表,テーマ:リアルタイム分光偏光同時イメージングに関する研究(延長)
[4] 電気通信普及財団研究調査助成(2019年4月-2020年3月),代表,テーマ:リアルタイム分光偏光同時イメージングに関する研究
[5] 中島記念国際交流財団若手研究者研究助成(2019年4月-2020年3月),代表,テーマ:フォトニック結晶による可視-近赤外ワンショット分光偏光イメージング
[6] A-STEP機能検証フェーズ試験研究タイプ(2018年12月-2019年12月),代表,テーマ:フォトニック結晶を用いたスナップショット分光偏光カメラの開発
[7] 科学研究費補助金 (2018年4月-2021年3月),基盤研究C・代表,テーマ:フォトニック結晶型フィルタアレイと圧縮センシングの融合による分光偏光イメージング
[8] 科学研究費補助金 (2018年4月-2021年3月),基盤研究C・分担,テーマ:養蜂用巣脾画像からの育房状態の自動分類に関する研究
[9] 平成29年度世界一を目指す研究開発助成事業(2017年7月-2018年2月),代表,テーマ:ワンショット分光偏光カメラの開発
[10] JSPS二国間交流事業共同研究(2017年4月 - 2020年3月),分担,テーマ:マルチスペクトルを用いた病理診断画像における色品質バラツキ除去の研究
[11] 財団法人 電気通信普及財団 海外渡航旅費援助(2017年2月-3月)
[12] 科学研究費補助金 (2015年4月-2018年3月),若手研究B・代表,テーマ:圧縮センシングによる低コストマルチスペクトルイメージングシステムの研究
[13] 科学研究費補助金 (2013年4月-2015年3月),若手研究B・代表,テーマ:単板フィルタを用いた低容量なマルチスペクトル画像システムに関する研究
[14] 科学研究費補助金 (2013年4月-2016年3月),基盤研究C・分担,テーマ:算術符号化原理を用いた情報源符号化および通信路符号化の統合符号化方式の開発
[15] 科学研究費補助金 (2013年4月-2016年3月),基盤研究C・分担,テーマ:視覚情報と行動特徴を用いたマルチモーダル個人認証方式の研究
[16] 日本学術振興会 特別研究員奨励費 (2010年4月-2012年3月),テーマ:マルチバンド画像の可視成分を考慮した可逆・非可逆統合型符号化の研究
[17] 電子情報通信学会 信越支部H18年度(後期)旅費援助 (2006年10月)

受賞

[1] 画像電子学会 優秀論文賞(2020年6月)
[2] 宇都宮大学 研究領域優秀賞 (2020年1月)
[3] OSA Spotlight on Optics (2019年5月)
[4] Optics Express Editors' Pick (2018年6月)
[5] IEVC2017 Best Paper Award (2017年3月)
[6] 平成28年度コニカミノルタ画像科学奨励賞 (2017年2月)
[7] SPIE 2015 Cum laude poster award (2015年2月)
[8] 映像メディアシンポジウム2014 ベストポスター賞 (2014年11月)
[9] 画像符号化シンポジウム2012 ベストポスター賞 (2012年10月)
[10] FIT2010論文賞 (2010年9月)
[11] 東京工業大学 グローバルCOEプログラム 優秀学生賞 (2010年4月)
[12] 新潟大学工学部電気電子工学科 卒業研究優秀賞 (2005年3月)

所属学会

IEEE,OSA,電子情報通信学会,映像情報メディア学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

大学の世界展開力強化事業 IMLEX 担当教員(2019年4月~)

学外活動

Optical Review, Topical Editor (2020年4月~)
画像符号化・映像メディア処理特集編集委員会 編集委員 (2017年11月~)
映像情報メディア学会 メディア工学研究委員会 委員 (2016年4月~2021年3月)
画像符号化シンポジウム運営委員会 委員 (2015年7月~2021年3月)
ISO/IEC JTC1/SC29 WG1 小委員会 委員 (2014年1月~2019年3月)
画像電子学会誌 編集委員 (2013年8月~2021年3月)