研究者総覧

キーワード検索

基本情報

松本 浩道(マツモト ヒロミチ)

役 職 教授
学 位 博士(農学)
性 別 男性
生 年 1967年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス
(※を@にして送信してください)
研究室サイト http://agri.mine.utsunomiya-u.ac.jp/hpj/deptj/anij/page/ikuhan.html

所属組織

農学部 生物資源科学科

研究推進機構 バイオサイエンス教育研究センター

地域創生科学研究科・博士前期課程 工農総合科学専攻 分子農学プログラム

学歴

1990年 東北大学農学部畜産学科 卒業
1992年 東北大学大学院農学研究科博士前期課程 修了
1992年 東北大学大学院農学研究科博士後期課程 退学
1996年 東北大学大学院 博士(農学)取得

本学以外の主な職歴

東北大学大学院農学研究科助手

教育活動

専門分野

農学、畜産学・獣医学、応用動物科学、動物繁殖学、生殖生理学

主な授業科目

基盤:新入生セミナー
学部:生物学(細胞)、動物生産学概論、生殖生物学、実験動物学、分子生命科学II、動物繁殖学、フィールド実習I(動物)、
生物科学実験、アグリバイオサイエンス実験I
大学院:動物生殖遺伝学

授業内容

家畜や実験動物等の基礎知識や適正な取扱い及び実験手技に関する能力育成のため、歴史的経緯から近年の研究動向について授業を行っています。生理機構や実験手技の理解のために視覚機材を用いた解説を行っています。

研究活動

専門分野

受精や着床における配偶子間や親子間の相互関係の仕組みと不思議の謎解きを行なっています。発生の仕組みを謎解きながら、生殖工学技術における低い発生能力の問題や安全面の不安を解消する手法開発に取り組んでいます。

専門分野(科研費分類)

動物生産科学関連

学術論文

Masato Akaiwa, Emiko Fukui, Hiromichi Matsumoto. Tubulointerstitial nephritis antigen‐like 1 deficiency alleviates age‐dependent depressed ovulation associated with ovarian collagen deposition in mice. Reproductive Medicine and Biology 19(1): 50-57, 2020.
Chuanqiang Zhang, Nanako Suzuki, Hiromichi Matsumoto, Motoharu Miyamura, Hideki Tsuchiya, Seizo Hamano, Hiroshi Makino, Masanori Ochi, Midori Yoshizawa, Emiko Fukui. BRCA1 Expression on bovine pre-implantation embryos produced by in vitro fertilization. Journal of Mammalian Ova Research. 36: 61-67, 2019.
Emiko Fukui, Chuanqiang Zhang, Nanako Suzuki, Hiromichi Matsumoto, Akiko Kawanobe, Yumi Sakurai, Tohta Ooshima, Shouichi Muroi, Akiko Kuwahata, Masanori Ochi, Midori Yoshizawa. Analysis of a single nucleotide polymorphism in the BRCA1 gene in Holstein cattle and its mRNA expression in the gonads. J Comp Clinic Med. 25: 1-8, 2018.
Hiromichi Matsumoto. Molecular and cellular events during blastocyst implantation in the receptive uterus: clues from mouse models. Journal of Reproduction and Development. 63(5): 445-454, 2017.
Miki Takeuchi, Misato Seki, Etsuko Furukawa, Akihito Takahashi, Kyosuke Saito, Mitsuru Kobayashi, Kenji Ezoe, Emiko Fukui, Midori Yoshizawa, Hiromichi Matsumoto. Improvement of implantation potential in mouse blastocysts derived from IVF by combined treatment with prolactin, epidermal growth factor and 4-hydroxyestradiol. Molecular Human Reproduction. 23(8): 557-570, 2017.
Hiromichi Matsumoto, Emiko Fukui, Midori Yoshizawa. Molecular and cellular events involved in the completion of blastocyst implantation. Reproductive Medicine and Biology 15(2): 53-58, 2016.
Akihito Takahashi, Ajalli Rahim, Miki Takeuchi, Emiko Fukui, Midori Yoshizawa, Kuniaki Mukai, Makoto Suematsu, Hidetoshi Hasuwa, Masaru Okabe, Hiromichi Matsumoto. Impaired female fertility in tubulointerstitial antigen-like 1-deficient mice. Journal of Reproduction and Development. 62(1): 43-49, 2016.
Kyosuke Saito, Etsuko Furukawa, Mitsuru Kobayashi, Emiko Fukui, Midori Yoshizawa, Hiromichi Matsumoto. Degradation of estrogen receptor α in activated blastocysts is associated with implantation in the delayed implantation mouse model. Molecular Human Reproduction 20(5): 384-391, 2014.

著書

「最新畜産ハンドブック」(共著、講談社、2014年、pp.376-379).
「目で見る生殖に関連したモデル動物-着床障害モデル動物」(メディカルレビュー社、「Hormone Frontier in Gynecology」第16巻4号、2009年、pp.286-289.).
「新獣医学辞典」(共著、チクサン出版社、2008年).
「新編畜産ハンドブック」(共著、講談社、2006年、pp.88-92).

特許・実用新案・意匠

体外における哺乳動物胚を選別する方法. 特願2019-090768. 2019年.

研究資金

科学研究費補助金(2018年〜2020年)、基盤研究C・代表、テーマ:胚が着床能力を獲得する制御機構の解析と移植する胚の質的評価法の樹立
科学研究費補助金(2013年〜2015年)、基盤研究C・代表、テーマ:胚が着床能力を獲得する制御機構の解析と受胎率を向上させる体外培養系の構築
科学研究費補助金(2010年〜2012年)、基盤研究C・代表、テーマ:遺伝子多型選抜と生殖機能賦活化を併用する優良家畜生産手法の構築
財団法人旗影会研究助成金(2009年)
二国間協力事業(アメリカ合衆国との共同研究 )(日本学術振興会2009〜2010年)
科学研究費補助金(2005年〜2007年)、若手研究 B・代表、テーマ:ノックアウトラット作製が可能なラットES(胚性幹)細胞の樹立

受賞

日本繁殖生物学会 学会賞・学術賞. 2016年.

その他の研究実績

Tinagl1ノックアウトマウスの作製と理研BRCへの寄託. 2016年.

所属学会

日本繁殖生物学会、日本卵子学会、日本畜産学会、日本受精着床学会、日本生殖医学会、日本生殖発生医学会、日本生殖免疫学会、日本獣医学会、Society for the Study of Reproduction

組織・運営情報

全学・部局委員会等

全学:動物実験委員会
農学部:研究推進委員会

学外活動

日本繁殖生物学会(編集委員、プログラム委員、表彰選考委員、評議員)
日本卵子学会(理事、胚培養士認定委員、代議員)
日本受精着床学会(幹事、編集委員)
日本生殖再生医学会(評議員)
日本生殖免疫学会(評議員)