研究者総覧

キーワード検索

基本情報

松井 貴子(マツイ タカコ)

役 職 教授
学 位 博士(学術)
性 別
生 年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス
(※を@にして送信してください)
研究室サイト

所属組織

国際学部 国際学科

地域創生科学研究科・博士後期課程 先端融合科学専攻 グローバル地域デザインプログラム

地域創生科学研究科・博士前期課程 社会デザイン科学専攻 多文化共生学プログラム

学歴

1984年 早稲田大学第一文学部 退学
1989年 東京大学文学部第3類(語学文学) 卒業
1993年 東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専攻修士課程 修了
1996年 東京大学大学院総合文化研究科比較文学比較文化専攻修士課程 修了
2000年 東京大学大学院総合文化研究科博士課程超域文化科学専攻 修了

本学以外の主な職歴

熊本大学助教授

教育活動

専門分野

日本文化、日本文学、比較文学比較文化

主な授業科目

基盤:日本文化A、日本文化B、身体文化A、身体文化B、身体文化C、身体文化D
学部:日本文化論(文学編)、日本文化論(歳時編)、日本文化論演習、卒業研究準備演習、卒業研究
大学院:日本文化研究、日本文学比較文化論

授業内容

日本文学と日本文化の特質について、伝統の継承と断絶、近代化という視点から、アクティブラーニングを取り入れて、講義、演習を行っている。日本の文学と文化に親しみ、文献資料や図像資料を解釈、考察して、的確に論述表現できるようにすることを目指している。

研究活動

専門分野

日本文学について、西洋受容による近代化という視点から、特に俳句における写生概念について研究している。日欧の広範な資料に基づき、文学と美術、両分野の研究を結びつける新規性に加えて、研究と創作を連関させる独創性が評価されている。また、能楽への関心から、身体文化研究も行っている。

学術論文

「志賀直哉のまなざし―母から妻へ、そして、自己から他者へ」(「宇都宮大学国際学部研究論集」第22号、2006年、pp.23-36)
「響き合う句画―子規と不折の《猫・海老・行水・重ね絵》」(「宇都宮大学国際学部研究論集」第23号、2007年、pp.1-15)
「幸若舞「敦盛」から「人間五十年」の試み―チェコでのワークショップを通して」(国際融合文化学会「融合文化研究」第13号、2009年、pp.68-75)
「俳句の特質と季節認識―多文化への発信」(2010世界日本語教育大会 International Conference on Japanese Language Education「多文化の中の日本語教育と日本研究」論文集DVD 2010年 国立政治大学外国語文学院編 大新書局 No.495)
「ハワイの冬の俳句」(「宇都宮大学国際学部研究論集」第33号、2012年、p.47-53)
「アラスカの夏の俳句(1)」(「宇都宮大学国際学部研究論集」第34号、2012年、p.83-88)((4)まで継続)
「加藤楸邨の短歌―短詩としての歌俳」(日本文芸学会「日本文藝學」第54号、2018年、p.23-42)

著書

『写生の変容―フォンタネージから子規、そして直哉へ』(単著、明治書院、2002年)
『ラフカディオ・ハーン―近代化と異文化理解の諸相』(共著、九州大学出版会、2005年)
『日本秀句秀歌の辞典』(共著、小学館、1995年)
『名歌名句大事典 歳時・人・自然』(共著、明治書院、2012年)

研究資金

科学研究費補助金(2009年~2012年予定)、基盤研究C・代表、テーマ:季節感、季節認識に関する比較文化研究―俳句の国際化を視座として
科学研究費補助金(2001年)、研究成果公開促進費・代表、テーマ:「写生の変容―フォンタネージから子規、そして直哉へ」(2002年 明治書院)刊行
宇都宮大学重点推進研究(2008年~2010年)・分担、テーマ:「国際学」としての「多文化公共圏」研究
多摩美術大学芸術人類学研究所フィールドミュージアムネット構想(2006年)・分担
ラフカディオ・ハーンに関する共同研究(熊本大学 2004年~2005年)・分担

受賞

日本比較文学会賞(2003年) 著書「写生の変容―フォンタネージから子規、そして直哉へ」(明治書院、2002年)

その他の研究実績

「糸瓜忌特別展第6回 子規と不折の句と絵のセッション」監修、展示作品解説(共同研究、東京・子規庵、2006年)
第65回企画展「村上鬼城 その生涯と作品」記念講演会「世界の鬼城俳句―はじめの一歩」(2009年5月17日 群馬県立土屋文明記念文学館)
「正岡子規と美術」展ワークショップ「絵画の写生・ことばの写生―絵からはじまる俳句入門」(2012年3月3日 横須賀美術館)
開館40周年企画「ゆく河の流れ―美術と旅と物語」展講演「季節感を作り出すもの―絵の中の四季」(2012年11月11日 栃木県立美術館)

所属学会

日本比較文学会、日本近代文学会、日本文芸学会、俳文学会(編集委員)、子規研究の会(理事)、ヨーロッパ日本研究協会、美術史学会、明治美術学会、国際融合文化学会、比較舞踊学会、国際ダンス医科学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

全学:学術国際委員、留学生専門委員会委員、学務委員
学部・研究科:国際交流委員会委員長、国際交流専攻主任、運営会議、研究報告委員会委員長

学外活動

栃木県文化振興審議会委員
宇都宮大学公開講座コーディネーター「声とことばの表現講座―声とからだと想像力をつかう―」「能を楽しむ」「日本人の身体と生活―「身の処し方」を歴史に学ぶ―」、「からだのメソッド―立居振舞いの技術―」