研究者総覧

キーワード検索

基本情報

金子 亜美(カネコ アミ)

役 職 助教
学 位 博士(学術)
性 別
生 年 1988年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス
(※を@にして送信してください)
kaneko.ami※cc.utsunomiya-u.ac.jp
研究室サイト

所属組織

国際学部 国際学科

地域創生科学研究科・博士前期課程 社会デザイン科学専攻 多文化共生学プログラム

学歴

2011年3月 東京藝術大学音楽学部楽理科卒
2013年3月 東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻文化人類学コース修士課程修了
2019年3月 東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻文化人類学コース博士課程単位取得退学

本学以外の主な職歴

日本学術振興会特別研究員(DC2)
東京海洋大学非常勤講師(スペイン語III, IV)
東洋大学非常勤講師(スペイン語I, II)
東京大学非常勤講師(スペイン語一列、二列)

教育活動

専門分野

文化人類学

主な授業科目

基盤:スペイン語応用
学部:多文化共生基礎C(文化人類学)、民族誌学演習、International Communication Seminar、スペイン語講読

研究活動

専門分野

文化人類学、言語人類学

専門分野(科研費分類)

文化人類学・民俗学

学術論文

「キリスト教化と言語:南米チキトス地方のイエズス会布教区におけるジェンダー指標の用法から」、「特集 指し示すことをめぐるダイナミクス:言語人類学と指標性」より、『文化人類学』84(4): 503-521, 2020.
"Un informe musicológico sobre la música del cabildo indígena en San Ignacio de Velasco." Revista estudiantil de antropología y arqueología. 4:91-98, 2017.
"Diferencia de habla entre hombre y mujer: transformación del significado metapragmático sobre la indicialidad de género en el idioma chiquitano." María Laura Salinas y Fátima Victoria Valenzuela (eds.) Actas de las XVI jornadas internacionales sobre las misiones jesuíticas. Resistencia: Instituto de investigación geohistóricas, pp.132-149, 2016.
「指標的記号形態としての音の研究に向けて:シルヴァスティンのコミュニケーション理論に基づく試論」『音楽学』60(1): 14-29, 2014.

著書

『宣教と改宗:南米先住民とイエズス会の交流史』、風響社、2018。
「ボリビア多民族国」中牧弘允(編著)『世界の暦文化事典』、丸善出版株式会社、pp.392–395、2017。

研究資金

公益財団法人松下幸之助記念財団、松下幸之助国際スカラシップ
公益信託澁澤民族学振興基金、大学院生等に対する研究活動助成
日本学術振興会科学研究費助成事業、特別研究員奨励費
公益財団法人松下幸之助記念財団、研究助成
公益信託澁澤民族学振興基金、国際研究集会参加旅費助成
日本学術振興会、科学研究費助成事業若手研究代表
国立大学法人宇都宮大学ダイバーシティ研究環境推進本部、平成31年度女性教員海外派遣制度(国立研究開発法人科学技術振興機構科学技術人材育成費補助事業、ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ先端型による)

その他の研究実績

【翻訳】ギジェルモ・ウィルデ「第一章 本質的なものと中立的なものの間で:南米植民地の辺境地域における宣教師の知識と適応」金子亜美訳、齋藤晃(編著)『宣教と適応:グローバル・ミッションの近世』、名古屋大学出版会、pp.54-87、2020。

所属学会

日本文化人類学会、日本音楽学会、社会言語科学会

組織・運営情報

学外活動

松下幸之助記念財団フォーラム委員