トピックス

教育 最新情報 研究

〔プレスリリース〕「THE University Impact Rankings 2019 」で宇都宮大学が 101-200位にランクイン

 現在最も信頼されている世界大学ランキングを毎年公表している英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(THE)は昨日、新たにSDGsの取組評価にもとづく「THE University Impact Rankings 2019」を発表し、宇都宮大学は101-200位にランクインしました。日本からは最多の41大学がランクインしており、宇都宮大学の順位は京大、東大、慶応に続く4位に相当します。

 このSDGsSustainable Development Goals, 持続可能な開発目標)は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2030年までの国際目標です。SDGsは、持続可能な世界を実現するために17のゴールと169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず先進国も取り組む世界共通の普遍的な目標です。このSDGsの目標は、宇都宮大学の理念と方針のひとつである「持続可能な社会の形成を促す研究を中心に,高水準で特色のある研究を推進します」に共通することもあり、本学ではすでに「SDGs事例集」をホームページで公表しています。

 今回の「THE University Impact Rankings 2019」はSDGs17の目標のうち、1,2,6,7、1415の6つを除いた11の目標において大学の取り組み状況を評価し、地域社会に根付いた大学の取組に焦点を当て、大学の社会貢献力を重視したランキングとなっています。このため、教育型か研究型か、あるいは文系か理系かリベラルアーツ型かといった区分による差がつきにくくなっています。評価では目標17が必須項目とし、これに評価の高かった3つの目標を合わせて総合評価を行っています。宇都宮大学は目標17101200位、目標8が89位、目標1082位、目標1352位で、総合評価で101-200位にランクインし、これは日本の大学の中で4位に相当しています。

 宇都宮大学はこのようなランキングに一喜一憂することなく、本学の理念と方針に沿って教育と研究を充実・発展させることが最も大切と考えております。

 なお、詳細は「THE University Impact Rankings 2019」HPをご覧ください。

【参考】「THE University Impact Rankings 2019にランクインした日本の大学(詳細はTHEのホームページ参照)

48位 京都大学
52位 東京大学
91位 慶応大学
101-200位
   千葉大学 北海道大学 金沢大学 名古屋市立大学 大阪大学
   創価大学 東京工業大学 宇都宮大学 山口大学 横浜市立大学
201-300位
   広島大学 香川大学 三重大学 大阪市立大学 東京理科大学
301+位
   千葉工業大学 中京大学 中央大学 群馬大学 羽衣国際大学
   国際基督教大学 順天堂大学 神奈川大学 神田外語大学 熊本大学
   関西学院大学 武庫川女子大学 長岡技術科学大学 長崎大学 岡山大学
   大阪府立大学 立命館アジア太平洋大学 成蹊大学 芝浦工業大学
   東北学院大学 東海大学 東京農業大学 鳥取大学