重要なお知らせ

重要

【学生各位】インフルエンザに感染した場合の大学への届け出について

 インフルエンザに感染した場合は、治癒後に「公欠届(感染症)」により、医師の診断書(治癒証明書(コピー可)と共に学生支援課に提出することとなっておりますが、発熱外来の逼迫等を回避するため、国から証明書等の取得を求めないよう要請がありました。つきましては、インフルエンザに感染した場合は、まず、C-Learning等により授業担当教員や指導教員に連絡するとともに、「インフルエンザにおける登学停止期間の考え方」に従って療養し、治癒後、「公欠届(感染症)」と罹患したことを証明する書類と共に学生支援課に提出してください。

公欠届(感染症)
※罹患したことを証明する書類として、処方薬袋写、領収書写又は診療明細書写のいずれかの書類を添付して下さい。

インフルエンザにおける登学停止期間の考え方