研究者総覧

キーワード検索

基本情報

長谷川 光司(ハセガワ ヒロシ)

役 職 教授
学 位 博士(工学)
性 別 男性
生 年 1966年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス
(※を@にして送信してください)
hasegawa※is.utsunomiya-u.ac.jp
研究室サイト

所属組織

工学部 基盤工学科 情報電子オプティクスコース

地域創生科学研究科・博士後期課程 先端融合科学専攻 先端工学システムデザインプログラム

学部附属施設 工学部附属ものづくり創成工学センター

地域創生科学研究科・博士前期課程 工農総合科学専攻 情報電気電子システム工学プログラム

学歴

1994年 電気通信大学大学院電気通信学研究科電子工学専攻博士後期課程 修了

本学以外の主な職歴

電気通信大学助手、放送大学栃木学習センター客員教授

教育活動

専門分野

感性情報学

主な授業科目

学部:信号処理
大学院:音響情報工学,実践経営マネジメント概論

授業内容

現代の情報・通信・映像・音響の工学分野において必須である、周波数解析等の基礎的な知識を身につけさせる。

研究活動

専門分野

音響計測、感性情報処理

学術論文

[1] 長谷川光司、渡邊信一、高木淳二、横田和隆、入江晃亘、杉山均: 宇都宮大学工学部における学科横断的必修科目「創成工学実践」の実施について、工学教育、Vol. 58、No. 4、pp. 21 - 27 (July 2010).
[2] Hiroshi HASEGAWA, Mie SATO, Masao KASUGA, Yoshihide NAGAO, Toru SHONO, Yuka NOROSE, Ritsuya OKU, Akira NOGAMI, Yoshitaka MIYAZAWA: Effects of exposure to advertisements on audience impressions, Kansei Engineering International Journal, Vol. 10, No. 1, pp. 91 - 98 (Dec. 2010).
[3] 添田泰弘、北本拓磨、長谷川光司: おしぼりの温度が感性評価に与える影響について -四季を通しての調査(室温差及び性差)-、日本感性工学会論文誌、Vol. 13、No. 1、pp. 239 - 245 (Mar. 2014).
[4] Hiroshi HASEGAWA, Kasuki ISHIWATARI, Junji YOSHIDA: Ambient illuminance alters perception of auditory-visual simultaneity, Proceedings of Forum Acusticum 2014, R17_1, Krakow, Poland, (Sep. 2014).
[5] Hiroshi HASEGAWA, Shu HATAKEYAMA: Perception of auditory-visual simultaneity changes by illuminance at the eyes, The 23rd International Congress on Sound and Vibration (ICSV23), 636, Athens, Greece, (July 2016).
[6] 日高倫明、大和誠、外山史、長谷川光司: 実験的アプローチによる平板ダイナミックスピーカの設計パラメータの最適化、日本機械学会論文集、Vol. 82、No. 842、p. 16-00140 (Oct. 2016).
[7] Satoru KONDO, Hiroshi HASEGAWA: Sweat absorption reduces the frictional force between a finger pad and the surface of a flat plate, ITE Transactions on Media Technology and Applications, Vol.5, No.1, pp. 17 - 23 (Jan. 2017).
[8] 北本拓磨、松本太輝、六本木誠、渡邊信一、添田泰弘、長谷川光司: レモン香気評価における芳香成分の温度および濃度の影響について、日本感性工学会論文誌、Vol. 16、No. 5、pp. 465 - 471 (2017).

研究資金

研究課題番号:09750070
粘弾性管内の新しい波束の伝搬速度の定義に基づいた測定に関する研究
研究課題番号:13750054
脳血管障害のモデル解析とその無侵襲診断への応用
研究課題番号:15700145
動的マルチメディア環境における視聴覚相互作用に関する研究
研究課題番号:21500194
AVコンテンツの高臨場感再生を指向した視聴覚相互作用およびその感性的評価
研究課題番号:18H03458
伝統工芸品の魅力を発信する多感覚融合ICTシステムの開発

受賞

1995年 日本音響学会粟屋潔学術奨励賞受賞
2007年 The 1st International Conference on the Digital Society 2007 Best Paper Award 受賞
2010年 工学・工業教育研究講演会 Best Presentation Award 受賞
2015年 日本感性工学会論文賞 受賞
2018年 International Workshop on Advanced Image Technology 2018 (IWAIT 2018) Best Paper Award 受賞

所属学会

日本音響学会、映像情報メディア学会、電子情報通信学会、日本感性工学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

2016年- 工学部附属ものづくり創成工学センター長

学長特別補佐(教育DX担当)

学外活動

2007年-2009年 SCOT 理科支援員
2008年-2010年 映像情報メディア学会 論文部門委員
2014年-2015年 映像情報メディア学会 和文論文運営委員会委員
2019年-2012年 電子情報通信学会 東京支部 支部委員
2019年-2022年 栃木県職業能力開発審議委員会委員