研究者総覧

キーワード検索

基本情報

諸星 知広(モロホシ トモヒロ)

役 職 准教授
学 位 博士(工学)
性 別 男性
生 年 1975年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス
(※を@にして送信してください)
研究室サイト http://www.chem.utsunomiya-u.ac.jp/lab/bio/

所属組織

工学部 基盤工学科 物質環境化学コース

研究推進機構 バイオサイエンス教育研究センター

地域創生科学研究科・博士後期課程 先端融合科学専攻 オプティクスバイオデザインプログラム

地域創生科学研究科・博士前期課程 工農総合科学専攻 物質環境化学プログラム

研究推進機構 雑草管理教育研究センター

学歴

1998年 広島大学工学部第三類(化学系)発酵工学課程 卒業
2000年 広島大学大学院先端物質科学研究科分子生命機能科学専攻博士課程前期 修了
2003年 広島大学大学院先端物質科学研究科分子生命機能科学専攻博士課程後期 修了

本学以外の主な職歴

教育活動

専門分野

微生物間コミュニケーションに関するシグナル伝達機構の基礎的解析や、植物保護や環境浄化に関わる微生物の生態や遺伝学的多様性に関する研究を行っています。

主な授業科目

学部:基礎生化学、遺伝子工学、物質環境化学実験
大学院:バイオデザイン・プロセス学

授業内容

生命現象の理解に繋がる基礎的な生化学の講義や、現代バイオテクノロジーの基盤となる遺伝子工学の基礎から応用までの講義を行い、生物と化学の両分野で活躍できる学生の育成を目指します。

研究活動

専門分野

微生物間コミュニケーションに関するシグナル伝達機構の基礎的解析や、植物保護や環境浄化に関わる微生物の生態や遺伝学的多様性に関する研究を行っています。

学術論文

1. R. Sakuraoka, T. Suzuki, T. Morohoshi. Distribution and genetic diversity of genes involved in quorum sensing and prodigiosin biosynthesis in the complete genome sequences of Serratia marcescens. Genome Biol. Evol. 11, 931-936 (2019)
2. T. Morohoshi, Y. Kamimura, N. Sato, T. Iizumi. Distribution and characterization of N-acylhomoserine lactone (AHL)-degrading activity and AHL lactonase gene (qsdS) in Sphingopyxis. J. Biosci. Bioeng., 127, 411-417 (2019)
3. T. Morohoshi, X. Xie, T. Ikeda. N-Acylhomoserine lactone-mediated quorum sensing regulates biofilm structure in Methylobacterium populi P-1M, an isolate from a pink-pigmented household biofilm. Biosci. Biotech. Biochem., 83, 174-180 (2019)
4. T. Morohoshi, T. Oi, H. Aiso, T. Suzuki, T. Okura, S. Sato. Biofilm formation and degradation of commercially available biodegradable plastic films by bacterial consortium in freshwater environments. Microb. Environ., 33, 332-335 (2018)
5. T. Morohoshi, K. Ogata, T. Okura, S. Sato. Molecular characterization of the bacterial community of biofilm for degradation of poly(3-hydroxybutyrate-co-3-hydroxyhexanoate) films in seawater. Microb. Environ., 33, 19-25 (2018)
6. T. Morohoshi, T. Yamaguchi, X. Xie, W. Z. Wang, K. Takeuchi, N. Someya. Complete genome sequence of Pseudomonas chlororaphis subsp. aurantiaca reveals a triplicate quorum-sensing mechanism for regulation of phenazine production. Microb. Environ., 32, 47-53 (2017)
7. T. Morohoshi, N. Sato, T. Iizumi, A. Tanaka, T. Ikeda. Identification and characterization of a novel N-acyl-homoserine lactonase gene in Sphingomonas ursincola isolated from industrial cooling water systems. J. Biosci. Bioeng., 123, 569-575 (2017)

研究資金

科学研究費補助金(2016年~2018年)、基盤研究C・代表
科学研究費補助金(2012年~2014年)、若手研究B・代表
科学研究費補助金(2009年~2011年)、若手研究B・代表
科学研究費補助金(2006年~2008年)、若手研究B・代表
イノベーション創出基礎的研究推進事業(農業・食品産業技術総合研究機構 2010年~2012年)
シーズ発掘試験研究(科学技術振興機構 2007年~2008年)
財団法人発酵研究所平成21年度研究助成(2004年)

受賞

日本生物工学会 第20回生物工学論文賞
環境バイオテクノロジー学会 奨励賞

所属学会

日本生物工学会(代議員)、日本農芸化学会、日本微生物生態学会、日本植物病理学会、環境バイオテクノロジー学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

工学部ものづくり創成工学センター運営委員会委員