研究者総覧

キーワード検索

基本情報

鈴木 拓(スズキ タク)

役 職 助教
学 位 博士(理学)
性 別 男性
生 年 1987年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス
(※を@にして送信してください)
taku.suzuki※cc.utsunomiya-u.ac.jp
研究室サイト https://researchmap.jp/60754885

所属組織

共同教育学部

地域創生科学研究科・博士前期課程 工農総合科学専攻 情報電気電子システム工学プログラム

学歴

2010年 早稲田大学 理工学部 数理科学科 卒業
2012年 早稲田大学大学院 基幹理工学研究科 数学応用数理専攻 修士課程 修了
2015年 早稲田大学大学院 基幹理工学研究科 数学応用数理専攻 博士課程 修了

本学以外の主な職歴

2013年~2015年 日本学術振興会特別研究員
2015年~2018年 早稲田大学 理工学術院 助教

教育活動

専門分野

数学、特に代数学

主な授業科目

学部:代数学基礎、離散数学、代数学Ⅰ、代数学Ⅱ、数学研究セミナー

授業内容

数学の一分野である代数学(簡単に言えば、数や式の性質・扱い方に関する学問)の授業を主に担当しています。数学教育の内容の背景にある理論について学ぶための授業を行っています。

研究活動

専門分野

専門は「代数幾何学」です。これは、多項式の方程式で表される図形を研究対象とする数学の一分野です。その中でも特に、次元の大きい図形の性質を研究しています。

専門分野(科研費分類)

代数学

学術論文

[1] 鈴木拓, 高次元の超曲面で覆われる多様体, 数理解析研究所講究録, Vol.1897, pp.83-90 (2014).
[2] Taku Suzuki, On the Picard number of rationally quartic connected manifolds, International Journal of Mathematics, Vol.25, No.12, 1450109 (2014).
[3] Taku Suzuki, On manifolds swept out by high dimensional hypersurfaces, Journal of Pure and Applied Algebra, Vol.219, No.12, pp.5394-5401 (2015).
[4] Taku Suzuki, An invariant for embedded Fano manifolds covered by linear spaces, Kyushu Journal of Mathematics, Vol.72, No.1, pp.223-230 (2018).
[5] Taku Suzuki, Slope stability for lines on products of Fano manifolds, Mathematical Notes, Vol.103, No.6, pp902-911 (2018).
[6] Taku Suzuki, On the Picard number of Fano 6-folds with a non-small extremal contraction, Journal of Pure and Applied Algebra, Vol.224, No.6, 106252 (2019).
[7] Taku Suzuki and Kiwamu Watanabe, Varieties with nef diagonal, International Journal of Mathematics, Vol.31, No.2, 2050011 (2020).
[8] 鈴木拓, Higher order minimal families of rational curves on Fano manifolds、都の西北代数幾何学シンポジウム2019報告集, pp.73-83 (2020).
[9] Taku Suzuki, Higher order minimal families of rational curves and Fano manifolds with nef Chern characters, Journal of the Mathematical Society of Japan, Vol.73, No.3 (2021).

研究資金

・科学研究費補助金(2013-2014年度)特別研究員奨励費,射影空間の特徴付け
・科学研究費補助金(2015-2016年度)研究活動スタート支援,ファノ多様体のピカール数
・科学研究費補助金(2021-2023年度)若手研究,ファノ多様体のチャーン指標と高階極小有理曲線族の研究

所属学会

日本数学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

教育実践専門委員(令和2~3年度),ICT専門委員(令和3年度)

学外活動

早稲田大学「都の西北代数幾何学セミナー」世話人
作新学院高等学校SSH事業指導