研究者総覧

キーワード検索

基本情報

黒川 亨子(クロカワ キョウコ)

役 職 准教授
学 位 修士(法学)
性 別 女性
生 年 1978年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス
(※を@にして送信してください)
研究室サイト

所属組織

共同教育学部

地域創生科学研究科・博士前期課程 社会デザイン科学専攻 多文化共生学プログラム

学歴

1997年 大阪府立三国丘高等学校 普通科 卒業
2001年 大阪市立大学 法学部 法学科 卒業
2004年 大阪市立大学大学院 法学研究科 前期博士課程 公法学専攻 修了
2010年 大阪市立大学大学院 法学研究科 後期博士課程 法学政治学専攻 単位取得退学

本学以外の主な職歴

教育活動

専門分野

法学、刑事法学

主な授業科目

基盤:日本国憲法
学部:法学概論、法学特講A、法学特講B、小学校社会
大学院:人権と法Ⅰ、人権と法Ⅱ

授業内容

法学を学んでいくうえで必要な能力を修得するとともに、論理的に思考し、法を根拠として説得的に自分の意見を表明できるよう指導しています。

研究活動

専門分野

差別的起訴、訴追裁量、司法取引

専門分野(科研費分類)

刑事法学

学術論文

・黒川亨子「差別的起訴について」刑法雑誌58巻2号180-197頁(2019年)
・黒川亨子「捜査遅延により被告人が少年法の適用を受ける機会を逸したことにつき、捜査の違法性は認めたものの、公訴提起は有効とされた事例」TKCローライブラリー 新・判例解説Watch 刑事訴訟法 No.118(2019年1月)/法学セミナー増刊 速報判例解説 新・判例解説Watch24号191-194頁(2019年4月)
・熊田禎介、黒川亨子、髙山慶子、松村啓子「『深い学び』の実現に向けた社会科教員の養成―中学校社会科各分野の巡検を取り入れた中等社会科教育法Ⅱの実践を通して―」宇都宮大学教育学部教育実践紀要第5号95-102頁(2018年)
・黒川亨子「法教育担当教員研修の実践と課題―教員免許状更新講習を通して―」宇都宮大学教育学部教育実践紀要第3号81-88頁(2017年)
・黒川亨子「捜査方法としてのGPSの利用の可否」法律時報87巻12号117-120頁(2015年)
・黒川亨子「法教育担当教員養成の取組みと課題―模擬評議の実施から見えてきたもの―」宇都宮大学教育学部紀要第64号第1部77-94頁(2014年)
・黒川亨子「差別的起訴と刑の免除―『同様の立場の者』の不起訴の立証による軽犯罪法二条の適用―」大阪市立大学法学雑誌58巻3・4号592-629頁(2012年)
・黒川亨子「差別的起訴の研究(3・完)―アメリカ合衆国における要件論・立証論を中心に―」大阪市立大学法学雑誌55巻1号306-339頁(2008年)
・黒川亨子「差別的起訴の研究(2)―アメリカ合衆国における要件論・立証論を中心に―」大阪市立大学法学雑誌54巻4号1574-1611頁(2008年)
・黒川亨子「差別的起訴の研究(1)―アメリカ合衆国における要件論・立証論を中心に―」大阪市立大学法学雑誌54巻3号1295-1331頁(2008年)
・三島聡、黒川亨子「裁判員制度における評議―裁判官と裁判員とのコミュニケーション―」刑法雑誌46巻3号438-441頁(2007年)
・三島聡、黒川亨子「取調べの可視化」刑法雑誌45巻2号342-345頁(2006年)

研究資金

「協議・合意制度」および「刑事免責制度」に関する訴追裁量のコントロール
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月

その他の研究実績

・「共犯者自白による引っ張り込みが問題となった事例(無罪)-大津地判令和元年9月27日-」第4回刑事訴訟実務と理論研究会(2020年1月)
・「【招待講演】現在(いま)、選択的夫婦別氏制度を論じる意義 ―憲法の人権保障の観点から―」第71回栃木県連合戸籍住民基本台帳事務協議会総会(2018年7月)
・「差別的起訴について」日本刑法学会第96回大会個別報告(2018年5月)
・「差別的起訴について」刑法読書会第569回例会(2018年4月)
・「差別的起訴の立証―『同様の立場の者』をめぐる合衆国判例を中心に―」第25回刑事司法研究会(2016年7月)
・「捜査方法としてのGPSの利用の可否」第19回刑事訴訟法判例研究会(2015年7月)
・「法教育担当教員養成の取組と課題―模擬評議を通じて―」第33回現代刑事法研究会(2014年6月)
・「一部起訴および検察審査会をめぐる問題―新時代の検察官像から―」日本刑法学会第90回大会ワークショップ(2012年5月)
・「裁判員裁判時代の訴追裁量―一部起訴および検審を中心に―」訴追裁量研究会(2012年3月)
・「裁判員裁判時代の訴追裁量―一部起訴および検審を中心に―」第25回現代刑事法研究会(2012年2月)
・「差別的起訴の研究」刑法読書会第477回例会(2008年12月)

所属学会

日本刑法学会、法と心理学会、刑事司法研究会、現代刑事法研究会、刑事訴訟実務と理論研究会、刑法読書会、刑事判例研究会

組織・運営情報

学外活動

・一般社団法人栃木県薬剤師会 学術倫理審査員会 委員(2019年6月から現在に至る)
・獨協医科大学病院 臨床研究審査委員会 委員(2018年4月 から現在に至る)
・栃木県宇都宮市 行政不服審査会 委員(2017年10月から現在に至る)
・栃木県宇都宮市 個人情報保護審査会 委員(2017年10月から現在に至る)
・栃木県宇都宮市 情報公開審査会 委員(2017年10月から現在に至る)
・厚生労働省栃木労働局 栃木地方最低賃金審議会 委員(2017年9月から現在に至る)
・栃木県 介護保険審査会 委員(2013年4月から現在に至る)
・栃木県さくら市 情報公開・個人情報保護審査会 委員(2011年4月から現在に至る)