研究者総覧

キーワード検索

基本情報

田村 匡嗣(タムラ マサツグ)

役 職 助教
学 位 博士(農学)
性 別 男性
生 年 1985年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス
(※を@にして送信してください)
研究室サイト https://www.facebook.com/Food.Distribution.Engineering.Laboratory

所属組織

農学部 農業環境工学科 環境システム工学講座

研究推進機構 バイオサイエンス教育研究センター

地域創生科学研究科・博士前期課程 工農総合科学専攻 農業生産環境保全学プログラム

学歴

2009年 明治大学農学部農芸化学科 卒業
2011年 千葉大学大学院園芸学研究科環境園芸学専攻博士前期課程 修了
2014年 千葉大学大学院園芸学研究科環境園芸学専攻博士後期課程 修了

本学以外の主な職歴

教育活動

専門分野

農産物や食品の加工は,品質,美味しさ,人の健康に深く関係しています.本研究室では単位操作による食品加工を軸にして,(1)食後血糖値の変化に影響する糖質消化性に関する研究,(2)収穫後農産物の品質保持,評価方法およびバイオアベイラビリティに関する研究,(3)栃木県産農産物を使った食品の開発および評価,などのテーマに取り組んでいます.これらの研究を通して,食べる喜びを感じられる食品の開発と,豊かな食生活の創造を目指しています.

主な授業科目

学部:食品システム工学,農産物流通工学
大学院:食品流通工学

授業内容

食品製造の工程を単位操作とそれらの連続的システムとして捉え,食品製造システムについて解説します.

研究活動

専門分野

農産物や食品の加工は,品質,美味しさ,人の健康に深く関係しています.本研究室では単位操作による食品加工を軸にして,(1)食後血糖値の変化に影響する糖質消化性に関する研究,(2)収穫後農産物の品質保持,評価方法およびバイオアベイラビリティに関する研究,(3)栃木県産農産物を使った食品の開発および評価,などのテーマに取り組んでいます.これらの研究を通して,食べる喜びを感じられる食品の開発と,豊かな食生活の創造を目指しています.

学術論文

Masatsugu Tamura, Naoya Takahashi, Takahiro Saito, Satomi Akutsu, Yoshihiro Hoshi, Takemi Okamoto. (2020). Development of dumpling skin rich in barley flour with gluten added. Engineering in Agriculture, Environment and Food, 13(1), 15–22.
Masatsugu Tamura, Yusuke Yoshimura, Takahiro Saito, Takuya Koyama. (2021). Comparison of standard and non-standard buckwheat groats for cooking, physicochemical and nutritional properties, and in vitro starch digestibity. Future Foods, 3, 100029.
Masatsugu Tamura, Chisato Kumagai, Lovedeep Kaur, Yukiharu Ogawa, Jaspreet Singh. (2021). Cooking of short, medium and long-grain rice in limited and excess water: Effects on microstructural characteristics and gastro-small intestinal starch digestion in vitro. LWT-Food Science and Technology, 146, 111379 .

研究資金

科学研究費補助金(2015年~2017年)基盤研究(C)・分担 「蛍光分光法を用いたクラフトビールの酵母活性と品質安定性の数値化」
科学研究費補助金(2018年~2020年)基盤研究(C)・分担 「フレーバーホップの乾燥・添加方法を指標とした苦味と香気成分の見える化」
公益財団法人東洋食品研究所研究助成(2018年)・代表 「大麦ギョウザ皮の開発とその力学物性および機能性の解明」
科学研究費補助金(2019年~2021年)若手研究・代表 「加工操作による植物性食品の糖質消化性のコントロール」
科学研究費補助金(2021年~2023年)基盤研究(B)・分担 「収穫後の加工操作およびその条件が食品の健康機能に及ぼす影響の解明」

そのほか民間企業や地方公共団体との共同研究多数

受賞

2020年農業施設学会学生・若手研究発表会優秀賞(2020)
The 16th IEEE TOWERS WIE Best Award(2019)
2018生態工学会年次大会 講演論文賞(2018)
2017生態工学会年次大会 講演論文賞(2017)
2nd International Conference on Food Properties (iCFP2016) Best paper award on rheological properties track(2016)
2015生態工学会年次大会 講演論文賞(2015)
2015生態工学会年次大会 奨励賞(2015)
The 8th IEEE Tokyo Young Researchers Workshop ぐるなび賞(2011)

所属学会

日本食品科学工学会,日本食品工学会,農業施設学会,農業食料工学会,生態工学会,美味技術学会

組織・運営情報