研究者総覧

キーワード検索

基本情報

栗原 俊輔(クリハラ シュンスケ)

役 職 准教授
学 位 博士(学術)
性 別 男性
生 年 1967年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス
(※を@にして送信してください)
shunsuke※cc.utsunomiya-u.ac.jp
研究室サイト https://www.instagram.com/uu_tea_srilanka/

所属組織

国際学部 国際学科

地域創生科学研究科・博士前期課程 社会デザイン科学専攻 グローバル・エリアスタディーズプログラム

学歴

1990年 専修大学経済学部経済学科 卒業
2000年 米国 School for Intenational Training, Master’s in International and Intercultural Management 修了
2013年 横浜国立大学国際社会科学研究科 修了

本学以外の主な職歴

CARE USA(アトランタ)
JICA専門家(スリランカ)

教育活動

専門分野

国際開発、地域研究、人的資源管理

主な授業科目

基盤:グローバル・ガバナンス論入門
学部:グローバルガバナンス概論
大学院: Globalization and Project Management、Global Management

授業内容

世界での様々具体的な例を挙げながら、世界の急速なグローバル化を背景に、グローバル・ガバナンスとは何か、どのような問題が起きているのかを考えていく。21世紀に入り、南北問題をはじめ、新興国の台頭など、世界のグローバル化はより一層複雑さを増してきている。IT技術の進展とともに世界中の情報ネットワークは途上国においても進歩しているが、その反面経済活動における格差や貿易不均衡、環境問題などは益々深刻になっている。グローバル・ガバナンスとは何か、何が問題なのか、討論を交えながら考えていく。

研究活動

専門分野

国際開発、地域研究: スリランカの紅茶プランテーション労働者コミュニティを中心に、途上国での構造的貧困への有効な支援方法、および国際社会や先進国消費者側コミュニティの効果的なかかわり方
人的資源管理: 宇都宮を中心とした、外国人観光客(インバウンド)対応への学生の役割と社会貢献

学術論文

Citizen for Labor - Policy and practice for structural poverty over Estate Tamils in the tea plantation community of Sri Lanka (2014年 Upcountry Research and Documentation Center, Sri Lanka)
Implications of Identity Politics and Basic Social Services of Estate Tamils in Upcountry Sri Lanka(2011年 横浜国際社会科学研究 第16巻 第3号 pp.71-83)
Tea Estate Plantation Community in Nuwara Eliya District of Sri Lanka(2011年 横浜国際社会科学研究 第15巻 第6号pp.123-135)

著書

スリランカを知るための58章(2013年 明石書店 pp.281-285)

研究資金

国際協力機構(JICA)草の根技術協力事業(草の根支援型)「スリランカ 紅茶プランテーション農園における青年層を活用した学童補習活性化事業」(2017年度-2020年度)

所属学会

国際開発学会、南アジア学会、NPO学会、行動経済学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学長補佐

学外活動

宇都宮市おもてなし推進委員会 おもてなし普及啓発部会 委員