• ホーム
  • TOPICS
  • 猫ひろしさんの学生向け講演会を開催しました
TOPICS

猫ひろしさんの学生向け講演会を開催しました

 平成31年2月8日(金)、芸人の猫ひろしさんを講師にお迎えし、学生向けの講演会「学生生活講習会」を本学峰ケ丘講堂で開催しました。講演会には学生中心に約100名の参加があり、非常に盛況な講演会となりました。

 猫ひろしさんは、芸人でありながら国籍をカンボジアに移してまでオリンピック(マラソン)出場という破天荒な活動を展開されており、今回はオリンピックを目指すドキュメンタリー映画「NEKO THE MOVIE」の上映と講演をいただきました。

 映画は、猫ひろしさんが"なぜ国籍をカンボジアに移してまでオリンピックを目指したのか"をテーマに笑いあり、涙ありの挫折と再起の5年間が描かれており、とても感動的なドキュメンタリー映画でした。

 講演では、ギャグを織り交ぜながらカンボジアの文化等が紹介され、会場は笑いの渦に包まれていました。また、ロンドンオリンピックが内定した際、カンボジアでは好意的に受け入れられたにもかかわらず、国内からは数多くの批判を受けたことや、その当時の苦悩等もお話しいただき、学生たちは真剣な眼差しで聞き入っていました。

 講演後は学生から積極的に質問があり、最後の質問まで真摯にお答えいただきました。参加した学生からは「夢に向かって努力する姿にとても感動した。」等、多数の感想が寄せられました。

【主な感想】
・勇気あるチャレンジ!自分にはできない。
・自分のやりたいことを一生懸命やれることはすばらしい。
・"参加することに意義がある"というオリンピック精神を思い出した。
・四字熟語で表すと「不撓不屈」といったところか。
・年齢を気にせず走り続けることに感動した。
・自分の将来を考えるうえで非常に参考になった。
・今は勉強や部活で結果が出ていないが、もう少し頑張ろうと思った。等



講演風景

学生からは多数の質問が寄せられ、真摯にご回答いただきました。


講演でオリンピックへの熱い思いを語る猫ひろしさん

ページの先頭に戻る