• ホーム
  • TOPICS
  • [ニュース]教員3名が学長へ各賞受賞報告しました
TOPICS

[ニュース]教員3名が学長へ各賞受賞報告しました

   宇都宮大学では10月27日学長室において、9月から10月にかけて各方面で表彰を受けた教員ら3名が学長へ受賞報告を行いました。
   工学研究科の尾崎功一教授は「モジュール分散協働型収穫支援ロボットシステム(自走式イチゴ収穫ロボット)」による第7回ロボット大賞(文部科学大臣賞)、農学部の松本浩道准教授は「マウスにおける胚の着床能力獲得および子宮側胚許容の分子機構に関する研究」による2016年度日本繁殖生物学会「学会賞・学術賞」、バイオサイエンス教育研究センターの謝肖男助教は「根寄生植物の種子発芽刺激物質ストリゴラクトンの構造解析研究」による平成28年度日本農学進歩賞の受賞報告をそれぞれ行いました。
   引き続き、昼食をとりながら研究の苦労や今後の予定、目標などの意見交換を行うとともに、宇都宮大学への要望や期待などについて意見交換を行い、石田学長から激励と今後の取り組みへの大きな期待が語られました。
 
161027jusyohokoku.png
左から松本准教授、謝助教、石田学長、尾崎教授

ページの先頭に戻る