TOPICS

平成28年 石田学長年頭挨拶

   明けましておめでとうございます。
160101nentoaisatsu.jpg
   皆さん、それぞれ晴れやかな新年を迎えられたことと思います。 平成28年の仕事始
めにあたり、ひとことご挨拶を申し上げます。
 
   さて、皆さんご存知の通り、国立大学に対する社会からの期待、その裏返しとしての厳しい眼が続いています。平成24年の大学改革実行プランに始まり、ミッション再定義に基づいた各大学の機能強化、それを実施する上でのガバナンス機能や評価体制の見直しなど、私たちは今、日本の高等教育の歴史的な変革期に立っているのかも知れません。さらに国の財政が厳しい中で、財務省からは運営費交付金の1%削減を今後15年間続けるという提案がなされました。幸いにも、国大協を通しての働きかけもあって、当面28年度について、国立大学全体の運営費交付金の総額は維持されましたが、そこには機能強化の程度に応じて配分率が変わるという考えが導入され、質の高い教育研究を維持する予算を確保するには、今まで以上に厳しい競争的環境になったとも考えられます。
 
   こうした中にあって、昨年は宇都宮大学が大きく評価される年になりました。年末にお送りした十大ニュースでもお伝えしましたが、地域デザイン科学部の設置計画、教職大学院や先端光工学専攻の新設などのさまざまな改革、さらにはグローバルサイエンスキャンパスやCOC+、グローバル人材育成プログラムの採択など、3C(Challenge「挑戦し」、 Change「自らを変え」、 Contribute「社会に貢献する」)精神によって変わり続けようとする宇都宮大学の挑戦が具体的な形になって現れてきました。そうして、挑戦の成果は嬉しい3つニュースに繋がりました。一つ目は新学部設置関係で27年度の運営費交付金を大幅に追加して頂いたことで、既に皆さんご存知の通りです。二つ目が大きな驚きでした。昨年のクリスマスイブの夕刻に、新学部校舎の建設費が28、29年度の当初予算の中で措置されるという、期待以上のクリスマスプレゼントを頂きました。更に翌日クリスマスの日には、29年度の基幹運営費交付金の増額提示もありました。このように、厳しい競争的環境の中にはありますが、本学は今までにない良い位置に立つことができました。これも、全て教職員皆さん方のご努力とご協力の成果であり、本当に感謝しております。
 
   新年度からは、新学部も加わった5学部体制で、第三期中期目標期間がスタートします。第三期に向けて本学は、地域の知の拠点として、「行動的知性」を備えて社会に貢献する人材の育成、独創的かつ特徴のある知の創造、地域に寄り添いつつ双方向性を高めた貢献という3点を柱にして、5つの戦略をたてました。即ち、地域の知の拠点形成、地域人材育成の基盤強化、グローカルリーダーの育成、地域イノベーションの創出、ガバナンスや人事給与システムの改革という5つを有機的に実行し、地域活性化の中核拠点としての機能を強化しようとするものです。この目標や戦略を実現するには、既に始まっている新たな活動を確実に実施すると共に、みなさんと力を合わせて新しい挑戦を続ける必要があります。4月からは新学部が動き出し、国際学部改組の議論も進んでいます。また、全学の教育を全教員で支え合い、あらたな教育・研究分野を柔軟に支えるため教教分離を実施し、それをベースにした新大学院設立の議論も始めたいと思います。その他、多くの挑戦を今後とも進めていかなければなりません。
 
   第三期中期目標期間は、それぞれの大学が存続をかけて強みや特色を伸ばす時期であり、その成果が厳しく問われる期間です。先ほどもお伝えしたように、宇都宮大学は昨年までの挑戦や5戦略の評価等も含め、第三期のスタートに向けて、非常に良いスタートラインに立っており、今までの流れを更に加速していくことが必要です。どうか、それぞれの方々が、それぞれの立場や分野で、本学の目指す目標に向けて力を発揮して頂きたいとお願いする次第です。新年にあたり、学長として改めて気持ちを引き締め、みなさんと力を合わせ、より良い大学づくりに励んでいきたいと思いますので、今年も、どうかよろしく願いいたします。今年が皆さんにとって、そして宇都宮大学にとって、更に佳い年になりますようお祈りし年頭のご挨拶といたします。

ページの先頭に戻る