• ホーム
  • TOPICS
  • グローバルな「ものづくり」教育: 平成26年度宇都宮大学学長支援プロジェクト『災害時「ものづくり」と地域協力体制確立』第3回ワークショップを開催します
TOPICS

グローバルな「ものづくり」教育: 平成26年度宇都宮大学学長支援プロジェクト『災害時「ものづくり」と地域協力体制確立』第3回ワークショップを開催します

グローバルな「ものづくり」教育:

平成26年度 宇都宮大学学長支援プロジェクト『災害時「ものづくり」と地域協力体制確立』

第3回ワークショップ開催

来る1/10 ~ 1/16に標記のイベントを開催いたします。この催しはアジア各国の大学生・大学院生・教員と本学の学生・教員が協力して、「ものづくり」をキーワードとして共通の課題解決に取り組むものです。9月のベトナム訪問ワークショップ、10月の宇都宮大学でのシンポジウムに続き、宇都宮大学でワークショップを開催します。

宇都宮大学ではこのような取り組みを通じて、グローバルかつボーダーレスな環境で「共創」のできる若者を育てています。 (この催しは独立行政法人・日本学生支援機構および宇都宮大学学長支援経費のご支援を受けています)

 

○1月10~1月13日 ワークショップ

  「災害時ものづくり」をキーワードに、各国からの学生と本学の学生が協力して
「ものづくり」や「ことづくり」を実践します。
 

○1月14日~1月16日 ウォークラリーなど
   災害を想定した避難と情報収集の訓練を行います。

問い合わせ先:工学部ものづくり創成工学センター(電話028-689-7070)

(主催:災害時ものづくりシンポジウム・ワークショップ実行委員会、共催:ものづくり創成工学センター)
 

ページの先頭に戻る