• ホーム
  • TOPICS
  • 見形塩谷町長が宇都宮大学船生演習林を視察
TOPICS

見形塩谷町長が宇都宮大学船生演習林を視察

見形塩谷町長が、宇都宮大学船生演習林が「森林管理認証」(『緑の循環』認証会議(SGEC))の認証(全国の大学演習林としては初めて個別認証)を取得したことを受け、平成26年12月1日(月)に同演習林を視察されました。塩谷町長は、南団地2林班伐採地でのタワーヤーダやプロセッサを使っての施業状況、長伐期施業試験林の100年スギ・ヒノキ群、北団地4林班にある見晴台、8林班伐採地及び新植地など、約2時間にわたって視察され、大学演習林として研究・実習用等に適正に管理された森林や、日頃の技術職員等の質の高い管理業務を高く評価されました。

 
 
100年スギ・ヒノキ群を視察する見形塩谷町長(右から2人目)
enshurin_20141201.jpg

ページの先頭に戻る