TOPICS

平成21年度入学式「学長式辞」

 本日,宇都宮大学の学部及び大学院に入学された1,451名の皆さん,ご入学おめでとうございます。宇都宮大学の教職員一同は,皆さんの入学を心から歓迎いたします。また,本日まで新入生諸君を温かく見守り,そして支援してこられたご家族の皆様に,心からお祝い申し上げますと共に,皆様の大切なご子弟の教育は責任をもって行わせていただきますことをここでお約束いたします。
 皆さんが入学された宇都宮大学は,136年前の明治6年に始まる類似師範学校を源流としています。昭和24年に,当時の学芸学部,農学部の歴史を引き継ぎ,2学部から成る新生の国立宇都宮大学が発足しました。その後,昭和39年に工学部が,平成6年に国際学部を設置し,4学部からなる総合大学として今日に至っております。教育学部は136年,農学部は87年,工学部は45年,国際学部は旧教養部時代から数えて41年の歴史をもっています。この間,50,489 名の卒業生・修了生を世に送り出しました。卒業生・修了生はその時代の社会の第一線で活躍されました。また,活躍されておられます。宇都宮大学は,今後もこの輝かしい伝統を守るために,教職員一同は力を合わせて,皆さんが立派な社会人,教育者や技術者,研究者へと成長されるように支援していく覚悟でおります。

 宇都宮大学は,「地域に学び,地域に返す,地域と大学の支え合い」を地域連携の基本姿勢として,自ら築いた教育と研究の成果を社会に発信し,成果の還元に務めています。平成18年に,日経グローカルが実施した全国の国公私立大学「地域貢献度」の調査結果により,宇都宮大学は全国総合第1位の栄誉に輝きました。以後,毎年トップレベルに位置づけられています。今後もフロントランナーとして走り続けるために教職員一同は一生懸命に頑張ります。
 また,宇都宮大学は,キヤノン株式会社との連携により,平成19年4月に光(ひかり)に関する科学研究と技術開発を推進するオプティクス教育研究センターを設置しました。今年の10月には4階建ての新センタービルが完成する予定です。このセンターにはすでに学部,博士前期課程及び博士後期課程の学生が学んでおり,世界的な先端研究の推進のみならず,教育施設としても大いに期待されています。世界トップレベルのセンターに成長させるべく全力を挙げて支援しているところです。

 学部に入学された皆さん。大学の教育は,教養と専門の教育からなります。教養教育は専門教育の基礎であると同時に,皆さんの世界観の形成と人間性の涵養に大きな役割をはたし,如何に生きるかに指針を与えるでしょう。宇都宮大学は,大学の宝である学生への支援を最優先課題として様々な工夫を凝らし,皆さんが勉学に励むことができる環境を整えています。宇都宮大学には多くの優れた教員が在籍し,意欲的に独創的な研究を進めており,学生の教育にも熱心に取り組んでいます。皆さんが宇都宮大学に入学したという誇りを忘れず,大学で学ぶ目標をしっかりと立てられ,新しい環境の中で夢と希望と信念を持って積極的に行動するならば,自分が捜し求めているものを必ず見つけ出すことができます。
 皆さん,国際的に活躍できる職業人になるためには,専門分野の知識や技術を身に付けただけでは十分でなく,世界の文化を理解し尊重して,交流ができ,より良い人間関係を築くことのできる幅広い教養を身に付けることが必要です。
 皆さんはこれから教養教育科目を履修し,人間としての基礎を身に付けることになります。宇都宮大学には,大学教育の初期導入を目的とした初期セミナーが設けられており,いろいろなテーマの講義が開講され,学習の方向付けを学びます。教養教育科目では,広い視野と豊かな人間性を養うことを目的に豊富な科目が用意され,物事の見方や考え方を広げられるようになっています。その1つに「キャリア教育」があります。キャリア教育は,社会で働くことの意味や職業観の形成を通して,適性や勉学の意義を見いだし,主体的に大学生活を送るための科目です。また,「キャリア教育・就職支援センター」が設置されており,キャリア教育とともに皆さんの就職活動を支援する体制も整えられています。

 宇都宮大学では,昨年度に英語教育の大改革案を策定しました。今年度は実行の年です。学部新入生の皆さんは,その第一期生になりますので,大いに期待してください。また,この改革により,全ての学生が,英語によるコミュニケーションが可能となることを願っています。
 しかし,講義を受けるだけの受け身姿勢では実践的な幅広い教養を身に付けることはできません。入学後は,他学部の学生と積極的に交流を深め,心を開いて話ができる友人を多くつくって下さい。自分自身の視野を広げ,交流の輪を広げるためにも,スポーツ・読書・旅行・音楽・美術・社会問題など,専門分野以外にも興味と関心を持つように心掛けて下さい。課外活動やボランティアなどの社会活動に積極的に参加して,人との出会い,語らい,助け合い,お互いの切磋琢磨によって,他の人の悩みを受け止められる人間へと自己を形成していってください。
 ところで,目標が高ければ高いほど,夢と期待が大きければ大きいほどその実現には困難が伴い,ときには悩み,迷い,助けが必要になる場合があります。そんなときには遠慮なく教職員に声を掛けて下さい。宇都宮大学の教職員は親身になって支援します。ドイツの偉大な詩人ゲーテは,「人間は努力する限り迷うものだ。」と言っています。悩み迷っていることが,実は努力し,人間として成長していることの証でもあります。

 大学院に入学された皆さん,高い目標を実現するには,相応の心構えが必要です。向上心を忘れず,幅広い視野を持って多方面から物事を探求する姿勢を持ち続け,国際レベルの研究を目指して下さい。大学は学問の府であると同時に,社会のための大学を,その存在理由としています。大学は,学問の伝統を守りながら,その時代その時代の社会の要請に応えてきました。皆さんが生き抜く21世紀の今,私たちは,資源,エネルギー,食料,人口,環境などのこれまで人類が経験したことの無い地球規模での問題に直面しています。国内にあっては,少子高齢化,世代間の断絶など,問題が山積しています。私たちを取り巻く情勢は,大きく変化しつつある中で,社会のための大学の役割はいよいよ大きく,複雑な問題の解決には,これまでの学問領域の枠組みを超えた,幅広い知識とそれを活用する能力を養うことが求められています。そして,このような諸問題に立ち向かい,少しでも現状を改善し,未来に良き財産を残そうとする活動も多くの方面で行われています。本日入学された皆さんは旺盛なチャレンジ精神を持って,何事にも積極的に取り組み,地域の,日本の,そして世界の中核となり,世界平和と人類の福祉に貢献できることを目指して,教養を高め,知識,技術の修得に励んでいただきたいと思います。地域の未来,日本と世界の未来は,皆さんの双肩に掛かっています。信念と希望と勇気,夢を持って応えてくれることを期待しています。大学はこの基礎をつくる学府です。フランスの偉大な細菌学者パスツールは,「幸運の女神は,よく準備された人の心にのみ訪れる」と言いました。このことを肝に銘じて,学びの世界を歩んで行かれることを念願しています。

 留学生の皆さん。宇都宮大学は,世界21カ国,47大学との国際交流協定を結んで積極的に活動しています。320名余の留学生が宇都宮大学で学んでいます。留学生の皆さんは,言葉や文化,生活習慣,食べ物も異なる国で勉学に励むのにはそれなりの努力が必要ですが,宇都宮大学で学ぼうと決意された時の大きな夢と信念を忘れずに,目標を達成する強い意欲を持ち続けて下さい。宇都宮大学は皆さんが必要とする支援は可能な限り行います。そして,多くの友人,知人をつくり,宇都宮大学で学んだ成果とともに,たくさんの良い思い出を作って下さい。

 宇都宮大学が位置する宇都宮市は,北関東の交通の要に位置しています。日光連山を遠くに見わたせるキャンパスは,広々とした美しい自然環境のなかにあります。そこでの学生生活,人との交流,文化芸術との出会いは,皆さんの勉学を一層実りあるものにしてくれるでしょう。

 最後になりましたが,本日御臨席いただきました御来賓の皆様を始め,御家族の皆様方には,本日,晴れがましい姿で並んでいる新入生諸君の成長を温かく見守っていただきたいと思います。宇都宮大学に入学された1,451名の皆さんの今後の成長と発展を期待して,入学式の式辞と致します。
 
 shikiji-nyugaku-21-1.jpg
 

ページの先頭に戻る