基本情報

山岡 暁(ヤマオカ サトシ)

役 職 教授
学 位 工学博士
性 別 男性
生 年 1959年
研究室電話番号 028-689-6213
研究室FAX番号 028-689-6213
メールアドレス yamaokast※cc.utsunomiya-u.ac.jp

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・地域デザイン科学部 社会基盤デザイン学科

学歴

東京工業大学大学院 理工学研究科 土木工学専攻修士課程修了, 1985
立命館大学, 工博乙第512号, 2012

本学以外の主な職歴

株式会社ニュージェック, 中部電力

教育活動

専門分野

土木材料・施工・建設マネジメント, 土木環境システム, エネルギー学, 環境影響評価, 国際協力

主な授業科目

基盤:建設学序論, 建設学概論

授業内容

社会基盤整備を進めるには、技術開発と適用・ライフサイクルコスト・環境社会配慮の3つの観点に基づいて、プロジェクトをマネジメントすることが重要であり、そのための基礎知識と応用力を習得できるようにします。国内外の社会基盤整備を対象としたプロジェクトマネジメントに関する研究をもとに授業を行っています。

研究活動

専門分野

建設マネジメント, 環境影響評価, 国際協力

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

1) Satoshi Yamaoka, Katsushige Morita:Development and application of sediment simulation system, International Congress on Conservation and Rehabilitation of Dams, pp.389-397, 2002.11.
2) Satoshi Yamaoka:Economic RCC Mix Design using poorly-shaped aggregates, International Congress of Large Dam 21st Conference, pp.1469-1488, 2003.6.
3) Satoshi Yamaoka, Netto Mulyanto:First pumped storage plant for Indonesia, HYDRO2007, No.10.9, 2007.10.
4) 山岡暁, 井根健:ダム基礎の地震計設置位置に関する一考察,第6回ダム工学研究発表会, pp.28- 30, 1995.11
5) 山岡暁:情報化社会における土木のあり方(佳作入選論文),土木学会関西支部創立70周年記念事業,1997.10.
6) 小島朗史, 梅野修一, 上園晃, 山岡暁: 神戸港湾島トンネルにおける高流動コンクリートの施工管理システム, 土木学会論文集, 第609号VI-41, pp.15-27, 1998.12.
7) 山岡暁, 丸清美, 佐野裕一, 平川芳明:アッパーチソカン揚水発電所の計画と設計, 土木学会(第38回岩盤力学シンポジウム), pp.69-74, 2009.1. 他

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

受賞

その他の研究実績

所属学会

土木学会,日本ダム協会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学外活動