基本情報

中島 史郎(ナカジマ シロウ)

役 職 教授
学 位 博士(農学)
性 別 男性
生 年 1963年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・地域デザイン科学部 建築都市デザイン学科

学歴

1987年東京大学農学部林産学科卒業
1989年東京大学大学院農学系研究科林産学専攻修士課程修了
1992年東京大学大学院農学系研究科林産学専攻博士課程修了

本学以外の主な職歴

建設省建築研究所
独立行政法人建築研究所

教育活動

専門分野

建築再生 建築リサイクル 木造建築

主な授業科目

基盤:情報処理基礎
学部:卒業研究、卒業設計、建築コンバージョン論、建築リサイクル学
大学院:木造建築特論

授業内容

基盤教育科目の情報処理基礎においてパソコン操作の基本についての授業を行っている。また、卒業設計と卒業研究の指導を行っている。さらに、大学院において木造建築全般についての講義を行っている。

研究活動

専門分野

木質構造材料,木造建築,資源利用

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

中島史郎,李元羽,相馬智明,国崎祐樹,山口修由,中川貴文:木質構造材料の強度の推定方法が荷重継続時間に係る調整係数の評価に及ぼす影響,日本建築学会技術報告集,第17巻,第35号,pp. 123-126,2011.
中島史郎,多葉井宏,中川貴文,染谷俊介,平出 務,浜田耕史,渡辺 徳明,伊藤 弘:鋼構造躯体の施工におけるICタグを利用した品質管理支援技術の開発,日本建築学会技術報告集,第17巻,第35号,pp. 21-26,2011.
中島史郎,大橋好光,齋藤百樹,根本泉,橋本敏男,恒次祐子,古賀純子,中川貴文,根本かおり:伝票を利用した木造躯体の炭素収支算定手法の開発,日本建築学会技術報告集,第18巻,第38号,pp. 37-42,2012.
中島史郎,宮武敦,渋沢龍也,荒木康弘,山口修由,孕石剛志,安藤直人,安村基:スギを用いて製造したCLTの長期鉛直荷重に対する力学的特性,木材工業,Vol.68,No.11,pp. 538-543,2013.

著書

「木材科学ハンドブック」(共著,朝倉書店,2006年)
「木質構造設計基準・同解説 -許容応力度・許容耐力設計法-」(共著,日本建築学会,2006年)
「.森林と木材を活かす大辞典」(共著,産調出版,2007年)
「木質構造の設計 学びやすい構造設計」(共著,日本建築学会関東支部, 2008年)
「集成材建築物設計の手引き」(共著,大成出版社,2012年)
「新・木質構造設計読本」(共著,井上書院,2012年)

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2013~2015年度),基盤研究(C),代表,木質複合材料実大材のクリープ破壊に及ぼす水分の影響の解明と予測.

科学研究費補助金(2016~2019年度),基盤研究(C),代表,木質構造の接合部のクリープ破壊に及ぼす水分の影響の解明と予測.

受賞

日本木材学会奨励賞(1992年)
一般社団法人石膏ボード工業会特別功労賞(2010年)
独立行政法人建築研究所理事長賞(2013年)

その他の研究実績

所属学会

日本建築学会
日本木材学会
日本材料学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学外活動