基本情報

郡 公子(コオリ キミコ)

役 職 教授
学 位 工学博士
性 別 女性
生 年 1955年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://kohri-laboratory.com/

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・地域デザイン科学部 建築都市デザイン学科

学歴

1979年 早稲田大学理工学部建築学科 卒業
1981年 早稲田大学大学院理工学研究科建設工学専攻修士課程 修了

本学以外の主な職歴

株式会社大林組

教育活動

専門分野

建築学・建築環境・設備

主な授業科目

学部:設備工学I・II・III、建築環境実験
大学院:環境設備特論、建築設備工学特論

授業内容

人の生活と活動に必要な建築設備システムの構成と機能や、環境設計法とエネルギー有効利用法の原理を講義します。地球環境や都市環境と調和し、健康な環境を提供する「環境建築」を目指す実務者・研究教育者を養成します。

研究活動

専門分野

建築エネルギーと室内環境のシミュレーション法、ガラスファサードの熱設計法、ガラス建築・アトリウム建築の環境計画法、環境建築の評価法について、理論、シミュレーション、実験・実測の幅広い手法を駆使して研究しています。

専門分野(科研費分類)

建築環境・設備

専門分野(Read分類)

建築環境・設備

学術論文

1)熱負荷計算のための窓性能値に関する研究 第3報 ダブルスキン、エアフローウィンドウの熱性能式の提案、日本建築学会環境系論文集、No.682、pp.997-1002、2012年
2)建築総合エネルギーシミュレーションツールBESTにおける設計用最大熱負荷計算法に関する研究、空気調和・衛生工学会論文集、No.164、pp.19-26、2010年
3)冷房設計用h-t基準、Jc-t基準、Js-t基準気象データの提案、日本建築学会環境系論文集、No.599、pp.89-94、2006年
4)ペリメータレス空調のための窓システムの評価に関する研究、日本建築学会計画系論文集、No.539、pp.7-13、2001年
5)温熱環境とエネルギー消費量の同時評価法に関する研究、日本建築学会計画系論文報告集No.365、pp.40-48、1986年

著書

試して学ぶ熱負荷HASPEE~新最大熱負荷計算法~(共著、2012年、丸善)
見る・使う・学ぶ環境建築(共著、2011年、オーム社)
空気調和・衛生工学便覧第14版 1基礎編(共著、2010年、丸善)
熱負荷のしくみ(共著、2009年、オーム社)
拡張アメダス気象データ 1981~2000(共著、2005年、気象データシステム)

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金 
基盤研究A・分担・1件、基盤研究B・分担5件、基盤研究C・代表・10件

受賞

日本建築学会賞(技術)(2017年)
日本建築学会賞(論文)(2006年)
日本建築学会奨励賞(1999年)
空気調和・衛生工学会賞技術賞(技術開発部門)(2016年)
空気調和・衛生工学会賞論文賞(2016年、1989年)
空気調和・衛生工学会功績賞(2006年)
空気調和・衛生工学会賞技術賞(建築設備部門)(2002年)
JABMEE(建築設備技術者協会)環境技術優秀賞(2009年)
宇都宮大学ベストレクチャー賞(2014年、2013年)

その他の研究実績

所属学会

日本建築学会、空気調和・衛生工学会、ASHRAE(米国空調冷凍学会)

組織・運営情報

全学・部局委員会等

建築都市デザイン学科長(2016)

学外活動

日本建築学会理事(2014~2015年)
日本建築学会大賞選考委員会委員(2014~2015年、2011年)
日本建築学会賞選考委員会論文部会長(2011年)
建築設備技術会議企画委員会委員長(2015~2016年)
栃木県建設工事紛争審査会委員(1991~2006年)