基本情報

藤本 郷史(フジモト サトシ)

役 職 准教授
学 位 博士(工学)
性 別 男性
生 年 1978年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・地域デザイン科学部 建築都市デザイン学科

学歴

2001年3月 東京大学 工学部建築学科 卒業
2006年3月 東京大学 大学院工学系研究科建築学専攻 博士課程 修了

本学以外の主な職歴

教育活動

専門分野

建築材料学、建築物の施工・維持管理・解体

主な授業科目

基盤:新入生セミナー
学部:創成工学実践、建築学概論、建設図学II、建築材料実験、構法設計、建設学序論、建築学卒業研究、建築学卒業設計
大学院:構法設計法特論

授業内容

建築の材料、構工法、図学などについて講義・演習を担当している。

研究活動

専門分野

建築材料製造における環境配慮
建築物の適切な維持管理のための劣化検知
建築物の解体工事における労働安全
建築・土木構造物に関連する材料のストック・フロー推計

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

藤本郷史、 平原悠生、 大久保孝昭:鉄筋コンクリート部材内に埋設されたRFIDタグとの通信性能を指標とした非破壊な鉄筋腐食検知(日本コンクリート工学協会年次論文集、2013年7月)
藤本郷史:工事写真における編集痕跡検出技術の要件分析および要件に適合した塗り潰し編集検出技術の開発と検証(日本建築学会構造系論文集、Vol.77、No.674、pp.1221-1228、2012年4月)
藤本郷史、野口貴文: 生コンクリート製造における消費電力量の定量化手法および時間依存特性を利用した省エネルギーポテンシャルの推計(日本建築学会構造系論文集、Vol.76、No.665、pp.1221-1228、2011年7月)
藤本郷史、橋本勝由、賀谷隆人、大久保孝昭:乾式砕砂における細粒・微粒分の粒度分布がコンクリートのフレッシュ性状に与える影響(日本コンクリート工学協会年次論文集、Vol.32、No.1、pp.95-100、2010年7月) など

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2013~2015年度)基盤研究A(課題番号:25241027, 研究代表者:松野泰也東京大学准教授)分担
科学研究費補助金(2012~2014年度)若手研究B(課題番号:24760454)研究代表者 など

受賞

平成19年度 前田工学賞(単独)
コンクリート工学協会 2010 年次論文奨励賞(筆頭)
Award of Excellency in Research (共著,International Conference on SBA 2007)

その他の研究実績

所属学会

日本建築学会、日本コンクリート工学会、日本建築仕上学会 など

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学外活動