基本情報

塚本 純(ツカモト ジュン)

役 職 教授
学 位 経済学修士
性 別 男性
生 年 1957年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・地域デザイン科学部 コミュニティデザイン学科

学歴

1981年 東北大学経済学部経済学科 卒業
1983年 東北大学大学院経済学研究科経済学専攻博士課程前期 修了
1986年 東北大学大学院経済学研究科経済学専攻博士課程後期 退学

本学以外の主な職歴

長野経済短期大学助教授

教育活動

専門分野

経済学(理論経済学・経済政策論)

主な授業科目

基盤:経済分析入門
学部:経済学概論、経済政策論、地域公共領域入門演習
大学院:経済学特論II

授業内容

専門の理論経済学を基礎として、経済理論および経済政策に関する基礎的な講義を中心に行っています。数理的な内容は不可避ですが、授業ではイメージできる説明を工夫し、バランスよい柔軟な思考を身に付けてもらうよう努力しています。

研究活動

専門分野

経済の実態を経済変数の数量的変化として捉えたモデルを用いて分析しようという理論経済学が専門です。とくに経済全体の景気変動や経済成長を扱うマクロ経済学について、政府の行う政策が経済に与える効果を分析しています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「自由交換の概念としての市場原理 - 教育対象の観点から - 」 宇都宮大学教育学部紀要第60号第1部、PP. 27-38、2010年3月
「内生的経済成長の類型と政策の効果 - 家計の選択へ影響を及ぼす政策を分析するにあたって - 」 宇都宮大学教育学部紀要第58号第1部、pp. 99-116、2008年3月
「中等教育における経済教育 - 高等学校生徒向け授業公開から - 」 宇都宮大学教育学部教育実践総合センター紀要第31巻、pp. 157-164、2008年7月
「公的年金制度のマクロ経済へ与える長期的効果」 宇都宮大学教育学部紀要第56号第1部、pp. 65-78、2006年3月

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本経済学会、日本ファイナンス学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

全学:学長特別補佐、教育企画会議委員

学外活動

栃木県情報公開審査会会長
宇都宮市水道料金等審議会委員