基本情報

阪田 和哉(サカタ カズヤ)

役 職 准教授
学 位 博士(経済学)
性 別 男性
生 年 1971年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://www.cc.utsunomiya-u.ac.jp/~k-sakata/index.html

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・地域デザイン科学部 コミュニティデザイン学科

学歴

1995年 東北大学理学部 退学
1998年 東北大学経済学部経済学科 卒業
2000年 東北大学大学院経済学研究科経済学専攻博士前期課程 修了
2006年 東北大学大学院経済学研究科経済学専攻博士後期課程 修了

本学以外の主な職歴

株式会社三菱総合研究所
財団法人日本総合研究所

教育活動

専門分野

土木計画学、応用経済学

主な授業科目

基盤:応用経済学入門
学部:建設経済学、建設マネジメント、環境経済学
大学院:建設経済学特論

授業内容

将来、公共事業に携わる可能性の高い建設工学コースの学生に対し、公共性や公平性・効率性に関する経済学的な考え方を身につけられるよう、経済学の基礎を踏まえ、事業評価の手法、考え方などを主な題材として講義しています。

研究活動

専門分野

公共事業等の社会資本整備やまちづくりに関する事業について、費用便益分析などの経済的な観点からの評価手法の高度化のための研究を行っています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「道路整備による死亡リスク削減便益の計測:ウツタイン統計データによる救命曲線の推定」(共著、高速道路と自動車、2011年、投稿中)
「イベントのインパクト分析 ~「とちぎファームフェスタ2005」をケーススタディとして~」(共著、土木計画学研究・論文集Vol.24、No.2、2007年、 pp.371-380)
「Evaluation of Value of Travel Time Saving for Intra-/Inter-city Trip Using RP/SP Data」(共著、 Proceedings of the 11th World Conference on Transport Research、2007年)
「社会資本ストックの社会的割引率に関する実証的研究」(共著、応用地域学研究 第7号、2002年、pp.99-109)

著書

「港湾投資の評価に関する解説書」(共著(分担執筆)、(財)港湾空間高度化環境研究センター、2002年)

特許・実用新案・意匠

研究資金

高速道路関連社会貢献協議会研究助成(2010年~2011年)
真岡市地域公共交通総合連携計画策定調査(真岡市との共同研究、2010年)

受賞

その他の研究実績

所属学会

土木学会、応用地域学会、日本計画行政学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

全学:キャリア教育WG委員、創成工学実践専門委員会委員

学外活動

国土交通省関東地方整備局鬼怒川ダム統合管理事務所総合評価審査分科会委員
国土交通省関東地方整備局湯西川ダム工事事務所総合評価審査分科会委員
下野市入札適正化委員会委員