基本情報

大森 玲子(オオモリ レイコ)

役 職 教授
学 位 博士(理学)
性 別 女性
生 年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス rohmori※cc.utsunomiya-u.ac.jp

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・地域デザイン科学部 コミュニティデザイン学科

学歴

お茶の水女子大学家政学部食物学科 卒業
お茶の水女子大学大学院家政学研究科食物学専攻 修了
お茶の水女子大学大学院人間文化研究科人間環境学専攻博士後期課程 修了

本学以外の主な職歴

防衛医科大学校助手

教育活動

専門分野

生活科学、食生活学

主な授業科目

基盤:新入生セミナー、生活習慣と健康など
学部:地域食育論、食文化論、食生活論、栄養学など
大学院:食物学特論

授業内容

生活習慣病を予防するためには現在の食生活を見直し改善していくことが大切です。生活習慣病と食事との関連、効果的な食教育実践などの研究成果を取り入れた食全般に関する授業を展開しています。

研究活動

専門分野

食生活学、食育

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「発達段階を踏まえた食教育の試み ―咀嚼と消化への理解を目指して―」(共著、宇都宮大学教育学部教育実践紀要、第1号、2015, pp.115-122)
「Antioxidant beverages: green tea intake and coronary artery disease」(共著、Clin Med Insights Cardiol, 8, 2014, pp.7-11)
「就学前児童の食事摂取状況と食育教材の開発」(共著、宇都宮大学教育学部教育実践総合センター紀要、第37号、2014, pp.271-278)
「食品表示に関する世代別意識調査」(単著、宇都宮大学教育学部紀要、第64号、2014, pp.193-199)

著書

中学校家庭科教科書(共著)2016、開隆堂
中学校家庭科教科書指導書(共著)2016、開隆堂
食物学概論(共著)2012、光生館
食事と健康の科学(共著)2006初版、建帛社

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2007~2008年)、若手研究(スタートアップ)・代表、テーマ:成育環境および発達段階を踏まえた食育プログラムの開発
科学研究費補助金(2009~2011年)、若手研究B・代表、テーマ:望ましい食生活の実践と定着に向けた食教育プログラムの開発
科学研究費補助金(2013~2015年)、基盤研究C・代表、テーマ:食生活に課題のある世帯を支援する食育実践プログラムの構築

受賞

日本栄養・食糧学会奨励賞(2006年)
日本臨床栄養学会若手研究奨励賞(2005年)

その他の研究実績

所属学会

日本栄養・食糧学会、日本臨床栄養学会、日本健康教育学会、日本家政学会など

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学外活動