基本情報

松本 太輝(マツモト タキ)

役 職 准教授
学 位 博士(工学)
性 別 男性
生 年 1970年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://www.chem.utsunomiya-u.ac.jp/lab/photo/

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・学内共同教育研究施設等 地域共生研究開発センター

学歴

1994年 信州大学繊維学部精密素材工学科 卒業
1996年 信州大学大学院工学系研究科博士前期課程精密素材工学専攻 修了
1999年 信州大学大学院工学系研究科博士後期課程材料工学専攻 修了

本学以外の主な職歴

旭硝子株式会社
独立行政法人日本学術振興会
信州大学助教

教育活動

専門分野

無機合成化学、触媒化学

主な授業科目

基盤:物質・材料の機器分析入門
学部:応用無機化学
大学院:光材料分析特論、実践機器分析特論

授業内容

機器分析に関する授業においては、各種の分析機器に関して原理、機能、特徴などを横断的に解説するとともに、機器分析に関する実践的な知識が身につくよう、分析実習なども取り入れています。

研究活動

専門分野

触媒化学に基づく独自の概念を導入し、液相での化学反応を高度に制御することによって、無機および無機/有機複合体をベースとする新規な光機能材料・環境機能材料の創成研究に取り組んでいます。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「Size Control of Titanium Oxide Sheets by Regulating Catalysis in a Catalytic Sol-Gel Process and Their UV Absorption Properties」(「Journal of Physical Chemistry B」第104巻9号、2000年、pp.1916-1920.)
「光触媒-基礎・材料開発・応用-」(共著、エヌ・ティー・エス、2005年、pp.183-191.)
「High Visible-Light Photocatalytic Activity of Nitrogen-Doped Titania Prepared from Layered Titania/Isostearate Nanocomposit」(「Catalysis Today」第52巻2号、2007年、pp.226-232.)
「紫外線防御化粧品用透明酸化チタンの合成」(「フレグランスジャーナル」第35巻3号、2007年、pp.39-44.)
「Fine Control of Nitrogen Content in N-doped Titania Photocatalysts Prepared from Layered Titania/Isostearate Nanocomposites for High Visible-Light Photocatalytic Activity」(「Topics in Catalysis」第52巻、2009年、pp.1584-1591.)

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

研究成果最適展開支援事業A-STEP(2010年)、FSステージ・代表、テーマ:高効率水素分離・製造のためのサブナノメートル細孔を有する多孔質セラミックス薄膜の開発
科学研究費補助金(2003年~2004年)、特別研究員奨励費・代表、テーマ:次元制御ゾル-ゲル法による層状無機有機複合体の創成と光機能性材料への展開
笹川科学研究助成金(2002年)、代表、テーマ:STMを用いた空間分解分光法による光触媒の活性点構造と局所電子状態の観察

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本セラミックス協会、触媒学会、日本化学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学外活動