基本情報

鎌田 美千子(カマダ ミチコ)

役 職 准教授
学 位 博士(学術)
性 別 女性
生 年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・学内共同教育研究施設等 留学生・国際交流センター

学歴

1991年 宮城教育大学教育学部小学校教員養成課程 卒業
1996年 東北大学大学院国際文化研究科国際文化交流論専攻博士課程前期 修了
2010年 東京工業大学大学院社会理工学研究科人間行動システム専攻博士後期課程 修了

本学以外の主な職歴

仙台市立八幡小学校教諭
東北大学教育補助員

教育活動

専門分野

言語学・日本語教育

主な授業科目

基盤:アカデミック・ジャパニーズ、日本語アカデミック・ライティング、言語習得論 他
学部:日本語教育方法論 他
大学院:言語教育論(博士前期課程)、言語教育研究(博士後期課程) 他

授業内容

留学生に対する学術日本語の授業を、言語教育・第二言語習得研究の知見をふまえて進めている。学部・大学院専門科目では、言語理解や言語産出、言語習得の観点から言語教育のあり方と課題に関する検討を行っている。

研究活動

専門分野

言語理解や言語産出、言語習得に関する理論的枠組みに基づき、言語教育に関する研究を行っている。学習者のパラフレーズ分析を中心に、研究成果を留学生への日本語教育や外国人児童生徒の学習支援に役立てている。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

『アカデミック・ライティングのためのパラフレーズ演習』(共著、スリエーネットワーク、2014)
『日本語学習支援の構築―言語教育・コーパス・システム開発―』(共著、凡人社、2012)
『栃木県における外国人児童生徒教育の明日を考える』(共著、宇都宮大学、2008)
「第二言語としての日本語によるパラフレーズの問題とその教育方法―アカデミック・ライティング教育の観点から―」(仁科喜久子監修、鎌田美千子・曹紅荃・歌代崇史・村岡貴子編『日本語教育支援の構築―言語教育・コーパス・システム開発―』凡人社、2012、pp.63-76)
「文章の難易度とパラフレーズとの関係―中国人・韓国人日本語学習者と日本語母語話者の比較―」(独立行政法人国立国語研究所『日本語教育論集』25号、2009、pp.19-33)
「解答形式の違いに見られるJSL児童生徒の言語運用―パラフレーズに着目して―」(宇都宮大学国際学部『宇都宮大学国際学部研究論集』27号、2009、pp.169-176)
「栃木県における外国人児童生徒の日本語教育環境―外国人児童生徒教育環境実態調査を通して―」(宇都宮大学外国文学研究会『外国文学』55号、2006、pp.53-81) 他

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2013~2015年度)、基盤研究C・代表、テーマ:JSL児童生徒への教科学習支援におけるパラフレーズの活用?文章理解を中心に?
科学研究費補助金(2010~2012年度)、基盤研究C・代表、テーマ:日本語学習者のライティング能力向上を目指したパラフレーズ教育方法に関する研究
科学研究費補助金(2007~2009年度)、基盤研究C・代表、テーマ:日本語学習者の文章産出におけるパラフレーズに関する研究
科学研究費補助金(2007~2011年度)、特定領域研究・連携研究者、テーマ:代表性を有する大規模日本語書き言葉コーパスの構築:21世紀の日本語研究の基盤整備(作文支援システム班)
科学研究費補助金(2007~2009年度)、基盤研究C・連携研究者、テーマ:第二言語としての日本語ライティング評価:Good writingのさらなる追求
宇都宮大学特定推進重点研究(2004~2009年度)、分担、テーマ:外国人の子供たちの教育・生活環境をめぐる問題 他

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本語教育学会、異文化間教育学会、専門日本語教育学会 他

組織・運営情報

全学・部局委員会等

基盤教育運営会議留学生日本語部会部会長
留学生専門委員会委員
日本語教育プログラム運営委員会委員
留学生・国際交流センター上級カリキュラムコーディネーター 他

学外活動

日本語教育学会学会誌委員会査読協力者(2011年~)
那須塩原市国際交流協会日本語指導者養成講座講師(2000年~)
教職員サマーセミナー「学校における外国人児童生徒教育の現状と課題」講師(2009年~)
栃木県小学校教育研究会夏季一斉研修日本語教育部会研修会講師(2005~2007年)
真岡市外国人児童生徒教育研究会講師(2004年、2011年)他