基本情報

小寺 祐二(コデラ ユウジ)

役 職 准教授
学 位 博士(農学)
性 別 男性
生 年 1970年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・学内共同教育研究施設等 雑草と里山の科学教育研究センター

学歴

1994年 東京農工大学農学部環境・資源学科 卒業
1996年 東京農工大学大学院農学研究科環境・資源学専攻修士課程 修了
2001年 東京農工大学大学院連合農学研究科資源・環境学専攻博士後期課程 修了

本学以外の主な職歴

株式会社 建設環境研究所
財団法人 自然環境研究センター
島根県中山間地域研究センター
長崎県農林部農政課

教育活動

専門分野

野生動物管理学、保全生物学

主な授業科目

基盤:野外における野生動物識別テクニックの基礎
学部:フィールド実習III、アグリバイオサイエンス実験II

授業内容

近年、社会的な問題となっているイノシシと人間との軋轢に対して、どの様に対応するべきか理解するための基礎となる授業を行っています。
授業では、先土器時代から現代までのイノシシと人間との関係史を解説し、我々人間が取り組むべき方向性を考えた上で、具体的な解決方法について紹介します。

研究活動

専門分野

自然生態系の保全や野生動物との軋轢解消を目指す野生動物管理学に取り組んでいます。また、野生動物の生態学的分野だけではなく、人の意識など人文社会学的分野も研究対象にしています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「栃木県,茨城県および福島県にまたがる八溝山地域に生息するイノシシの放射性セシウムによる汚染状況の評価」(日本哺乳類学会「哺乳類科学」第57巻,2017年,pp.9-18.)

「島根県石見地方におけるイノシシ(Sus scrofa)の食性」(日本哺乳類学会「哺乳類科学」第53巻,2013年,pp.279-287.)

「週齢査定によるイノシシ(Sus scrofa)の出生時期の推定」(日本哺乳類学会「哺乳類科学」第52巻,2012年,pp.185-191.)

「森林内での給餌はイノシシ(Sus scrofa)の活動にどの様な影響を及ぼすのか」(日本哺乳類学会「哺乳類科学」第50巻,2010年,pp.137-144.)

「イノシシ・イノブタ飼育とそれらの野生化の現状」(野生生物保護学会「野生生物保護」第6巻,2001年,pp.67-78.)

「島根県石見地方におけるニホンイノシシの食性および栄養状態の季節的変化」(野生生物保護学会「野生生物保護」第6巻,2001年,pp.109-117.)

「島根県石見地方におけるニホンイノシシの環境選択」(野生生物保護学会「野生生物保護」第6巻,2001年,pp.119-129.)

著書

「イノシシへの餌付けとその影響」(『野生動物の餌付け問題(小島望・高橋満彦編)』,地人書館,2016年,pp71-86.)

「原発事故で飛散した放射性セシウムによるイノシシ肉の汚染」(『生態学が語る東日本大震災(日本生態学会東北地区会編)』,文一総合出版,2016年,pp.156-161.)

「イノシシが広がる背景と対策そして原発事故後の課題」(『とちぎの野生動物(關義和ほか編)』,随想社,2016年,pp.217-227.)

「日本における大型獣の管理の現状と課題」(『野生動物の管理システム(梶光一・小池伸介編著)』,講談社,2016年,pp.84-101.)

「イノシシと日本人の関係史-自然領域と人間領域の適正な配分」(『社会的共通資本としての森(宇沢弘文・関良基編)』,東京大学出版会,2015年,pp.213-235.)

「食性の評価」(『野生動物管理のためのフィールド調査法(關義和・江成広斗・小寺祐二・辻大和編)』,京都大学出版会,2015年,pp.287-309.)

「イノシシを獲る ワナのかけ方から肉の販売まで」(農文協,2011年)

「人間社会とイノシシ -西日本における変化と獣害」(『日本列島の野生生物と人(池谷和信編)』,世界思想社,2010年,pp.217-234.)

「イノシシ科」(『野生生物保護の辞典(野生生物保護学会編)』,朝倉書店,2010年,pp.393-396.)

「Sus scrofa Linnaeus, 1758」(『The wild mammals of Japan(Eds. Ohdachi, S. D. et al.)』,Shoukadoh,2009年,pp.304-305.)

特許・実用新案・意匠

研究資金

環境研究総合推進費補助金(2016-2018年)
革新的技術開発・緊急展開事業(2016-2018年)

受賞

野生生物保護学会奨励賞(2006年)

その他の研究実績

所属学会

日本哺乳類学会、「野生生物と社会」学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学外活動

IUSN Wild Pigs Specialist Group
「野生生物と社会」学会理事
環境省 鳥獣保護管理プランナー