基本情報

矢嶋 徹(ヤジマ テツ)

役 職 教授
学 位 博士(理学)
性 別 男性
生 年 1962年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・工学研究科 情報システム科学専攻

学歴

1986年 東京大学理学部物理学科 卒業
1988年 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修士課程 修了
1990年 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻第1種博士課程 退学

本学以外の主な職歴

東京大学助手

教育活動

専門分野

数理物理・物性基礎

主な授業科目

基盤:微積分学及演習I・II
学部:常微分方程式及演習、複素関数論及演習、偏微分方程式
大学院:数理解析特論、非線形解析特論

授業内容

微積分や微分方程式は理工学の問題を解決するための重要な道具です。学部生に向けては、これらを物理などで使えることを目指します。大学院では研究分野の数理物理学を中心に先端的な内容を解説します。

研究活動

専門分野

非線形波動は重ね合わせが成り立たない波で、興味深い性質を持っています。非線形波動を応用して理工学の諸問題の解析を目指すとともに、離散系や確率論など他の分野の話題との融合も目指しています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

“Stochastic Process Associated with Traveling Wave Solutions of th3e Sine-Gordon Equation”, (共著,J. Phys. Soc. Jpn. vol 77, No.12 (2008), 124003 (6 pages))
“Additional Constants of Motion for a Discretization of the Calogero-Moser Model”, (共著,J. Phys. Soc. Jpn. vol 77, No.7 (2008), 074001 (3 pages))
“Max-Plus Algebra for Complex Variables and Its Applications to Discrete Fourier Transformation and Partial Difference Equation”, (共著,J. Phys. Soc. Jpn. vol 75, No.6 (2006), 064001 (7 pages))

著書

「微分方程式演習」(共著、岩波書店、1998年、p.250.)
「Key Point & Seminarシリーズ」(共著、サイエンス社、2004~2009年、全4巻.)

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2001年~2003年)、基盤研究C・代表、テーマ:2次元空間の非線形波動における局在解およびホモクリニック解とその応用

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本物理学会、日本応用数理学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

全学:広報連携委員会
工学部・工学研究科:教務委員会、広報連携委員会、入試委員会

学外活動

下野新聞社「はてな探検隊」編集委員(2005年)
宇都宮高等学校SSH「科学探求II」(2回、2007年)
九州大学応用力学研究所研究集会研究代表者(2回、2008~2009年)
JSIAM Letters編集委員(2012年~)
日本応用数理学会代表委員(2014年~)