基本情報

佐藤 美恵(サトウ ミエ)

役 職 教授
学 位 博士(工学)
性 別 女性
生 年 1972年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・学内共同教育研究施設等 オプティクス教育研究センター ・工学研究科 情報システム科学専攻

学歴

1995年 津田塾大学学芸学部数学科 卒業
1997年 津田塾大学大学院理学研究科数学専攻修士課程 修了
2001年 東京工業大学大学院情報理工学研究科計算工学専攻博士後期課程 修了

本学以外の主な職歴

特殊法人(現独立行政法人)日本学術振興会

教育活動

専門分野

情報学、感性情報学・ソフトコンピューティング

主な授業科目

学部:離散数学I・II、情報工学実験I
大学院:情報数理特論、先端情報数理特論

授業内容

向上心を持ち主体的に物事に取り組む姿勢を、教育や研究を通して学生に伝えたいです。
授業では、単に問題の解き方を教示するのではなく、問われていることの本質を学生自身に考えさせ、試行錯誤を促し、数学の面白さや工学の基礎を教えています。

研究活動

専門分野

主な研究活動としては、場所や機器を選ばず、誰もが映像の本質を楽しめる映像提示に関する研究や、マルチメディアデータを利用した、より親和性の高い柔軟なインタフェースの開発が挙げられます。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「視覚と映像コンテンツに関する感性情報処理とその実例」(「電子情報通信学会誌」第92巻11号、2009年、pp.940-942.)
「壁面への映像提示を目的とした輝度補正の検討」(「映像情報メディア学会誌」第63巻6号、2009年、pp.810-815.)
「RAW画像データを用いた輝度補正に関する一検討」(「映像情報メディア学会誌」第35巻5号、2006年、pp.528-537.)
「Comparison of Immersive Feeling Effects among Three Wide-Angle Image Projection Techniques」(「International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 2010」、2010年、pp.549-555.)
「Subjective Assessment of Luminance Compensation for Projected Images」(「ACM SIGGRAPH 2007 Full Conference DVD-ROM」Disc 1、2007年)

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2003年~2005年)、若手研究B・代表、テーマ:感性駆動型ヒューマン・マシン・インタフェースシステムの開発
科学研究費補助金(2007年~2009年)、若手研究B・代表、テーマ:感性特性に基づいた任意面映像提示の実現
戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)受託研究(総務省 2007年~2009年)、分担、テーマ:室内を全周囲映像空間に変える映像提示技術の研究開発
宇都宮大学オプティクス教育研究センター公募研究(2010年~2011年)、代表、テーマ:感性特性に基づいたプロジェクタ制御による動的可変面への映像提示の実現

受賞

2005日本感性工学会賞論文賞(2005年)
2008日本感性工学会賞論文賞(2008年)

その他の研究実績

所属学会

映像情報メディア学会(論文部門委員、メディア工学研究会専門委員)、日本感性工学会、芸術科学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学外活動

国土交通省「ナンバープレート表示の視認性確保等に関する検討会」委員(2008年~2009年)