基本情報

上村 佳嗣(カミムラ ヨシツグ)

役 職 教授
学 位 工学博士
性 別 男性
生 年 1957年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス gami※is.utsunomiya-u.ac.jp

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・工学研究科 情報システム科学専攻

学歴

1980年 名古屋大学工学部電気学科 卒業
1982年 名古屋大学大学院博士前期課程工学研究科電気工学専攻 修了
1985年 名古屋大学大学院博士後期課程工学研究科電気工学専攻 修了

本学以外の主な職歴

電波研究所
通信総合研究所

教育活動

専門分野

電磁環境、計測工学

主な授業科目

基盤:微積分学及演習I、微積分学及演習II
学部:常微分方程式及演習
大学院:信号処理特論、生物情報計測特論

授業内容

工学を学ぶ者に必須の微積分学を、歴史や応用を踏まえつつ基礎から教えている。
常微分方程式を工学的応用に結びつけながら教えている。

研究活動

専門分野

電磁界の人体への曝露評価と電磁環境計測を中心に研究を行っている。
電波防護指針や国際標準などへの寄与を念頭に研究テーマを設定している。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

[1] K. Sato, N. Miyata, Y. Kamimura and Y. Yamada, "A Freehand Scanning Method for Measuring EMF Distributions Using Magnetic Tracker", IEICE Trans. Commun., Vol. E93-B, No.7, pp.1865-1868 (2010-07).
[2] K. Sasaki, T. Sakai, T. Nagaoka, K. Wake, S. Watanabe, M. Kojima, N. Hasanova, H. Sasaki, K. Sasaki, Y. Suzuki, M. Taki, Y. Kamimura, A. Hirata, H. Shirai, “Dosimetry Using a Localized Exposure System in the Millimeter-Wave Band for in vivo Studies on Ocular Effects”, IEEE MTT-62, No.7, pp.1554-1564 (2014-07).
[3] M. Kojima, Y. Suzuki, C-Y Tsai, K. Sasaki, K. Wake, S. Watanabe, M. Taki, Y. Kamimura, A. Hirata, K. Sasaki, H. Sasaki, “Characteristics of ocular temperature elevations after exposure to quasi- and millimeter waves (18-40 GHz)”, Journal of Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves, Vol. 36, No. 4, pp.390-399 (2015-04).
[4] Y. Kamimura, A. Yamashita, M. Yamazaki, S. Enomoto, K. Wake, Y. Ugawa, “Improvement of Experimental System for Tracking the Threshold of Current Perception”, Bulgarian Journal of Public Health, Vol.7, No.2(1), pp.87-93 (2015).
[5] Y. Kamimura, Y. Sato, A. Yamashita, T. Nagaoka, K. Wake, “Electric Current Exposure Evaluation of Hand in Current Perception Threshold Measurement”, EMC Europe 2015, Dresden, August 16-22, 5774, pp.1416-1419 (2015-08).

著書

特許・実用新案・意匠

(1)「磁界分布測定装置」,特許登録4887496 (2011-12).
(2)「電磁界分布測定装置」,特許登録5652763 (2014-11).

研究資金

科学研究費補助金(平成23~25年度)、基盤研究(C)・代表、課題番号:23560319、赤外線トラッキングを用いた電磁界分布の可視化とその応用に関する研究、研究経費:4,680千円
総務省受託研究・生体電磁環境研究(平成25~26年度)、接触電流の作用の周波数依存性の定量的調査、研究分担者、研究代表者:宇川義一、研究経費:110,000千円、研究分担金:30,000千円

受賞

平成元年 電子情報通信学会第4回篠原記念学術奨励賞
平成7年 日本医用画像工学会1998年MIT誌論文賞
平成17年 SPIE 2005, Honorable Mention Poster Award
平成29年 電気学会 優秀技術活動賞技術報告賞

その他の研究実績

所属学会

電気学会(電磁環境技術委員会委員)、電子情報通信学会(査読委員)、日本ハイパーサーミア学会(QA委員会WGメンバー)

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学部:点検・評価委員

学外活動