基本情報

吉原 佐知雄(ヨシハラ サチオ)

役 職 准教授
学 位 工学博士
性 別 男性
生 年 1960年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://www.cc.utsunomiya-u.ac.jp/~sachioy

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・工学研究科 物質環境化学専攻

学歴

1983年 岡山大学工学部合成化学科 卒業
1985年 東京大学大学院工学系研究科化学エネルギー工学専攻博士前期課程 修了
1988年 東京大学大学院工学系研究科化学エネルギー工学専攻博士後期課程 修了

本学以外の主な職歴

東京大学教務補佐員
東京大学助手

教育活動

専門分野

4601 物理化学 4803 無機工業材料 5405 材料加工・処理 5402 無機材料・物性

主な授業科目

学部:電気化学・錯体化学
大学院:電気化学特論・先端電気化学特論・先端科学・技術特論

授業内容

電気化学の平易な解説を行うと共に、電気化学の新しい学問分野を紹介することにある。
本授業の内容は光触媒、水電解プロセス、腐食と防食の原理、代表的な電気めっき及び無電解めっきの原理とプロセス、等である。

研究活動

専門分野

電気化学の分野特に表面処理の部門において、光音響分光法・QCM・STMなどの新しい手法を固液界面のその場観測に積極的に適用し、今まで明らかでなかった現象を明らかにするなど多くの成果を得ることができた。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

(論文)Yanrong Zhang, Sachio Yoshihara, Novel Magnetic Finishing Abrasive with Nickel-Cobalt-Plated Active Carbon and Its Application to Ultraprecision Polishing, J. Electrochem. Soc., 153(4), C203-206 (2006)
(論文)Vembu Suryanarayanan, Sachio Yoshihara, Ikuko Nakazawa, Takashi Shirakashi, The Influence of electrolyte media on the deposition/dissolution of lead dioxide on boron-doped diamond electrode-A surface morphologic study, J. Electroanal. Chem., 592(2), 175-182 (2007.7.15)
(論文)S.Yoshihara, M.Murugananthan, Decomposition of Various Endocrine Disrupting chemicals at Boron Doped Diamond electrode, Electrochim. Acta, 54, 2031?2038 (2009)
学術論文上記含め141報
他技術論文―2報
他国際会議論文―72編
他総説・解説-18編

著書

1. (著書)A. Fujishima, S. Yoshihara, New Trends and Approaches in Electrochemical Technology, VCH(1993)
2. (著書)Vembu Suryanarayanan, Yanrong Zhang, Sachio Yoshihara, Diamond Electrochemistry, 17.Industrial Applications of Boron-doped Diamond: Detection of Sodium thiosulphate, Naproxen and Nickel ions and Electrocatalysis of Oxygen, Elsevier.(2005)ISBN4-939051-33-1(Japan)
著書上記含め18編

特許・実用新案・意匠

特許―15件

研究資金

1.2010・2011年度戦略的基盤技術高度化支援事業(経済産業省)、(株)バンテック
吉原佐知雄(宇都宮大学)、日本プレーテック、アモルファス合金めっきによる燃料電池供給用水電解装置の開発、74,677千円
2.科学研究費(2004・2005年)基盤研究B、代表、4,900 千円、「人工合成ダイヤモンドを用いたEQCMによるヒューマンセンシング技術」
3.2003~2005年度産学連携等研究費(受託研究)、 都市エリア産官学連携促進事業プロジェクト、分担(研究統括:進村武男)、分担金31,719千円、「微細金型の超精密磁気援用研磨技術の開発」
4.2001~2005年度受託研究費(NEDO)、分担、日立化成工業(株)、分担金21,871千円、「耐イオンマイグレーション性向上に関する研究」
5.1996年度~2000年度日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業研究プロジェクト次世代人工物質・材料の探査的研究、分担(研究統括:藤嶋 昭)、分担金17,000千円、「ダイヤモンドの電気化学に関する研究」

受賞

第33回電気化学協会進歩賞・佐野賞(1994年)
Asian Finish Best Author Award(1998年)
日本印刷学会論文賞(1999年)
MES(マイクロエレクトロニクスシンポジウム)2002ベストペーパー賞(2003年)
エレクトロニクス実装学会2014アカデミックプラザ賞

その他の研究実績

所属学会

表面技術協会 役職名 アカデミック実行委員会委員長・表協エレクトロニクス部会主査など
電気化学会
エレクトロニクス実装学会 役職名 配線板製造技術委員会委員

組織・運営情報

全学・部局委員会等

研究推進委員会委員
予算委員会委員
教育改革推進会議委員
大学院教育ワーキンググループ

学外活動

1.大韓民国成均館大学客員教授(2013年9月~)
2.第8回首都圏北部4大学(4u)新技術説明会―2、3年先の環境ビジネス創出に向けて、指導人数 60、教育活動名 展示会にて講演、教育活動概要 導電性ダイヤモンド電極を用いた環境浄化技術―環境ホルモンの分解・工場廃液の分析など、 さいたまスーパーアリーナ、埼玉県さいたま市(2010年1月)
3.特別講義、Sri Vencateswara College of Engineering, Tamilnadu州, India
Recent trends in photocatalysts 2008年1月21日(水)PM1:00-3:00