基本情報

佐藤 正秀(サトウ マサヒデ)

役 職 准教授
学 位 博士(工学)
性 別 男性
生 年 1965年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://www.chem.utsunomiya-u.ac.jp/^masa

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・工学研究科 物質環境化学専攻

学歴

1989年 東北大学工学部化学工学科 卒業
1991年 東北大学大学院工学研究科化学工学専攻博士前期課程 修了
1994年 東北大学大学院工学研究科化学工学専攻博士後期課程 修了

本学以外の主な職歴

東北大学助手

教育活動

専門分野

化学工学、熱・物質移動、微粒子工学

主な授業科目

学部:化学工学計算法、化学工学演習、応用化学実験III、
大学院:界面輸送現象特論、機能性流体プロセッシング特論

授業内容

化学工学の基礎的な計算やPCを使った数値計算の基礎の習得を目指す。粉体工学・ぬれと表面張力の係る移動現象を説明し、ナノ・マイクロエンジニアリング領域での挙動解明の基礎知識である異相界面における熱・物質移動現象についての理解を深める。

研究活動

専門分野

化学反応などを利用して、特異な表面張力特性をもつ10-9メートル(ナノメートル)の大きさの粒子(ナノ粒子)の分散液(ナノ流体)や,高撥水、高親水性表面を作る方法について研究しています。さらにこれらを使って,
・ハイブリッド自動車、パソコン、ゲーム機など高発熱部分をもつ電子機器の冷却に対応出来る高効率伝熱素子の開発
・液体の流れを使って作動する小さな機械部品(流体MEMS)の開発
等が実現出来ることを目標に研究をすすめています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

M. Sato, Y. Abe, Y. Urita, R. D. Paola, A. Cecere, R. Savino,
Thermal Performance of Self-rewetting Fluid Heat Pipe Containing Dilute solutions of Silver Nanoparticles Synthesized by Microwave-Polyol Process,
Int. J. Trans. Phenom., in press (2011)
Y. Abe, Y. Urita, M. Sato, K. Iimura, T. Hayashi, M. Yokura,
Heat Pipes with Self-rewetting Fluids and Nano Self-rewetting Fluids,
Proc. 15th International Heat Pipe Conference (15th IHPC), 9 pages (CD-ROM) Clemson Univ., USA, (2010. 4.25-30).
Y. Abe, M. Fukagaya, H. Ohta, Y. Shinmoto, M. Sato, K. Iimura,
Development of Advanced Cooling Network Systems for Data Centers,
Proc.14th International Heat Transfer Conference (IHTC), IHTC14-22045-1-6 (6 pages), Omni Shoreham Hotel, Washington D. C., USA, (2010.8.8-13).
M. Sato, T. Nikaido, A. Oki, T. Furusawa, N. Suzuki,
Preparation of silver nanoparticles dispersions by microwave-assisted polyol synthesis and their application in inkjet electric circuit printing,
The 13th Asia Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress, Taipei, Taiwan, October 5th-8th, USB memory (2010).
M. Sato, W. Matsuyama, M. Takahashi, S. Mashiyama, Y. Kobayashi, K. Iimura, T. Furusawa, N. Suzuki and Y. Abe,
“ Suspensions of Metallic Nanoparticles (Nanofluids) with Positive Surface Tension Temperature Dependency for New Heat Pipe Working Fluids,”
8th International Heat Pipe Symposium (8IHPS), A4-2, Kumamoto, Japan, Sept. 24-27(2006)

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

受託研究・NEDO研究開発機構・代表・グリーンITプロジェクト/冷却ネットワークとナノ流体伝熱による 集中管理型先進冷却システムの開発(H20~)
科学研究費(2008~2010)、基盤研究C・代表、テーマ:特異な表面張力特性を有するナノ流体を用いたインクジェット塗布に関する研究

受賞

Y. Abe, K. Tanaka, M. Mochizuki, M. Sato, N. di Francescantonio and R. Savino
“ Heat Pipes with Self-rewetting Fluids,”
8th International Heat Pipe Symposium (8IHPS), A2-3, Kumamoto, Japan, Sept. 24-27(2006) (EXCELLENT PAPER AWARD)
増山紗織,佐藤正秀,飯村兼一,高橋美咲,古澤毅,鈴木昇
“表面張力異常を呈するナノ流体”
第58回コロイド及び界面化学討論会 ポスター賞,2005年9月9日(宇都宮)
M. Sato, T. Nikaido, A. Ouki, T. Furusawa and N. Suzuki
"Preparation of Silver Nanoparticles Dispersions by Microwave‐assisted Polyol Synthesis and Their Application in Inkjet Electric Circuit Printing"
13th Asia Pacific Confederation of Chemical Engineers Congress (APCChE 2010), Nano-materials and nano technologies session Best Poster Paper Award

その他の研究実績

所属学会

化学工学会(関東支部幹事)、日本化学会、日本機械学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学部:予算委員会委員、ネットワーク専門委員会委員

学外活動