基本情報

加藤 紀弘(カトウ ノリヒロ)

役 職 教授
学 位 博士(工学)
性 別 男性
生 年 1965年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://www.chem.utsunomiya-u.ac.jp/lab/softmaterial/

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・工学研究科 物質環境化学専攻

学歴

1988年 東京工業大学工学部化学工学科 卒業
1990年 東京工業大学大学院理工学研究科化学工学専攻修士課程 修了

本学以外の主な職歴

味の素(株)

教育活動

専門分野

生物機能・バイオプロセス

主な授業科目

学部:物理化学基礎、生物工学、応用化学基礎
大学院:生体分子機能工学特論、生体機能物質特論

授業内容

学部では主に化学熱力学、生化学基礎、バイオプロセスを、大学院では、研究分野である機能性材料と生体分子の融合材料を設計する素養を醸成するため、バイオマテリアルの工学的な応用技術を講義しています。

研究活動

専門分野

機能性高分子、超分子を利用した新規機能性ヒドロゲル材料を設計、合成し生物機能制御へ応用を図ります。抗生物質を必要としない細菌感染症予防材料の開発テーマは、世界に例の無い材料設計です。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「Reflexive Polymers and Hydrogels」(共著、CRC Press USA、 2004年、pp. 189-215)

著書

「シクロデキストリンの科学と技術」(共著、シーエムシー出版、2013年 pp. 98-105)
「医療用ゲルの最新技術と開発」(共著、シーエムシー出版、2008年 pp. 226-237)
「バイオフィルムの基礎と応用」(共著、エヌ・ティー・エス出版、2007年、pp. 38-45)

特許・実用新案・意匠

研究資金

CREST(2010年~2015年)、分担、テーマ:細菌の情報伝達機構の水処理微生物制御への応用
科学研究費補助金(2012年~2014年)、基盤研究C・代表、テーマ:バイオフィルム形成技術の開発
科学研究費補助金(2007年~2008年)、基盤研究C・代表、テーマ:感染症予防材料の開発
科学研究費補助金(2004年~2005年)、基盤研究C・代表、テーマ:バイオフィルム予防の研究
科学研究費補助金(2002年~2003年)、基盤研究B・分担、テーマ:活性汚泥法に関する研究
財団法人発酵研究所研究助成(2009-2011年)、分担

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本化学会、高分子学会、シクロデキストリン学会、日本MRS

組織・運営情報

全学・部局委員会等

全学:点検・評価委員会委員(2010-2011)
学部・研究科:学術国際委員会委員(2010-2011)

学外活動

科学技術振興機構サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(SPP) 國學院栃木高等学校(2010)
イノベーションジャパン?大学見本市参加