基本情報

伊藤 直次(イトウ ナオツグ)

役 職 教授
学 位 工学博士
性 別
生 年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://www.chem.utsunomiya-u.ac.jp/lab/makuitoh/home.htm

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・工学研究科 物質環境化学専攻

学歴

本学以外の主な職歴

教育活動

専門分野

化学工学、化学反応プロセス、分離工学

主な授業科目

基盤:水素とエネルギーの考学
学部:拡散分離工学(3年)、化学プロセス工学(3年)、反応工学(2年)
大学院:膜反応工学特論(大学院D)、分離工学特論(大学院M)

授業内容

化学技術分野での専門職の育成をめざし、学生の資質や能力に合わせた教材(テキスト)の作成を行い、基礎学力の充実に努めている。

研究活動

専門分野

化学工学、反応工学、膜分離

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

・ N.Itoh, T. Akiha, T. Sato, Preparation of Thin Palladium Composite Membrane Tube by a CVD Technique and its Hydrogen Permselectivity, Cat. Today, 104, pp.231-237 (2005)
・ 伊藤直次、山本 輔、佐藤剛史、W. Yu、大森隆夫,ルテニウム担持触媒を用いたメタン低温水蒸気改質反応の速度解析,J. Jpn. Inst. Energy,85, pp.307-313 (2006)
・ T. Sato, H. Yokoyama, H. Miki, N. Itoh: Selective dehydrogenation of unsaturated alcohols and hydrogen separation with a palladium membrane reactor, J. Membrane Sci., 289, pp.97-105 (2007)
・ 伊藤直次、秋葉智充、佐藤剛史、MOCVD法によるパラジウム複合膜形成過程の解析、化学工学論文集、33pp.211-217 (2007)
・ N.Itoh, S. Watanabe, K. Kawsoe, T. Sato, T. Tsuji, A membrane reactor for hydrogen storage and transport system using cyclohexane-methylcyclohexane mixtures, Desalination, 234, pp.261-269 (2008)
・ Y. Yoshino, T. Suzuki, H. Taguchi, M. Nomura, S. Nakao, N. Itoh, Development of an all-ceramic module with silica membrane tubes for high temperature hydrogen separation, Sep. Sci. Tech., 43, pp.3432-3447 (2008)
・ ""A catalytic ZSM-5 membrane sandwiched with silicalite-1 layers for highly selective toluene disproportionation"", T. Sato, A. Kumagami, N. Itoh, Separation and Purification Technology, 73, 32-37 (2010)
・ ""Steam reforming of biogas mixtures with a palladium membrane reactor system"", T. Sato, T. Suzuki, M. Aketa, Y. Ishiyama, K. Mimura, N. Itoh, Chem. Eng. Sci. 65, 451-457 (2010)
・ ""CFD analysis and design of multi-tubular membrane reactor for dehydrogenation of cyclohexane"", K. Mimura, N. Yoshida, T. Sato, N. Itoh, J. Jpn. Petrol. Inst., 53, 283-291 (2010)
・ ""CFD analysis of a single palladium membrane tube reactor for the dehydrogenation of cyclohexane as achemical hydrogen carrier"", K. mimura, D. Oka, T. Sato, N. Itoh, J. Jpn. Petrol. Inst., 53, 283-291 (2010)
・ ""Regenaration of anti-oxidant in lubrication oil on bifunctional palladium membrane electrode"", N. Itoh, M. Aketa, T. Sato, H. Kamimura, F. Takagi, J. Jpn. Petrol. Inst., 55, 215-218 (2010)
・"" Kinetic enhancement of ammonia decomposition as a chemicalhydrogen carrier in palladium membrane reactor"", N. Itoh, A. Oshima, E.a Suga, T. Sato, Catalysis Today 236, 70-76 (2014)
・ ""Continuous dehydration of IPA?water mixture by vapor permeationusing Y type zeolite membrane in a recycling system"", N. Itoh, J. Ishida, Y. Kikuchi, T. Sato, Y. Hasegawa, Separation and Purification Technology, 147, 346-352 (2015)

著書

1)「水素利用技術集成」(8章 液体化学系水素貯蔵媒体からの高純度水素回収)、エヌティエス(2003)-共著-
2)日本エネルギー学会編 「エネルギー便覧」 (プロセス編 17.5.3 ケミカルハイドライド)、 コロナ社 (2005) -共著-
3)「有機貯蔵材料とナノ技術」 (第3章 4.炭化水素系水素貯蔵材料からの水素回収と水素分離精製技術)、 シーエムシー出版 (2007) -共著-
4)「水素製造・貯蔵輸送と反応分離膜」、日刊工業新聞社 (2008) -単著-
5) A. Basile, F. Gallucci編、「Simulation of Membrane Reactors (Chapter 3. Palladium Membrane Reactors)」, Nova Science Publishers (2009) -共著-
6)化学工学会編「改訂七版 化学工学便覧」 (15章 反応操作7.特殊な機能の反応装置設計「メンブレンリアクター」)、丸善 (2011) -共著-
7)A. Basile 編、“Handbook of membrane reactors”, (Chapter 13: Computational fluid dynamics (CFD) analysis of membrane reactors: simulation of single and multi-tube palladium membrane reactors for hydrogen recovery from cyclohexane) ,Woodhead Publishing,UK (2013) -共著-
8)日本化学会編「化学便覧 応用化学編 第7版」(II 基盤的化学技術 4章 化学品生産技術  4.3.6 物質・熱移動の詳細制御) 丸善 (2014) -共著-
9)化学工学会編「最近の化学工学63 ここまできた膜分離プロセス?基礎から応用」(15章 膜反応器による気相反応の促進と選択性向上) 三恵社 (2014) -共著-
10)「水素利用技術集成 Vol.4」(第1編第2章第2節 有機系水素キャリア) エヌ・ティ・エス   (2014) -共著-
11) A. Basile ed., ""Membrane reactors for energy applications and basic chemical production"", (16. Membrane reactors for the dehydrogenation of alkanes to alkenes"" (2015)-共著-

特許・実用新案・意匠

研究資金

科研費 クロスフロー型触媒膜反応器によるフェノール直接合成
科研費 高圧水素透過膜と超臨界ガス化反応のシステム化
委託研究 NEDO「膜モジュール型反応器の開発」
共同研究 有機ハイドライド用水素回収リアクタの開発
委託研究 環境省「バイオガスからの水素製造・回収システム」
委託研究 NEDO「ゼオライト膜を利用した脱水プロセス」
科研費 ポアスルー型反応器
委託研究 JST-ALCA 「エネルギーキャリア」

受賞

平成20年度 化学工学会研究賞(玉置明善記念賞)、テーマ:気相充填層型メンブレンリアクターの設計と解析に関する研究

その他の研究実績

平成20年度 化学工学会研究賞(玉置明善記念賞)
 「気相充填層型メンブレンリアクターの設計と解析に関する研究」
平成23年度石油学会論文賞
 「シクロヘキサン脱水素用多管式メンブレンリアクターのCFD解析と設計」

所属学会

化学工学会、石油学会、触媒学会、表面技術協会、膜学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学長特別補佐-化学物質管理-(2012~)
工学部情報委員会委員長(2013)
地域共生研究開発センター・副センター長兼大学VB部門長 (2009~2012)
工学部生生活支援委員会委員長 (2005)

学外活動

NEDO技術委員
東京理科大学工学部工業化学科非常勤講師
産業技術総合研究所客員研究員
宇都宮市環境審議会委員