基本情報

江川 千佳司(エガワ チカシ)

役 職 教授
学 位 理学博士
性 別 男性
生 年 1955年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://ks001.kj.utsunomiya-u.ac.jp/~surface/indexj.html

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・工学研究科 物質環境化学専攻

学歴

1978年 東京大学教養学部理科一類・理学部化学科 卒業
1980年 東京大学大学院理学系研究科化学専門課程修士課程 修了
1982年 東京大学大学院理学系研究科化学専門課程博士課程 退学

本学以外の主な職歴

東京大学助手

教育活動

専門分野

基礎化学・物理化学

主な授業科目

基盤:不思議な化学
学部:物理化学I、物理化学IV
大学院:量子物性材料特論、表面量子物性特論

授業内容

化学反応と量子化学に関する能力を育成するため、触媒および表面反応に関する研究をベースにして授業を行っています。その際には、捉えにくい概念を身につけるために演習を通して理解を図るようにしています。

研究活動

専門分野

触媒および表面反応研究について実用粉体触媒のみならず、単結晶を用いたモデル表面創成等による反応活性サイトを明らかにする手法を用い、両方の検討から高活性で高選択性を有する触媒開発を試みています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「Partial oxidation reaction of methanol on Cu/MnO thin films grown on Ni(100) surface」(e-Journal of Surface Science and Nanotechnology, 7巻、2009年、pp.898-903.)
「STM study of DL-alanine array structure on Cu(001)」(Surface Science, 532-535巻、2003年、pp.233-236.)

著書

「メタン高度化学変換技術集成」(共著、シーエムシー出版、2008年、pp.376-385.)
「表面の科学」(共著、学会出版センター、1985年)

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2008年~2010年)、基盤研究C・代表、テーマ:固体表面におけるキラル分子識別機能の研究
科学研究費補助金(2002年~2005年)、基盤研究B・代表、テーマ:バイオ分子の配列制御による新機能物質の開拓
シーズ発掘試験受託研究(科学技術振興機構 2009年)
共同研究(パナソニックエコシステムズ会社 2010年)

受賞

日本化学会進歩賞(1989年)

その他の研究実績

所属学会

日本化学会、触媒学会、日本表面科学会(評議員)

組織・運営情報

全学・部局委員会等

応用化学科学科長

学外活動

宇都宮女子高校SSH研究指導(10回、2010年)、宇都宮高校SSH継続事業ケミ1(2008年~2010年)