基本情報

清水 隆志(シミズ タカシ)

役 職 准教授
学 位 博士(学術)
性 別 男性
生 年 1977年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://mmw.ee.utsunomiya-u.ac.jp/~shimizu/

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・工学研究科 電気電子システム工学専攻

学歴

1999年 埼玉大学工学部電気電子システム工学科 卒業
2001年 埼玉大学大学院理工学研究科電気電子システム工学専攻博士前期課程 修了
2004年 埼玉大学大学院理工学研究科情報数理科学専攻博士後期課程 修了

本学以外の主な職歴

東北工業大学ハイテクリサーチセンター 研究員
埼玉大学大学院理工学研究科 非常勤研究員
東京工業大学大学院理工学研究科 産学官連携研究員

教育活動

専門分野

マイクロ波・ミリ波工学

主な授業科目

学部:電気回路及演習I(演習)、電気回路及演習III(演習)、電気電子工学実験II(B)(実験)
大学院:電気電子システム工学特別研修 (授業補助)、ユビキタス通信工学特論 (授業補助)

授業内容

電気技術者となる能力を育成するため、電気回路の基礎となる交流回路に関する演習を行っています。また、授業進度や学生能力に沿った自作問題を使用し、毎回採点・返却をすることで、復習の機会を設けています。

研究活動

専門分野

デバイス基板となる誘電体材料の評価手法の研究開発をベースとし、その手法を用いたミリ波・光波帯における各種低損失デバイスの高精度設計手法およびその具現化を目指して研究に取り組んでいます。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

清水隆志、小又大祐、古神義則、“遮断円筒導波管法による石英ガラスの複素誘電率の周波数依存性および温度依存性評価”,電子情報通信学会論文誌C, vol. J96-C, no. 12, pp. 533-540, Dec. 2013.
H. Nakano, T. Shimizu, T. Ohno, Y. Hirachi, N. Kawaguchi, “Cryogenic 36-45 GHz InP Low-Noise Amplifier MMIC’s with Improved Noise Temperature by Eliminating Parasitic Parallel Plate Modes,”Publ. Astron. Soc. Japan 64, 71 [7 pages], Aug. 2012.
T. Shimizu, Y. Kogami, “NRD guide excited millimeter wave narrow bandpass filter using sapphire disk resonators,” IEICE Transaction on Electronics, vol.E95-C, no. 7, pp.1226-1230, Jul. 2012.
T. Shimizu, S. Akasaka, Y. Kawahara, Y. Kogami, “Development of a 100GHz Grooved Circular Empty Cavity for Complex Permittivity Measurements in W band,” IEICE Transaction on Electronics, vol.E94-C, no. 10, pp.1650-1656, Oct. 2011.
清水隆志, 中野 洋, 平地康剛, 古神義則, “二次実装基板の有無を考慮したミリ波表面実装型LTCCパッケージ,”電子情報通信学会論文誌C, vol.J93-C, No.12, pp.630-637, Dec. 2010.
清水隆志, 中野 洋, 平地康剛, 古神義則, “ミリ波CPW構造MMICの不要モードの影響に関する検討,”電子情報通信学会和文論文誌, vol.J92-C, no. 12, pp.789-796, Dec. 2009.

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2013年~2015年)、 若手研究B・代表、テーマ:極低損失ミリ波帯狭帯域超伝導フィルタの研究開発
科学技術支援機構 (2011年~2012年)、平成23年度第2回「研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 探索タイプ・代表、テーマ:低誘電率・薄型回路基板のミリ波複素比誘電率評価装置の開発
科学研究費補助金(2009年~2010年) 、若手研究B・代表、テーマ:超低損失ミリ波帯フィルタ実現のための構成要素技術の研究開発
科学技術支援機構(2009年度) 平成21年度シーズ発掘試験A(発掘型)・代表、テーマ:超高周波回路用低損失誘電体材料のW帯特性評価システムの開発
電波資源拡大のための研究開発(2007年度) 分担、テーマ:ミリ波帯ブロードバンド通信用超高速ベースバンド・高周波混載集積回路技術の研究開発
その他・民間企業との共同研究  多数

受賞

2011 China-Japan Joint Microwave Conference CJMW2011 Microwave Prize(2011年)
2006 Asia-Pacific Microwave Conference APMC2006 Prize(2006年)
電子情報通信学会 学術奨励賞(2005年)
電子情報通信学会マイクロ波研究会 第1回学生研究発表会優秀賞(2003年)

その他の研究実績

所属学会

電子情報通信学会 正会員、IEEE 正会員、電気学会 正員、エレクトロニクス実装学会 正会員

組織・運営情報

全学・部局委員会等

陽東地区安全衛生委員会 委員(2013年~)
陽東地区安全衛生管理者(2013年~)
職場代表委員(2014年~)

学外活動

電子情報通信学会東京支部学生会 顧問 (2013年~)
電子情報通信学会マイクロ波研究会 幹事補佐 (2012年~2014年)
電気学会 電磁波応用の新展開を加速する革新技術調査専門委員会 幹事(2014年~2017年)
電気学会 革新的電磁波利用とその応用展開 調査専門委員会 幹事補佐 (2012年~2014年)
電子情報通信学会ELEX論文誌 編集委員 (2012年~)
電子情報通信学会ソサイエティ論文誌編集委員会 常任査読委員 (2012年~)
国際会議APMC2014(Asia Pacific Microwave Conference) 登録副委員長
国際会議TJMW2013(Thailand-Japan Microwave) 出版副委員長
国際会議TJMW2013(Thailand-Japan Microwave) TPC Secretariats
国際会議CJMW2013(China-Japan Joint Microwave Conference) Secretariats
国際会議CJMW2011(China-Japan Joint Microwave Conference) Secretariats