基本情報

古神 義則(コガミ ヨシノリ)

役 職 教授
学 位 博士(学術)
性 別 男性
生 年 1964年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://mmw.ee.utsunomiya-u.ac.jp/

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・学内共同教育研究施設等 オプティクス教育研究センター ・工学研究科 電気電子システム工学専攻

学歴

1988年 埼玉大学工学部電気工学科 卒業
1990年 埼玉大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程 修了
1993年 埼玉大学大学院理工学研究科生産情報科学専攻博士後期課程 修了

本学以外の主な職歴

教育活動

専門分野

電気電子工学・電気電子材料工学、電子デバイス・電子機器

主な授業科目

基盤:ワイヤレス通信のしくみ
学部:電磁波工学、超高周波計測、基礎電子回路、電子回路、電波法規、工学倫理
大学院:ユビキタス通信工学特論、光電波工学特論、電磁波工学特論

授業内容

電磁波工学では、電波・光の伝搬特性の基礎を,超高周波計測では高周波回路の計測技術を、基礎電子回路では基礎的な能動素子回路を解説しています。いずれも応用例を具体的にイメージさせながら、基礎原理を修得させることを方針としています。それら発展的内容を大学院の担当授業のなかで講義します。

研究活動

専門分野

高周波回路の高性能化の検討を、厳密電磁界解析手法、回路構成材料の電気的特性評価技術を基軸に行っています。被測定材のみで共振器を構成するミリ波帯誘電率計測法や、電波の空間干渉を利用した電波吸収材評価用複素振幅測定装置の開発等の研究成果があります。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

マイクロ波伝送・回路デバイスの基礎、オーム社、Feb. 2013
ミリ波技術の基礎、電気学会、July 2009
マイクロ波誘電体フィルタ、電子情報通信学会編、March. 2007
ウイスパリングギャラリモード共振器による100GHz帯複素誘電率測定、電子情報通信学会論文誌分冊C、 vol. J84-C, no.8, pp. 703-706, Aug. 2001
電波吸収材体の複素反射係数の一推定法、電子情報通信学会論文誌C, vol. J90-C, no.3, pp. 238-242, Mar. 2007.

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2005年~2006年)基盤研究C・代表、テーマ:ミリ波回路用基板材料の評価法に関する研究
科学研究費補助金(2008年~2010年)基盤研究C・代表、テーマ:WGモード誘電体共振器を用いたミリ波デュプレクサの開発
科学研究費補助金(2014年~2016年)基盤研究C・代表、テーマ:誘電体薄膜材料のミリ波複素誘電率評価法に関する研究
「光変調デバイスの高速化研究」共同研究(精工技研、2009年~2012年)
「高温物体の輻射光抑制に関する研究」共同研究(村田製作所、2008年~2009年)など

受賞

China-Japan Joint Meeting on Microwaves (CJMW’2000) Best Paper Award(2000)
China-Japan Joint Meeting on Microwaves Best Paper Award(2004)
International Symposium on Antennas and Propagation Paper Award(2005)

その他の研究実績

所属学会

電子情報通信学会(エレクトロニクスソサイエティ総務幹事、MWE2016実行委員長、APMC国内委員会委員、マイクロ波研究専門委員会委員)
電気学会(電子デバイス技術委員会幹事、電磁波応用の新展開を加速する革新技術調査専門委員会委員長、高信頼・高セキュア無線通信ネットワーク技術調査専門委員会委員)
IEEE(米国電気電子技術者協会)

組織・運営情報

全学・部局委員会等

工学研究科長補佐

学外活動

IEC/TC46国内委員会委員
IEC/TC46/SC46F国内委員会委員
電波科学研究連絡委員会(URSI-B)委員